2008年10月15日

よそよそしい暗記と仲良し記憶と

Hi there,
みなさん、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

己の「甘さ」を思い知らされた絶海の孤島アメリカンサモアから(祝・サバイバル)、
楽園ハワイ〜で1年近くラクチンしたあと、ワシントン州の山の中に引っ越してきました。
ご縁というのはまあ、なんか恐ろしいもんです(この地域を旅していた時に、ちょっと立ち話をしたカップルの山荘を借りています←お互い、良いのか!みたいな簡単結論)。

で、停電がありました。
そもそも山奥なので、一度設備に支障が出ると、
復活まで平気で7時間以上時間かかることを、学びました…。

モンタナ州に住む友人の話だと、山の中での生活は、
そういう場合に自力でナントカする設備を整えるのが醍醐味だとか。
…困ったモンタナ(殴ってくださってケッコウです)

まあ、それが醍醐味というならワタシもがんばります。
冬に備えて自家発電のジェネレーターを買うべく、勉強中。
ナゼ私は、未知なる世界、実は経験しなくても別に良いことに挑戦し続けてしまうんでしょうか(ナゾ)

■ヨソヨソしさと仲良しと
さて、ソレはさておき。今回は記憶のお話であります。
「記憶」と言うと、私の脳みそシナプスが全力疾走でつながって
ひっぱってくる第一のイメージは、
「丸ッ暗ッ記ッ」(←なぜか力んでしまう)なんでありますが

英語を使うにときに、どうしても、
最低限のルールとか(日本語と違う、英語の語順とか)
生活の場でよく使う単語を覚える必要が出てきますが、

それを丸暗記しちゃえ、と、十分がんばりまして、
何も見ないで言えるようになっているのに、
使いたいときにはナゼカ思いだせない!という
経験をされている方は多いと思います。

この丸ッ暗ッ記ッ(まだ力んでマス)というのはですね、
試験でこそ本領発揮!って感じなんですが、それは、

試験は日にちも範囲もだいたい決まっていますし、
英語の試験時間には、数学の証明問題は出されませんし、

それに試験時間も決まっていますから
「わからないから後まわしっ」なんてこともできまして、
自分の記憶をたどるヒマがある…
とまあ、試験って「暗記したものを取り出しやすい状況」なんですよね。

これに対して生のコミュニケーションというのは、
科目も試験範囲も時間配分も、
な〜んも交通整理をするものがありませんから、会話相手次第。

何か言うことが浮かんだとしても、
うーん、確かに覚えていたはずッ!と記憶を探っている間に、
目の前の会話がですね、流しそうめんみたいな感じで、
ダ〜ラダラと流れ去っていってしまう…くくく、悔しいッ!
こんな感じになっちゃうことが多いんです。

■リゾラバと流しそうめん
まあ、丸暗記っていうのは、なんだか、
リゾラバな関係なのかもしれませんよね。
(リゾラバ・1989年爆風スランプ「全部ウーソさ♪、なんとかカントカ、夏の恋は、まぼろし〜♪」)
って、ワケわからんですよね、すみません。

ナニをのたまっているかといいますと、
えーと、つまりですね、丸暗記というのは、
なんとなく軽いつきあいといいますか

手に入れるときは猪突猛進になったとしても、
「ま、ひと夏の恋さ」とクールに思っていたり、
もしくは、
コチラは真ッ剣ッ!一生を通じて…!と思っていても、
相手が季節とともにスッキリ去って行ってしまってアイタタタタ、となるように
(あぁああぁッ、どんどん意味不明の沼の深みにッ!)

つまり、えーっと、話しを戻します。ヨッコラショ。

暗記しただけの状態って、
覚えたものが、自分にとって、まだヨソヨソしい存在
なんですよね。

使いたいときにサッと出てきて助けてくれるものではなくて、
使う場面・お膳立てが前もって整っていないと、
な〜かなか、無駄足を嫌ってお出ましくださらぬ。
なにせ我らの脳は、省エネするようにできているようです。

だから暗記はムダだ、とは言いません。
…が、しかし、
実はそこから、「覚えたものと仲良くしていくステップ」(=練習)を踏んでおかないと、

流しそうめんを前に「えーっと、うーんっと、アーッ!流れていっちゃったよ〜っ」とか、
「あ、あのそうめんは取れそうだ、よーし!」とか思ってると他の人がサッと掬っちゃって
ガッカリしているあいだにどんどんそうめんが流れて行き…

つまり、悔しい思いをする状態が長引きがちだ、ということは
納得しておいたほうが、良さそうであります。


■仲良くするって、どうやって…
さて。そこで、
仲良くするったって、どうやって?という疑問がわきますよね。
 …ここで終われないのが、毎回記事が長くなる要因なんですが、ごめんなさい(お詫びしつつ続ける)。

単語を英語と日本語と対比させて、どんどん覚えていく、
という暗記は、数こそたくさんこなせますが、

これだけでは、まだどこか、
覚えたものと自分がヨソヨソしい関係ですから
忘れていく確率も高いもの。

一方、言葉とイメージをあわせて覚えていくとか、
どんなときに使うのか状況を考えながら
覚えた言葉を実際に使ってみるとか、いじってみる行為をつけてみる。

この、もう一歩踏み込んだ練習をあわせていくと
なかなか数をこなせないのでイラッとしますが、
…仲良しになった記憶は自分の味方。
後々、自分で使いこなすことが出来る確率が高いのであります。

なにしろ、実際に会話を進めてくれるのは、
ただ単に「教わったことは覚えているんだけど、程度の言い回し」1000個より、
「実際に使える10個の言い回し」です。少数精鋭ってことですね。

では、この、言葉を使いこなすほど覚えていく方法っていうのは…
私が体験して効果を実感しているものは、
・*日本語として整えた和訳を目指さず、イメージと直接結びつけるとか、
*英語を、整えた日本語としてすぐ変換出来るのは、膨大な訓練を積んだ通訳の皆様、という事実をお忘れなく
・既に知っている、すご〜く身近な英単語に関連づけて覚えていくとか、が考えられます。

また、私が大〜昔にホームスティをしていたころは、
覚えたことを「他人に伝えること」を、よく訓練させられました。
ホストマザーは熱心な方だったので、毎日これにつきあってくれまして

彼女:What did you learn today?
ワタシ:Um, uh, eh, I leaned the word "extreme".
彼女:Oh, yeah? What does extreme mean?
ワタシ:Well, uh, eh, ンガーッ!←慣れるまで、なかなか説明が出来ないものですけど、
身振り手振りや落書きを混ぜて、
自分の言葉や行動で説明できた単語って、なんというか
とてつもなく親近感が芽生えまして、(?)
やたらハッキリ覚えているものなんです。

こんな風に、しつこいほど、自分で「えー加減にせぇ」と思うほど
続ける。繰り返す。どんどんやる。あーもうやだ!となったら、さらに後3回!
この、「だーっ!もーやだー」となるほどの繰り返しにこそ、
英語の言い回しをしっかり自分のものにする魔法があるように思います。

彼女には、頑張って続けなさいよ、相手が見つからない場合は、
一人二役でも OK なんだから続けなさい、と教わりました。
「自分A」が今日学んだことを、「自分B」に英語で伝える、という試みですね。
 ↑思わず腹話術をしたくなる感じ。


■相性の良い記憶術を探してみたい、と思われたなら

と、まあ、上記は一例でありまして、
覚えたものを自分のものにしていく、きちんと記憶していく方法は
人それぞれ、相性の良いやり方があると思いますが、
人様がやっていることを真似して研究してみるのも楽しいと思います。

それから、
映像で覚える人、書いて覚える人、
耳で覚える人、
感覚や体を動かして覚える人、
これは体質みたいなもので、それぞれ得意分野があるようなので
ご自分が今までやったことのなかで、
相性のよいものを選ばれると良いのでは、と思いますっ。
http://www.educationplanner.org/students/self-assessments/learning-styles-quiz.shtml
英語でのテストですが、英文自体はシンプルですのでチェックの価値あり^^
ちなみに私は書いて覚える人です。ノートが残り少なくなるとドキドキしちゃう


■過去のオンタノ関連記事
ご参考までに…!
英語の山と筋肉トレーニング
↑ああ、ブログ開設当時に書いた記事であります(懐)
習ったことを使いこなすその一歩
「勉強」と「練習」と

今日も最後までお付き合いくださってありがとうございました♪
皆様の毎日に嬉しいことがたくさんありますように〜♪
posted by うろこ on 2008/10/15 | Comment(12) | TrackBack(0) | 楽しい英会話マスター方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。(^^)/

記事、興味深く読ませていただきました。
(--)(__) ナットク

私も昔、いくらやっても英単語が覚えられない、いわゆる「英語難民」でした。(・_・、) クスン

が、おかげさまで、だいぶ前にその難民キャンプから脱出することができました。(^^)v

ちなみに、私の場合の救世主は、主にイメージ化と過剰学習(復習)でした。
ちまたには英単語のいろいろな覚え方がありますが、要は自分に合った覚え方をいかに探すかが肝要と私は思います。(^^)


>年齢による記憶の衰え

そうですね。最近の研究で、年をとっても、勉強すれば脳細胞が増えるということがわかってきましたよね。(^-^)

本当にもう、脳は怠け者なので、甘やかさないように注意しないといけません(苦笑)

それでは、また遊びに来ます。(@^^)/~~~
Posted by Super源さん at 2008年10月15日 15:00
私も電話番号を覚えられない人間です。
自分の携帯番号なんてはなから覚える気ありません。(爆)

夫は記憶力がいいほうなんですが、今住んでいる住所を覚えていません(爆)
もうそろそろ引越しするのに 笑

多分真剣に覚えようと思ったら誰でもなんでもなんとかなるのかもしれないと思った私でした ^^;

英語→日本語、という単語帳形式の覚え方は本当に定着しません。(&知ってても使えません、読むときに意味がわかるぐらいで)
「あの時見た本のアノ絵の名詞」とか、「●●のLesson1のスキットに出てきた動詞」とか「●●新聞のアノ記事で見た形容詞」とか「コンビニのコピー機にはさまっていた紙に書かれていた単語(笑)」とか状況と一緒に覚えるのが記憶に残りやすいかも。(私の場合)

今は基本単語のイメージ化にチャレンジ中です。。。これがスムーズな英会話に生かせるように祈りながら、、(汗)
Posted by applestyle at 2008年10月15日 16:25
えっ?!
停電が7時間??
一度、冬の昼間に落雷で停電したことがあって、辛い思いをしました。
一時間もなかったと思うのですが、電気がないと何も動かないことに、改めて気付かされました。
暖房はガスなんですが、ガスファンヒーターなんで、電気がないと動きません!
給湯器もガスなのに、電源が電気です。
電気がないと、ほんと大変です!!

うろこさん、寒い冬に備えて、自家発電のジェネレーター購入がんばってくださいね!!

丸暗記は、覚えてもすぐに忘れてしまいます。
それこそ、学生時代の一夜漬け状態ですw
何かと、関連付けて覚えないと定着しないんですよね。
今回も、ためになるお話ありがとうございまーす(*^_^*)


Posted by ハルミズキ at 2008年10月15日 17:58
“英語の山と筋肉トレーニング”、本当に懐かしい♪あの説明で、私は始めて『きっと私にもできる!!』と自信を持つことができました。初心にかえります!!
>「自分A」が今日学んだことを、「自分B」に英語で伝える。
とても良い勉強法ですね♪
私、たまに口に出さず頭の中で英会話?することがあるんですが(←口に出してないから英会話ではないんですが…こういうのなんて言うんだろ?)そうするとですね、始めに知ってる単語がサササッと出てきて、次にそれをうまく文法通りに並べていこうとするんですが、なかなか通じそうな文にはならなくて、最終的にはお手上げです。。。
たぶんこれを口に出したら『I(ワタシハ)...I(ワタシハ)...』しか言えないんだと思います。
もっともっと繰り返し、努力しなければ!!
Posted by ひー at 2008年10月15日 18:10
おっと!「澄みわたる英語」をご紹介してくださっていたんですね!
ありがとうございました!<m(__)m>
ところで、語源を使って覚えるというのは、確かに試験向けの記憶法かもしれませんね。
うろこさんがおっしゃった、一人二役となってでも実際に使ってみるというのは、もっともなじみのよい覚え方だというのは、全く同感です。
私も使ってみないといけませんね!
Posted by ASAKA.YUTAKA at 2008年10月16日 00:41
うろこさん、いいホストマザーさんに恵まれたんですね〜。
腹話術トレーニング!
いい方法ですね。
学んだら、それを伝える訓練、私もやってみようっと。

それにしても。。。
うろこさんの一人漫才をみるようで、何度可笑しさをこらえたことか。。。
英語学習法もさることながら、1席の“うろこ寄席”にも価値があるようです。(笑)

7時間の停電ですか〜!
もう、何があっても動じないたくましさを身につけられそうですね。
Posted by Nemo at 2008年10月16日 10:04
ああっ! Super源さんだっ!永遠のダジャレ愛好家の私としては、師匠にお出ましいただいたようで恐縮であります☆ Super源さんのイラストとダジャレは、妙〜〜〜に記憶にシッカリと残るんです…ありがとうございます!!
おっしゃるとおり、流行に係わらず自分にあった方法を探して行くのは、とても大切なことですよね。
脳みそはコキ使えば使うほど磨かれるというのは、年齢を重ねていく私としては本当に心強いです(^^)
Posted by うろこ at 2008年10月16日 13:36
applestyle さーん♪あははは、farewell party のお知らせでしたっけね?シーンで覚えているものって、すぐ出てくるものですよね♪頭に浮かんでも口から言葉が出てこないのは、母国語でもよ〜くあることですからご心配なく(って、安心にならないですね)
単語や言い回しは、しっかり身についた言葉から触手を伸ばすように関連づけて覚えていければ良いんですが、数字ばっかりはどーーーーーも脳みそが「イヤ」って言ってるような☆
ちなみに私の相棒も私の住所を覚える気はないようです(爆)
Posted by うろこ at 2008年10月16日 13:49
ハルミズキさーん♪そうなんですよね、ガス製品でも電気がないと動かないっ!という悲劇に見舞われるんですよね…(号泣)ここは水も井戸から電気ポンプでくみ上げているし、ガレージも電気でドアが開閉するので、真剣に探さねば!
激しい冬が来る前に準備が整うようにがんばりまーっす(汗)
↑いざとなったら寝ちゃえ、もー!みたいな必殺技はありますけれど(^^;
Posted by うろこ at 2008年10月16日 13:55
ひーさん♪ひーさん、オンタノ開設当初からお付き合いくださって、本当にありがとうございます☆感謝感激…!
>たまに口に出さず頭の中で英会話
おお、素晴らしい。文章にならなくても単語が出てくると、良い会話相手がいれば助け舟を出してもらえることが多いですから、上達の坂道は緩やかになっておられますね☆どうぞ自信をお持ちいただいて、できたらどんどん思い浮かぶ単語をコッソリ口に出してみてくださいませ!
その次は、英語の大きな特徴…ワタシはどうした、アイツがどうする、と、「主役がドーノコーノ」の語順を意識していただいて、主語の後に動詞が出てくるように練習されると、パズルが組みやすくなると思いますよ!応援しておりますデス(^^)
Posted by うろこ at 2008年10月16日 14:01
ASAKA.YUTAKA さーん!いえいえ、こちらこそいつもありがとうございます!
単語の語源を知る方法は、試験のみならず、実際の会話にも(話のネタとして)使える素晴らしい方法思っています!興味を持てると、がぜん覚えやすくなるものですもんね!いつもありがとうございます☆
Posted by うろこ at 2008年10月16日 14:03
Nemoさーん!Nemoさんのブログでお名前を全部大文字で書いちゃいました、ごめんなさーい。
そうなんです、あのホストマザーと出会っていなければ…と思うことが良くあるんですよ。本当にラッキーでした!
一人漫才をウンザリしないで読んでくださって、本当にありがとうございます☆自分で自分に呆れながらも、止まらないのですよ…(恥)暖かい目で見守ってくださる読者様に出会えることも、有難きラッキーであります!!
Posted by うろこ at 2008年10月16日 14:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック