2008年07月24日

語学をマスターするコツのコツ>英語講師向けのセミナー講師に聞いてみた

Hi there,
みなさん、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

米領サモアのツツイラ島を出て、諸事情のためハワイでアパートを借りて過ごしております。
今後の予定は……すべては米国移民局次第、私のコントロール範囲の外です。
ま、腹をくくれば結構ラクです(な〜んつったって観光地ハワイ!楽しまねば!

そんな最中、ひょんなことから、アメリカ東海岸にお住まいで、
これまで語学学校を経営されていた女性と知り合いました。

……今はご主人が学校を経営されていて、
彼女は世界を駆けめぐり「英語講師を育てる」セミナー講師。
こういう出会いは(いつまでココにいるかワカリマセンが)、
観光地に住む特権の一つです。

彼女は五ヶ国語に堪能で(まったく英語圏の人たちというのは!)、
さらに六番目、7番目の語学習得に意欲満々でおられました。

英語ネイティブ、仕事で使えるのはスペイン語、イタリア語、ドイツ語、フランス語、
これから覚えたいのはギリシャ語とヘブライ語…だったかな(汗
……ただし、アジアン言語は、彼女の目標に入っていません。

特に日本語は、カタカナ・ひらがな・漢字を使いこなすなんて
考えただけで海に飛び込みたくなるー!だそうです。

私からしたら、vise-versa (逆もまた同じ)ですけれど
たしかに日本語って、母国語として見ても難しいですからね。

それに、英語と日本語って、言語学的にみると、非常に距離のある言語同士なのです。

英語と格闘しはじめのころって、
どうも自信を失わされる出来事も多いですが
「日本語ネイティブ」ってのは、実はすごいコトですホント。

3種類もある文字セット、漢字に至っては数千を読みこなすことを期待されている、という
大変な言語を、マスターして崩して使うことが出来ちゃうわけですからね。Phew!(フーッ)

ところで海外に出てしまうと、日本にいるときよりも、
自分や他人の年齢はぜんっぜん気にならなくなるものですが
彼女は、55歳のお誕生日を迎えたばかりだそうです。
go, go のトシだな…と伝えようとしましたが
「5=ゴ」と読むのは日本語ですよ>私(ガックリ

この御仁、今は学校経営をご主人にまかせ、
各地の英会話スクールの先生を相手にセミナーを行って、
アメリカ中を回っておられるそうです。

参加費、1時間で一人、日本円にすると約3万円ちょいくらいとのことですが、
アチコチから引っ張りだこでどんどん値上がりしていくそうですが
そこは秘書さんにお任せだそうです。凄腕秘書。

さて。そんな彼女にこのサイト「オンタノ」のことを話したら、
なーんと太っ腹&有難いことに、
彼女は日本語やオンラインを使わないので、ぜひぜひ、
伝えてくださいという話を戴いちゃいました。
(その代わり家に帰る彼女を空港まで送って行くついでに、
 ローカルに大人気のピザ屋・ Da Big Kahuna Pizza の
 「SUMOU Pizza(相撲ピザ)」をご一緒するんですが
 ああ、日系人の多いハワイ・ちなみに da は the のこと、Kahuna はハワイ語で教祖とか師匠とか、修行を積んだ偉い先生のことです。)

おおおお、ノッケからハナシがずれていく〜、のでよっこらしょ

となるとコレはまた、
まるでみなさんに無料セミナーをプレゼントできる感じですんで
忘れぬうちに、このブログでまとめちゃいます。

メモが汚くて、既に自分で読めませんが(恥)待て記憶コラ! 早く、早く入力してしまわねば……

 ■語学をマスターするコツのコツ=コツコツ楽しく(ダジャレ命ッ)


1)まず、目的をはっきりしましょう(^^
大事なのは「語学そのものを目標としない」ということ……
言葉というのは、相手の言い分を知る、そして
自分の心の動きを表現するための必須道具、というくらいの心持ちでいましょう。

その言語を「使う」というのは、
語学ソノモノを研究対象にするのとは別物です。

たとえば、マイクロウェ〜ブの仕組みはわからんでも、
電子レンジで物があたためられれば良い、というのと一緒。
研究は研究で素晴らしいものですが、
電子レンジのスイッチを入れないと、いつまでたっても庫内の食べ物は温まりませんのでね。

ですから、その言語を使って
まずは自分が何をしたいのか、
落ち着いて考えてみることが大きな助けになるようです。
彼女の場合、イタリアの男性に惚れたのが語学マスターの始まりだったとか。ふふふふふ

2)とにかく「練習が楽しい」状態を保ちましょう。
語学というのは大海原みたいなもんですから、
魚を取る方法がいろいろあるみたいに、
習得方法もた〜くさんあります。

極論を言ってしまえば、
どんな道を通ったって、
しつこく続けてさえいければ、いずれ喋ることはできるようになるので(どんな喋り方をしたいかは、ここでは別の話)
とにかく最初は「やっていて楽しい」ことをドンドン伸ばすのが良いでしょう。

続けるのは、最初が一番大変なのです。
つまり、諦めるに当たっては最初が一番気がラクチンなのです。

なんつったって、うまくできないものは、人間、やりたくない。ですよねっ!
これは自然の成り行きですんでね、これに逆らうには、かなりの馬力がいるんです。
だから、まずは、やっていて楽しいことを続ける。

「ナニから手をつけたらよいのか」は、
練習をやっていて、楽しいと思えるものを見つけること……。
そしてそれは、自分にしかわからないもの。
どんどん試して、楽しみを見つける努力をしてみてください、とのことでした。


我らが母国語日本語もそうですが、
英語も、
会話丸ごと、そして状況を鑑みる「センテンス全体」で理解することが多い言語です。
センテンス全体とは、つまり状況を読むこと。こりゃもう、場数を踏むしかありません。

ただ、最初の内はもう苦しくって仕方ない!という時期もあるので
この苦痛ばかりの孤独な時期を早く乗り越えるために、
ちょっとでも「出来た」を見つけるよう、工夫していきましょう。

例)
1)フレーズやごく基本的な文法を固める。
これを選ぶと、たとえ発音がうまくできていくても、
相手が前後の話から「類推」できる状況を作れます。

もしくは、

2)発音やイントネーションを良くすることを第一にする。
こうすると、少ない言葉数でも伝達する能力が上がります。

これも、どちらを最初の目標にするかは本人次第。

ある程度話が通じるようになると、そこから先は、
相手に「え、なに? それって?」と、会話をしながら知識を広げていけます。
このあたりにくると、
ブロークンであれ、たいていの用事が済んでしまうのでラクチンに。

その分、「もういっか」となって
上達する意欲も失せる場合が多いです。……が
結局、言葉に何を求めるかは本人次第。
いずれにせよ、ここまでくれば「諦める」のキケンは少ないので、
まずは「相手の助け舟を借りられるレベル」を目指しましょう。

それから、
目標達成したらご褒美、というのも良い方法ですが、
練習を始めたらご褒美、というのもゼヒゼヒ、検討してみてください、とのことです。
↑チョコが好きなら、チョコをチョコチョコ食べながら練習するとか
なにごとも、「始める」部分が一番億劫ですから、その苦痛を和らげるためにスグご褒美を。
この「ご褒美しながら作戦」の効果の大きさに驚く人も多いですよ、と。
練習=楽しい、と刷り込ませる、自分パブロフの犬化作戦ですね。これ、おもしろい!

3)励ましは大いに受け取り、アドバイスは慎重に受ける
励まし・褒め言葉はど〜んどん、じゃんじゃん、受け入れてください。
「いえいえ、私なんか…」のかわりに、
常にありがとうと言いましょう。Thank you. ニッコリ。これで OK です。

自分がイケている、イケていない、ではなくって、
相手が自分のことをそうやって見てくれた行為へのお礼、と納得しましょう。

激しく否定すると、相手の「見る目」を否定しているようにも受け取られかねません。

子供だって褒められ応援されつつ言語を覚えるものです。
大人になったって、脳みそは同じものを使っているのだから、
褒められたり励まされたりしてウレシイのは自然なこと。

それを他人にばかり求めず、自分で褒めたり励ましたりするのも大切なことです。
そう。誰も褒めたり励ましてくれなければ自分で褒める。励ます。
↑彼女は、新言語にチャレンジするときは、まず「褒め言葉」から練習するそうです

それから…
愛のあるアドバイスは非常〜〜〜に有難いものですが、
ネイティブスピーカーや、努力で語学をマスターした人、
たとえそれが尊敬する大先生からのアドバイスでも、
本当に、そのアドバイスが
1)「自分にとって」
2)「今」
3)「直ちに必要なものか」
この3つは、自分で判断しましょう。

語学というのは範囲が広い分、いろんな習得方法があって
結局それは自分との相性です。
相性だけでなく、状況やタイミングの問題、ということもある。

何を選ぶかは…
冷たいようだけれど、その時の自分だけが決められること。

たとえ権威ある人や尊敬する人に
「そんなやり方はダメ」と言われようと、
結局自分で納得できないことは、
路線変更をしようと、長く続けられないのです。

やっていて楽しいことの最中なら、
納得するまで、飽きるまで、
「あ、これは効果ないな」と納得できるまで、やり遂げてみてください。
この方法は効果がないな、と発見すること…そこから学ぶことだって多いのです。

大いに周りを呆れさせたって、まずは自分が楽しいことが先決です。
↑【ただし!語学のテストを控えている人だけは別ですよ】とのこと(^^
勉強方法が確立されていることが多く
期限が限られているテストについては、
攻略法や模擬試験なんかを上手に使ってとにかくパスしてくださいね、だそうです。
*-*-*-*-* ココマデ

こういう考え方って、語学だけでなく、
いろんなことに応用できそうですよね♪

大海原、サハラ砂漠、ドデーンとかまえているだだっ広いものを前に途方にくれるのは当然です。
すこし先に目標を定めて、目印をつけて、達成ごとにシッカリ喜びを味わって、
一歩ずつ進んでまいりましょう!

だいじょうぶ、たとえ小数点以下何桁になろうとも、ゼロは永遠にゼロですが、
どこかに 1 がヒッソリといてくだされば、それは増えていくものなのです(^^)/
(体重に関してはこれがコワ〜イ事実ですが…1年1キロ増えて、20年ごは20キロ増、ゾーッ)←そしてまたダジャレで…ごめんなさーい!

Thank you Maria, keep in touch!

今日も最後までお付き合いくださってありがとうございました♪
posted by うろこ on 2008/07/24 | Comment(13) | TrackBack(0) | 楽しい英会話マスター方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>結局自分で納得できないことは、
路線変更をしようと長く続けられない

これは本当にそうですね。人によって学習法、解決策は違いますからね。万能の学び方なんて存在しないんでしょう。
Posted by けん at 2008年07月24日 08:17
う〜ん、為になるなぁ!!
楽しみながら英会話。
まさにココのタイトルそのままですね♪

「自分パブロフの犬化作戦」とは「オモロ〜♪」ですね!
・・・ご褒美かぁ、何にしよう。

そんでそんで、「相撲ピッザ」がとても気になりますヾ(´▽`)
Posted by natsuwo-beer at 2008年07月24日 16:35
けんさーん♪ありがとうございまーっす☆おっしゃるとおり、万能はあり得ないでしょうね。人により、目的により、その時のレベルにより、いろいろ変るはずですもんね。
なんだか偉い人とか怖いセンセに言われると鵜呑みにしがちですが☆「楽しくやる」のが続ける秘訣…というのはシンプルだけれど、パワフルですよね。
Posted by うろこ at 2008年07月24日 18:19
natsuwo-beerさーん♪ありがとうございまっす☆相撲ピッザはですね(いきなり食べ物の話)、生地がふかふかの香ばしいパンで、チーズたっぷりで、ジューシーな肉やマッシュルームがテンコモリで、美味しいんですよぅ。その店には、バンザイピッザもありましてこれも絶品☆今のうちにしっかりダイエットを続けて、食欲の秋に備えねば!ですね♪
Posted by うろこ at 2008年07月24日 18:24
> たとえそれが先生からのアドバイスでも、
> 本当に、そのアドバイスが「自分にとって」
> 「今」「直ちに必要なものか」は、
> 自分で判断しましょう。

 ここ、とっっっっっても大事ですよね。

 それと同時に、いったん自分が決めたやり方は、よりよいものへと洗練化させるのはよいのですが、安易に投げ出して別のものに乗り換えるのはやめにしたいですね。
Posted by ASAKA.YUTAKA at 2008年07月25日 00:13
こんな時間に夜更かししています 汗
(PCが夏ばてで暑いとネットにつながらないのです 泣)

語学をマスターするコツのコツ!
本当に参考になりました♪
目的を持って、楽しく、周りにふりまわされすぎない、ということですね。
特に、「いついつまでにこれこれが出来ないといけない」とかがなければ、好きなように楽しく続けたらいい!んですね♪

じゃあ私はそのまま突っ走って楽しみながら続ければいいんだ!と自信が持てました。1000時間達成を夢見て楽しく頑張りますー♪ありがとうございます♪♪
Posted by applestyle at 2008年07月25日 03:20
ASAKA.YUTAKAさーんありがとうございます♪
そうですね、日本には英語の学習方法が溢れているし広告もものすごく上手なものが多いので、
>よりよいものへと洗練化させるのはよいのですが、安易に投げ出して別のものに乗り換え
の部分は大事ですね!広告のプロに踊らされてお財布・気力ともにヘトヘトになっちゃいますもんね!
Posted by うろこ at 2008年07月25日 04:42
applestyle さーん♪複数の語学を操る人の言葉は深いですよね☆ところでパソコン冷却、南国を渡り歩く私にも重大な問題であります。暑くなるとマシンってチャンと動かないですもんね(おまけに私は冷房が苦手)。もし、お使いのマシンがノートパソコンでいらしたら、ELECOM のノートパソコン冷却台みたいなのがお奨めですよ。でも、南国暮らしの私、ヤモリがファンに入り込んで大ッ惨ッ事ッを引き起こしたので(思い出したくない)、今はパソコン専用に小型扇風機を使ってるんですが、小さな扇風機でも十分冷えるみたいです。…ご参考までに♪
Posted by うろこ at 2008年07月25日 04:53
この方のおっしゃってる事は、うろこさんが今までおっしゃった事と同じことだなぁ〜と思いました。
ご褒美・褒められるの大好きです(笑)
ご褒美とりすぎに注意して(!)うまく自分を自分でコントロールしなくては!!

それと…pizza食べたいー!!

I am Pizza. I am Pizza.にゃんにゃにゃにゃ〜♪
(歌:I am Pizza. より(´▽`))
Posted by ひー at 2008年07月25日 19:39
↑歌、a が抜けてました||:3ミ
I am a pizza. でした)゚0゚(
Posted by ひー at 2008年07月25日 19:41
ひーさん♪Wow! ピザの歌覚えていてくださったんですねー!すっかり自分のものにしていただけて嬉しいデス☆
&私も、5ヶ国語を操る英会話教室のセミナー講師と考えが似ていたので、とても嬉しく思っているんですよぅ!ご褒美とりすぎに注意というのも、ひーさんらしい(^^)←心配なさらずどんどんどうぞ!私もピザ食べたいッ。相棒がいるときは生地からドッタンバッタンやりますが、一人になるとつい冷凍ピザの一人前用に頼っちゃいます(恥)大勢で食べるのも味のうちですよね、ピザって。
Posted by うろこ at 2008年07月26日 07:10
 こんにちは。はじめまして。
いやぁ〜、楽しいブログですね。英語をこんなに楽しく、しかも内容もとっても充実されているサイト、初めてですよ〜。恐れ入りました。

 あっ、すみません、自己紹介していませんでした。昨年の6月からハワイで宗教関係のミニスターをしています。英語を話すのが仕事ですが、未だに原稿は離せません。

 うろこさんのこのメッセージ、英語で挫折したことのある人すべてに読ませたい、って思いました。

-TA



Posted by TA at 2008年08月06日 13:26
TAさん、ようこそ!はじめまして!んまぁああぁあぁ、暖かいお褒めをいただきましてありがとうございます☆☆
人々の心に触れるお仕事で、スピーチをされておられるんですね。第二言語で思いを届けるのは、いろいろツールを使いこなして味方につけねば…。
楽しんでいけば、人生も言語もなんとかなるのではなかろうか、とお気楽な私でございマス☆ありがとうございます♪
Posted by うろこ at 2008年08月06日 17:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103474328
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック