2008年07月25日

万が一に備えて:緊急時の英会話

Hi there,
みなさん、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

夜中の3時半のことでした。
「タスケテー!」「タスケテー!」
ドアを破らん限りに叩く、女性の声、日本語です。

夢か現実かワカラン状態で、ヨタヨタしつつドアをあけたら、
日本人女性が大パニック状態でした。
だんなさんがトイレで倒れたので助けを呼びに出たら、
こんどは締め出されちゃった、とのこと。

アメリカのドアって、中からフツーに開けられるけれど
一度外に出ると、外からはカギがかかっている状態のものって多いんです。
(私の相棒も陸地にいるときはショッチュウ、
 うっかり新聞を取りに行っては Not again!! (またかよー、やだよー、みたいなニュアンス)ってやってました)


警備の人にドアを開けてもらったら、ダンナさんは気がついていました。ホッ!

駆けつけた救急隊員が一人、日系アメリカンで、
果敢に日本語でコミュニケーションをとろうとしましたが、
「オナカどこ痛いですか?」という質問に、
二人とも答えられず。うっ。シチュエーションから類推しなせえ!
オナカ、ドコ、イタイ、で十分わかるっぺや!(何語?)
どうしても第二言語を使っている側をひいきしてしまいますな

昨日、日本から引越しをしてきて、疲れたので翌日に備えて
栄養剤を夜中に飲んだとのこと。
それで空っぽの胃袋がビックリしてキリキリと痛み出し、
あわてて立ち上がったので脳みそがビックリして貧血おこしただけのこと、でした。ホッ(フタタビ)

というわけで、今日は救急車を呼ぶ必要があったら、の一言です。
ちなみにハワイで救急車を呼んで病院に連れて行ってもらうと、200ドルくらい取られます。
最近値上がりしたようなのでもっと高いかも。

アメリカでは 911 に電話します。出かける国の緊急番号は、
出発前にネットなどで調べておきましょうね。

電話さえつながれば、
向こうは緊急に慣れていますから落ち着いて誘導してくれます。

ホテルに滞在しているならフロントの人がやってくれますから
アレコレ長い文章を覚えることはありませんので
Call 911! か、救急車の ambulance だけはしっかり覚えていきましょう。
(↑の911は、nine-one-one! とか、nine-eleven と読みます。でもテロ事件の後は
 nine-one-one と言う人が多くなっている、ってどっかで読みました。うろ覚え)


もし自分で連絡をした場合、こちらが伝えねばならぬことは、
日本と同じ:
・救急車が必要だということ
Send an ambulance!
一刻を争うここは丁寧さより気迫です。
・連絡している場所の住所
1778 *** street, Room 3514
しかし数字は一桁ずつユックリシッカリ
ここまで伝えられれば救急車を差し向けてしてくれます。
続けて、
・倒れている人の状態
He/She is in a great pain (彼/彼女がすごく痛がっている)
I'm in hurt.(痛いよー)
I'm having trouble breathing..(息がしにくいんです)
He/She has got a blackout. (彼/彼女が失神しちゃった!) ←脳みそ停電(blackout)状態ですね。
faint, pass out も、失神という意味で使われます。


さて、救急隊員が来ると、現在かかっている病気や、
今の気分、症状をあれこれ聞かれますので
↓簡単に言えそうなものを集めてみました↓
頭が痛い I have a headache.
風邪をひいている I have a cold.

お腹が張った感じ My stomach feels bloated.
胃の調子が悪い My stomach is upset.
おなかがキリキリ痛い I have a sharp pain in my stomach.

吐き気がする I feel nauseous.
めまいがする I feel dizzy.

楽になってきた It's getting better.
ひどくなってきた It's getting worse.
変りません It's still the same.

各単語のリンク先は、読み上げてくれるオンライン発音サイトの
howjasay.com です。いきなり声が出るはずです。


で、もし万が一、野次馬が来てニヤニヤしたら、
What are you smiling at?で、蹴散らしましょう。←?

できればずっと使わずに済ませたい表現ですから、
夏休みの旅行を控えている皆様、
旅行前はしっかり休憩なさってくださいましね!
夏場の引越しも思いのほか体力を必要とするようです…!

チト仕事がたてこんで、
1時に寝て3時半にからアドレナリン全開だったアタクシ、
本日モウロウとしております。
デュデュっティデュ〜(これはマリリンモンロー)

お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑みなみなさま、感謝、感謝の大感謝連続でございまっす!
posted by うろこ on 2008/07/25 | Comment(13) | TrackBack(0) | 旅行英会話のミソのツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう「とっさのひとこと」は大事ですよね。私も海外旅行の時は、「病院」や「泥棒!」とかの単語は覚えるようにしています。
Posted by けん at 2008年07月25日 13:02
そうそう、外国のドアってちょっと面倒ですよね(^^;
私も最初どうやってあけるんだろう?って思いました!
でも真夜中に大変でしたね!
同じ日本人のうろこさんがいて、その女性もホッとされたでしょう☆
日本では最近救急車をタクシー代わりに呼ぶような常識のない人もいて問題になってるみたいです(笑)
Posted by harihari at 2008年07月25日 18:07
うろこさん、こんばんは〜☆
え〜!!そんな大変な事がおきたんですね!
いつどこで何が起こるかわかりませんから、緊急の時のために覚えておかなきゃいけないですね。しっかり覚えたいと思います!
Posted by ひー at 2008年07月25日 19:17
引越ししてすぐにだんなさんが倒れるとはその女性もびっくりしたでしょうね!
でも大事に至らなくて良かったです。
うろこさんのおかげで本当に安心されたことでしょう。

緊急時ってパニックになって、例えば911さえ思い出せないこともありそうなので、日ごろから意識しなければ、、と思います。日本語でもきちんといえるかどうか微妙。。。汗
Posted by applestyle at 2008年07月25日 22:20
けんさーん♪ありがとうございまっす☆
緊急時の一言は、やっぱり力強い単語を怒鳴る!というのもスキルですよね。声の持つ迫力というのは侮れないデス。たたき起こされる感じでしたもん(^^:
Posted by うろこ at 2008年07月26日 07:12
harihari さーん♪ありがとうございます☆なんと、救急車をタクシー代わりに!
こちらは有料にも関わらず、酔っ払いがピザを注文したとか、別れ話の仲裁に入ってくれとか、そういう電話が入ったとニュースになってましたが、タクシーというのはまた別の観点ですねえ!
このビルに日本人は少ないので、同じフロアにいて、力になれて嬉しかったデス。相棒が倒れて、おまけにパジャマで外に放り出されたらダレでもパニックになりますもんね。
Posted by うろこ at 2008年07月26日 07:16
ひーさーん♪使いたくないけれど、必ず覚えておきたい微妙な存在ですよね。緊急時は単語を大声!が、どんなときでも基本みたいですから、緊急時に使う単語と緊急電話番号は旅の前に確認しておきたいものですね☆
実は救急車を見ず知らずの人のために呼ぶのは、ハワイで2度目であります←なんかこう、現場にいやすい体質なんでしょうかね。
Posted by うろこ at 2008年07月26日 07:19
applestyle さーん♪日本にいたとき、慌てて時刻サービスにかけてしまったことがあります、私。ポーン♪午前2時32分14秒をお知らせします・チッチッチッチ…(←後になって思い出すと、泣くほど情け無い)
ちなみに彼女はあちこちのドアを叩いていたようですが、起きたのは私だけだったようで…母国語パワーですかね、これって。
Posted by うろこ at 2008年07月26日 07:29
その日本人の方、うろこさんがいらっしゃってよかったですね。
私は日本で911にダイヤルしそうになりました(^_^;)
いざと言う時のために、うろこさんが書かれてる例文コピーして電話の横に貼っときます!!ちなみにこちら、救急車1回呼ぶと500ドルくらい取られるらしい。1年間10ドルの保険に入ったら家族誰が使ってもタダ。早速入りました!使わないに越したことはないですけどね!
Posted by bilby at 2008年07月26日 23:09
あ、1年間100ドルの間違いでした(^_^;)
Posted by bilby at 2008年07月26日 23:11
 海外では救急車は有料だったりするものなんですね。他の方も書かれていましたが、日本ではタクシー代わりにしたり、救急車で運ばれたら順番待ちをしないで看てもらえそうということで救急車を呼ぶ人が増えているそうですから、日本も有料にした方がいいかもしれませんね。
 ところで、「胃が痛い」というつもりで I have a stomachache. といったら、トイレに行きたくなったと思われて困ったなんて話を聞いたことがありますが、こういうのは日本にいるだけではなかなかわからないところですよね。
Posted by ASAKA.YUTAKA at 2008年07月26日 23:27
bilby さーん♪ヒョー、500ドルとは高い!緊急番号って気が動転しているときはごっちゃになりますよね〜。一年100ドルくらいなら、安心料として十分納得・ご英断です!!ありがとうございまーっす♪
Posted by うろこ at 2008年07月27日 16:46
ASAKA.YUTAKA さーん♪アメリカでは、さらに値上がりしているようです。健康第一ですね。個人のモラルに頼れなくなったら、課金するしかないような気もします。損得だけがすごーく大事なものになっちゃっているような人が増えているような気がますね。徳とか仁とか、そういうのを誇りに思っているんですけど…
症状を訴えるときって、医療に携わる側の人も、子供言葉を使ったりするので余計混乱するがな!っていう場面もありましたよ☆(doodoo(うんちなんていわれましても!))ありがとうございまーっす。
Posted by うろこ at 2008年07月27日 16:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック