2008年07月12日

紛らわしい発音の単語を動画で整理

Hi there,
みなさん、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

大昔、私は器械体操部に所属してまして、
飛んだり跳ねたり平均台から落ちまくったりしていましたが
(大会がありまして、審査員全員に悲鳴をあげさせたこともあり)
いででで←思い出してうずくまる人


体育会系の汗がはじける体育館の中を、
コーラス部の人が走ったり、
腹筋したりするのを見て不思議に思ったものであります。
…が、基礎体力というか、
筋肉っていうのは必要なものですね。

ってなことは取り合えずさいておいて、
昨日のMissyさんですが、
英語を第二言語にする人に教えるサイトをお持ちでありましたので
訪ねてみました♪

↓別画面で開きます。
CapD20080710.jpg
世界中で英語を学んでいる人が掲示板に書き込んだりしていますので
ぜひ、遊びに行ってみてくださいまし♪

そのサイトの中から、
今日はコチラをお借りしてきました。

似ていて紛らわしい発音を、
きちんと整理できるよう動画を作ってくださったようです。
ありがとう、Missyさん!

では、まず動画をどうぞ!

さて、カタカナ英語では、
stuff(モノ) も staff(職員) も
両方「スタッフ」となりますから混乱しがちな言葉ですが、
Missyさんが母音の発音も丁寧にやってくださるので
ここで、整理してしまいましょう。

鏡を見ながらやってみますと、

A)モノの stuff
モノを表す stuff にある母音は、
腹話術の顔でア、という曖昧な音なので
口の中は見えません。
最後のFの発音は息だけ、下唇を噛むのではなく、
唇のやや内側に上の歯を当てながら息をFッとやるのが
一番、通じる音が出しやすいかと思います。

B)人間の staff
職員とか一員としての staff は、
エの口をしてアを言おうとするゴムタイな音なので
口角をキッと引いて口をあけて、
リラックスした舌がノペっと見える感じ…です。

これで、今一度、Missyさんの動画を見てご一緒に
曖昧母音とゴムタイ母音を練習していただければ、きっとバッチリでございます。

これをやりはじめと、しゃべる時にスペルが気になって、
うーんどっち!?ムッキーッとなるんですが、
これは、しばらくは、いたしかたアルマジロな道でございます。

とはいえ、多少の発音間違いは文脈で読み取ってもらえますから
恐れることはないんですが、
より良くしていこうという努力とは崇高なものでありますね!

hair は問題ないと思いますが、
her の er は、以前の
R-controlledの記事で練習したとおりでございます。
腹話術の顔で出す曖昧母音から、ジャイアント馬場のRポのRに移る音ですね。←ナニ言ってんだ
なんかこう、口の両脇に力が入る音です。

・cut の母音は
stuff と同じ、腹話術の曖昧母音です。

・caught の母音は、
口をタテに大きくあけて、かつ、アを言おうとする…
という、これまたそんなゴムタイな!系の母音です。

口をタテにあけているので、口の形は
ちっとも「ア」じゃないんですが、
それを保ったままノドの奥から、
「ア」と言おうとする感じ、でしょうか。
(↑特にアメリカ英語)

慣れてくると陥りがちな罠、
最後にRの音が入らないようにするには
舌は下にひっつけるのが、コツであります。
(port のORの音になっちゃいますので)


発音練習はジレったいので、
こんなことやっている間に一つでも多くの単語を覚えねば!
となり勝ちですが、
実際にコミュニケーションのツールとして英語を使うときには、

知っている単語を、通じる英語にしてくれる…という
立派な筋肉(?)でありますゆえ
ぜひ、筋トレしてみてくださいまし!

今日も最後までお付き合いくださってありがとうございました♪
オンラインで楽しく英会話・オンタノで、楽しく英語とお付き合いいただければウデチーです♪

お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑みなみなさま、ありがとうございまぁあああぁああぁ、あぁあぁっす!一位連続大感謝でありまーっす☆
posted by うろこ on 2008/07/12 | Comment(8) | TrackBack(0) | 無料英会話・発音の解説と練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう動画を見てみると、改めてカタカナじゃ通じないなあと実感しますね。
応援して、帰りまーす。ポチ。
Posted by けん at 2008年07月12日 18:40
Missyさんは第2外国語として英語を勉強している人たちの苦手な部分をよく抑えていますね!
staffとstuff、私もこれに苦労しました(^^;
またお勉強させていただきました。ありがとうございます♪
Posted by harihari at 2008年07月13日 15:18
けんさーん♪ありがとうございまっす☆文脈で通じさせてしまうツワモノもおられますが、カタカナで慣れていると、曖昧母音なんか特に、音の違いを聞き取るのが難しい…ということがありますもんね。
Posted by うろこ at 2008年07月13日 17:03
harihari さーん♪ありがとうございまっす☆私もスタッフでは苦労しましたよー(最初はなにしろ、違いが聞き取れなかったという最低レベル)
オンラインで英会話を教えている先生は多いですけど、Missyさんの'Welco-me!'って、本当に歓迎してくれている声ですよね。
Posted by うろこ at 2008年07月13日 17:05
今日も学ばせていただきました。
動画を見てすぐはそうかーと思うのですが、繰り返さないからすぐ忘れちゃいます 汗
何度も発音練習して自分の体に覚えこませないといけないですね、、(反省)
Posted by applestyle at 2008年07月14日 15:36
applestyle さーん♪ありがとうございます☆
繰り返す練習をする時間を取るのって、なかなか大変なものですよね〜!
今日の記事はちょうど、似たお悩みを持つ方からの公開質問をいただいたので
参考になさってみてくださいまし!
Posted by うろこ at 2008年07月14日 17:45
おかげさまでR の発音が大好きになったんですよ〜(´▽`)
舌がジャイアント馬場(笑)になるたび、『私、英語っぽくしゃべってるじゃ〜ん♪』って気持ちになれるのです〜☆ちょっとかっこよく英語を話せる人になった気分で♪
ここのサイトでの練習は、サササッと終わらずに何度も繰り返し行われるからいいですね〜。
Posted by ひー at 2008年07月16日 18:25
ひーさん♪ジャイアント馬場で覚えていただけて幸せ至極でございます(汗)通じる発音ができると、知っている単語がみんな使える英語になりますから、練習の甲斐は絶対あると固く信じるワタクシであります!練習してくださるひーさん、ありがとうございまーっす。
ではオヤスミナサイまし!
Posted by うろこ at 2008年07月16日 18:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102722570
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック