2008年10月21日

コミュニケーションとしての英語と、間違えたらどうしよう、の恐怖心の扱い方

Hi there,
みなさん、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

今日は綺麗に晴れまして、非常〜に冷えた朝でした。
10月で既に放射冷却なんですかいな…と外を見たら、
晴れるとお姿を現すお向かいの山が、既に冠雪しています。

そりゃ〜寒いワケよね、とつぶやいた私の後ろで、
ピシュ〜ルルルルル……フー…←ピーピーケトルのお湯が沸きかけて力尽きる音

ンギーっ。またしても停電であります。
電話をしたら45分ほどで解決するヨテイ、と言われましたが
結局、2時間程度で復活しました。
沸きかけたお湯のありがたかったことよ。
電線修理担当の皆様、本当にお疲れ様デス。

まだ自家発電のジェネレーター購入に至っていませんが、
だいぶ仕組みを知ることが出来ましたんで
この頻度で停電するならバ、早く購入してしまわなくては。
なにしろ山の中の一軒家・しかも一人暮らしは、
備えなければレ・ミゼラブル(?)

さて。ところで英語です。そうです。

■コミュニケーションとしての英語

英語と一言で表してみても、「喋り言葉」と「書き言葉」とは、
多くの場合、全く別の様式で登場しますよね。
→過去の記事より関連記事をバ(別画面で開きます)
話し方の違いと、動詞について。
英会話。どう頑張れば良いのか、わからなくなった時…

…なので、実際に喋る時というのは、、
「正誤を計るテストではなく、コミュニケーションを計る場」なのを
十分に意識していただき、、
とにか〜くまず、声を出して相手を安心させてあげる…
これが大事になってくると思うんですね。

なにしろ、正しく喋ろうとして頭の中で長考すると、
待っている相手としては、
何か気に障ることを言ったか?とか
自分の言ったことが通じなかったか?と、
ヒタスラ心配になることもありましょうから、
(↑ちなみに私の相棒は電話の向こうで頷く癖があります。見えまっしぇーんッ!)

とにかく、口から出てくる言葉の文法間違いには大らかに接したいものです。
そこでまずは思いついた単語をどんどん口に出して、
相手の助け舟にも乗りまくりましょう(^^)
↑そういう時に笑ったり冷たい対応をする人は、
 残念ながら、その程度の人間ですユエ、
 教養と人としての魅力は違うのだッ☆と教えてあげたいところです。

ところで日本は特に、
その昔はハラキリ文化もありましたし(古すぎ?)、
「英語といえば試験」という経験を数多くしていますから

もしかすると、必要以上に、
間違いを犯すことに恐怖感を抱いてしまっていることもあるのではなかろうか、と思うんですね。

■度胸と向上心

国外に出てみると、非英語圏から来た人たち、日本人以外は、
これぞ「ザ・カタコト」みたいな単語の組み合わせと
相手の助け舟を使いまくり、
時には適切な助け舟を出せない相手を責めたりしつつ(^^;
堂々と結構複雑なコミュニケーションを取っていることが多いンです。

ちなみに、ハワイの、ポリネジアン系とアジア系の人の中には、
英語圏で生まれ育っても、文法?それどころか!って感じのセリフを、
普通〜に喋っておられる方も良く見かけます。

例えば…

You no like come? →(You don't want to come?)
You stay alright or what? →(Is everything ok with you?)
We go already →(let's get out of here.)

↑のんき〜なハワイの空の下では微笑ましいんですが
聞いてるほうの脳みそはメロメ〜ロになりまして

これはハワイアンピジョンイングリッシュと呼ばれて、
英語圏の人でもこういう喋り方を嫌う人はトコトン嫌いますが
使っている人たちはこれが普通の喋り方で、どこでも通じるので、
改善という概念もありましぇん。Whatevahz! (Whatever!)

こういう事例を鑑みますと←いきなりお役所言葉・どうした自分

私たちが元々持っている「間違いに対する恐怖心」は、
さりげなーく教養がにじんでしまうような英語をサラリとしゃべる…というゴールに向かうモチベーション…
として利用してしまえば、
非常にパワフルな味方になるのではなかろうか!と思うワケであります。

む。
ちょっと文章がモタつきましたが
結局ナニが言いたいのだ?といいますと(^^;

つまり、間違えたくない! 怖い!と思う自分に気がついたら、

ダメじゃん、度胸が足りないよ!
ダメだな、努力が足りていない!と叱らずに

そうだよね〜、上達したいからこそ、
間違えたくないと思うんだよねえ〜と
立松和平風につぶやきながら(古)、

間違えてもゼンゼンかまわんのだ!という度胸と、
でも、何気な〜く丁寧な物言いで会話をしたい!という向上心と、

どちらかを選ぶのではなく、両方を心のどこかに留めておくと、

ブロークンで会話ができた!度胸を使った!ブラボウ!とか、
今日は文法の練習をした!教養が滲み出でちゃうぞ!

などと、
自分の努力・チャレンジを喜ぶシーンがぐぐっと増えて、
この先の英語の山道は楽しきハイキング道になると思うンです。
ペェタ〜ァ!ヨーゼフ〜ゥ!おじ〜ぃさぁああぁあぁん♪←壊

■一日一個…
さて、そこで。

向上心を応援してくれそうなものには
特別に難しいことに挑戦する必要はなくて、
まずは基本的な文法をおさらいするのが、結局のところは確実なのですが

そこを無理なく続けられそうな
一日一つ、英語のテストを英語で受けられるサイト(もちろん無料)を
見つけてきたので、ご紹介したいと思います。

…ああ、しかしっ!なんだか部屋の照明がチラついてます。
うーん。
停電が怖いので、とりあえず今日はここまでをアップしちゃいます!

ろうそくろうそく…←これはこれで、ロマンチックなんですけどね(^^

今日も最後までお付き合いくださってありがとうございました♪

お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑みなみなさま、感謝、感謝の大感謝連続でございまっす!皆様の毎日に嬉しいことがたくさんありますように♪季節の変わり目、皆様たっぷり栄養をとってくださいねー☆
posted by うろこ on 2008/10/21 | Comment(22) | TrackBack(0) | 楽しい英会話マスター方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そっかぁ、私の失敗を恐れるびびりぶりは、ハラキリ文化のせいなのね >m<
それなら、仕方がないよね!←って、ダメじゃん
なんで、日本人は間違いを恐れるんだろう?

英語では、それでは成長しないっていう事もよく耳にします。
でも、怖いんですよね。今は準備期間で、そのうち〜
なんて、思ってますが準備期間で終わってしまいそう…。
いやいやそれでは、いけない…。
Posted by nappu at 2008年10月21日 11:37
うろこさん!
停電って、そんなに頻繁に。。。
大丈夫ですか!?
でも、ろうそくってロマンチックですよね!!!
うろこさんて、カッコいい、とってもたくましい、いいなぁー。←英語と関係なかった。

確かに英語で苦心している私と同じ仲間、
shyな人ばかっかりかも!しれませんっ。
でも、このshyは英語だけに関してだな。。。もっと普段みたいに図々しくなればいいのか。^-^;
Posted by Aya at 2008年10月21日 14:39
過去の記事も、興味深く読まさせていただきました。
うろこさんの記事には、ほんとに勇気付けられます(*^_^*)

欲張ると息切れするんですよねー。
私も以前はそうでした。
英語って、はっきりとした成果が見えるまで、すごーく長い道のりなんで、いつも途中で諦めモード・・・・。

今は、読むことに専念してるんでなんとか続けれてます。
自分の目的を決めて、焦らずマイペースで行くことが大切なんですよね。
それが、継続出来る唯一の方法なような気がします。
Posted by ハルミズキ at 2008年10月21日 17:43
なるほどなるほどー
私も過去の記事含めてとても勉強になりました。
とくに「話し方の違いと動詞について」は今私が悪戦苦闘していることそのものかもしれません、、、
最近さらにさらに基本文法の重要性をずずーんと感じているワタクシでした。。
知ってるのと使えるのとは全然違いますねorz(←知ってるつもりで使えない私 汗)
それを意識した上で物怖じせずブロ−クンでどんどん実践で話すことも必要なんですね。
私も早く楽しきハイキング道を歩いてみたいです。
Posted by applestyle at 2008年10月21日 21:13
うろこさん、こんにちは。
停電の復旧時間が短くなってよかったですね。(←よくはないけど。。。)
今日は立松和平やハイジのご出演ですね。

それにしても、ハワイアンピジョンイングリッシュですか。
しゃべる方は気楽でいいですが、理解するのは大変ですね。
気楽に理解すればいいのか。。。

きちんとした全世界にはいろいろな英語があるんですね〜。
ジャパニーズイングリッシュも主流にしましょう。
Posted by Nemo at 2008年10月22日 13:57
うろこさん、

 そのジェネレーターっておいくらぐらいするんでしょうか? (せこい性分なんで、すみません。。。)

 私はどちらかと言うと聞く方が苦手です。話す方はあの手この手で話しているうちに伝わっているような気がするのですが、とにかく会話の最初が苦手です。話し始めればそれほど困ることはないのですが……。

 あと先日の記事で華氏について書かれていましたけど、どうしてこう中途半端なんでしょうか、しかもアメリカだけじゃないでしょうかねぇ。バンクーバーはkgに摂氏でしたよ。

 あと免許はどうなりましたでしょうか? 私も虹のマークの入ったハワイの免許書を持っている組(どういう組?)なので、気になりました。

 それでは!

-TA
 
Posted by TA at 2008年10月22日 14:46
そうそう、どうも失敗を恐れてしまうんですよね。。。それが声にもでてしまうので、大きな声で話すように心がけてます。。。

・・・さすがに英語オンリーの場所で長く暮らすと、間違いを気にしていられなくなり、途中からどうでもよくなった・・・といいますか、そのうち相手が私の失敗のパターンに慣れるんですね♪

が、しかし、あまりにも気にしなくなったことに最近反省しております。。。
Posted by kazraasch at 2008年10月22日 15:16
うわ〜!そんなんでいいんだ♪
「ザ・カタコト」の生の会話、聞いてみたい気がします(´▽`)どのように話して、どのように助け舟が出てくるのか♪
他の国の方は片言でもこんなに堂々と話していると聞いたとたん『間違っても全然大丈夫なんだ♪今まで緊張していてなかなか話し出せなかったのは何?』と思えて、勇気が出ました〜!!相手の助け舟に乗りまくる勇気と、間違える勇気も持たなきゃ!!
> 間違えてもゼンゼンかまわない!という度胸と、何気なく丁寧な物言いで会話をしたい!という向上心
大切にしたいと思います。
Posted by ひー at 2008年10月22日 18:37
うろこさん、こんばんわん(^-^)

その後、停電は大丈夫ですか?
凍えてみえませんか?!
w向かいの山が、既に冠雪とは、すっかり冬のアメリカですねー。キャンドルの光の中で、美味しいワインをいただいて、体を芯から暖めてくださいね♪

>まずは思いついた単語をどんどん口に出して、相手の助け舟にも乗りまくりましょう

ウン、ウン、納得(^-^)
一番大切なのは「伝えたいという気持ち」ですよね。助け舟にも乗りまくるべし、ですねw。
明日は英会話教室なんです。間違いを恐れず、英語を口にしてきますね〜♪
Posted by cappuccino at 2008年10月22日 21:16
失敗を恐れる日本の文化にどっぷりつかっていると、それではいけないとわかっていてもなかなか抜け出せないところがあるんでしょうか。
前向きにとらえて度胸を決める勇気の持てるうろこさんは、やっぱり凄いですね!
Posted by ASAKA.YUTAKA at 2008年10月22日 21:30
お久しぶりです
なかなか、最近忙しくて
ブログも更新出来ない有様です
うろこさん凄いですね
停電は困ります、pcも時と場合によって
復帰しなくなりますからね!
バイアスじは絶対止めて!って感じですね
元気そうで良かったです。
Posted by kabao at 2008年10月22日 21:42
■nappuさーん、ありがとうございます♪
そうなんですよ、日本は文化的に失敗を許しにくい背景がありますから、ある程度は仕方のないことなんですよね。
ワタシが思うに、農耕文化出身というのも一理あると思うんです。狩猟文化は狩が失敗しても次の獲物を狙えばいいですけど、種とか苗をダメにしちゃうと、その先一年飢えちゃいますからね…←時空を超えてしまった
そんな背景を持つ日本人が、がんばってチャレンジするというのは偉大だと思うんです!準備は勇気をくれるものですから、準備・勇気、どちらも楽しんでいきたいですね♪
Posted by うろこ at 2008年10月23日 07:58
■Ayaさーんありがとうございまーす♪
ご心配いただきましてありがとうございます!うん、ダイジョウブです。たくましいというよりは、シブトイんですワタシ。なので決してカッコヨイというわけではなく、ヒーヒーわめきながらヤットコサットコ乗り越える、みたいな(恥)日本人の shy なところは、奥ゆかしくて素敵な部分でもありますよね。他人様の文化なのだから間違えたら失礼かも、と思ったり…。会話の先生で無い限り、こちらが思うほど、間違いをデリケートに感じとる人って、そんなにいませんから、ご安心を(^^)
Posted by うろこ at 2008年10月23日 07:58
■ハルミズキ さーん、ありがとうございまーす♪
いつも優しいコメントをありがとうございます〜、ハグッ!おっしゃるとおり、はっきりとした成果が見えにくいので、息切れしやすいんですよね。やめちゃおうかな…ってなったらもったいない!ので、ハルミズキさんみたいに、マイペースで出来るものを見つけられるのは、よりどころになりますよね♪ええ、ええ、他言語習得は、継続に勝るものありませんから…!
Posted by うろこ at 2008年10月23日 07:59
■applestyle さーんありがとうございまーっす♪
基礎をしっかりこなしておられるapplestyle さんは、一度口が開きだすとそれこそ英語ネイティブの子供みたいにドンドン喋りたくてたまらなくなると思いますよ!「知っている」と「使える」を実感されているのは、大いなる武器ですよね!(闘いなのか?)意識してこなすモノって、確実に身についていくと思うんです。時間はかかるかもしれませんけど…。ハグッ!
Posted by うろこ at 2008年10月23日 08:00
■Nemoさーん、ありがとうございまーっす♪
いやー、よかったデス。復旧時間が2時間くらいなら、別にどうということはナイ!と確認しました☆ところで登場人物にも気づいてくださってありがとうございます(^^;キーボードを打っていると、勝手に思考が暴走していろんな人を連れてくるんですよゥ(怖)ハワイアンの英語は、しっかり勉強している人ほど混乱するのではなかろうか!と思いますが、伝えたいことをひたすらシンプルに言えばヨシ、というのは気楽ですよね!おお、そうですねー。米語・イギリス英語だけじゃなくて、シンガポール英語やフィリピン英語、いろいろあるので日本英語があっても不思議じゃないと思います(^^)
Posted by うろこ at 2008年10月23日 08:01
■TAさーん、ありがとうございますー♪
おかえりなさいまし!ジェネレーターは、キャンプ用の小さなものは100ドルくらいから、家全体をカバーできるようなものは1000ドル〜3000ドル、プロパンで動くもの、ガソリンで動くもの、非常時用と割り切って充電式、と、ものすごーくバラエティがあります。アメリカはなんでも電気ですけど、発熱と発光のエネルギーの効率からいくとガスなんかも上手に使いたいですよね(^^)
喋りは各自が自分のスタイルを確立できますから、人それぞれ違う言い方をしたり、方言があったり、子供のころの人気テレビ番組のハナシを織り交ぜたり、リスニングは奥が深いですよね。
運転免許はいまだに虹のマークです。引っ越したらすぐに変更すべし、という法律ですけれど、住んでいる証拠が足りないというなら仕方ないですもんねぇ。マイルに参り、インチにインチキ!と叫びつつ、証拠が揃うまでここはハワイ風に、ノンビリ待つことにします。
Posted by うろこ at 2008年10月23日 08:02
■kazraasch さーん、ありがとうございまっす♪
そうだ、声のボリュームもポイント大きいですね!言葉が通じない!と思う前に、音量の問題かもしれない…と思ってみるのは、日本人には特に大事なことかもしれません。アジアの他の言語に比べて、音量も音程も穏やかですもんね〜。船乗りは何ヶ国語でも、「大声」で通じさせてしまうと言いますし(?)。結局コミュニケーションの道具ですから、まずは通じればヨシ…その後どこまで必要かは、テストではないので人それぞれというコトでしょうね(^^)
Posted by うろこ at 2008年10月23日 08:08
■ひーさん、ありがとうございますー♪
緊張がほどけたようでナニヨリです!違う言語を使うのは、大人になってからだとどうしても緊張しちゃいますもんね。「I no like! My husband, mother!」「Uh.. your mother and your husband are having trouble?」「No---! My husband is her son」「Oh, ok, you don't like your mother-in-law.」「yeah, too big eat! Never stop! Me, no more food! 」みたいな勢いがあってタジタジになります(^^)なんでもソウですけれど、自分と相性の良いバランスを見つけていければ素敵ですよね!いつもありがとうございます♪
Posted by うろこ at 2008年10月23日 08:09
■cappuccinoさーんありがとうございまーっす♪
停電だいじょうぶでした♪この家はガスと薪のストーブがついているのですよ。電気がアテにならないので、とても心強いです(^^)ありがとうございま〜す♪スキーのあとで戴くような、ホットワインを研究中で〜す。美味しいのが見つかったらご紹介しますね!
おお、英会話の日ですね♪cappuccinoさんは人当たりの柔らかな御仁と察しますゆえ、クラスも和むことでしょう♪たっぷりと口に出して練習ができますように〜♪口に出してみて、その場で間違いを訂正してもらうことって、すごく身につきますもんね。そこがナマの会話が出来る英会話教室のスバラシイところ…(^^)安心して間違ってください←なんの応援をしているのだ?
Posted by うろこ at 2008年10月23日 08:12
■ASAKA.YUTAKA さーんありがとうございます!
これは光栄なお言葉を!大事にします(お褒めの言葉は栄養でございます〜)。ありがとうございまーっす♪みんなが同じ言語を扱う日本にいると、かえって、英語を口に出して失敗をする場面が怖くなるかもしれませんね。民族・出身地によって「違うのが当たり前、癖があって当たり前」の中にいると、だんだん気が楽になるものなのかもしれません(^^)
Posted by うろこ at 2008年10月23日 08:13
■kabaoさーん、ありがとうございまーっす♪
お久しぶりです〜♪ワタシも新しい生活に慣れるまでいろいろ手間がかかりまして、ブログ更新頻度が落ちてしまいました。kabaoさん、これから年末に向けて忙しくなる時期ですよね!どうぞたっぷり栄養をとって、乗り切ってくださいませね!しかし本当に精密機器は、停電に弱いですよね。もう少し打たれ強い(?)システムになってくれることを願ってマス…!
Posted by うろこ at 2008年10月23日 08:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック