2009年02月01日

読者様からの公開質問にお返事: warm と worm の発音

Hi there,
みなさま、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

気がつけば、日がちょっぴり長くなってきました。
もう2月…雪はまだまだ降りそうですが、
春遠からじ、な季節になってきましたね(^^)

読者様から、worm と warm の発音がごっちゃになった、
発音教材や書籍を見ても、
区別の仕方が見つかりません…と
ご相談を戴きました。

Tさん、ブログでの質問公開に同意してくださってありがとうございます。

日本語にはない、微妙な母音+Rの音は曲者ですし
worm と warm のように、
スペルどおりに発音しない例外的なものは、
かえって読者が混乱するから…、
という理由で、教材から外しているものも多いかもしれませんね。

というわけで
今日は、ニョロ系の虫 worm と、暖かい warm を練習してみましょう。

■暖かい虫?!

ニョロ系の虫、worm は、
暖かい、の warm と混乱したくないもの…
今日は暖かいですね、と言おうとして、
今日はニョロ虫ですね♪
な〜んてニコヤカに言ってしまっては悲劇ですもんね(^^;

音を比べてみる
worm
warm
↑別ウィンドウで開いて勝手に音声が始まります

他の辞書サイトでも聞いてみる
worm
warm
オンライン英々辞典が別ウィンドウで開きます。
アメリカ式、イギリス式、国旗をクリックすると
それぞれの発音を聴くことができます。

日本語にはない母音なので、最初は
脳みそが整理しきれず、
なーんかドッチもわかりにくいんだよね…と感じるかもしれません。
順番に見て行きましょう(^^)

■ニョロ虫の worm は 腹話術氏の顔からRへ

worm の or 発音は、見た目と
ローマ字読みに惑わされるナカレ、な曲者、
bird, heard, her, first, firm, fur, の下線部分と同じ発音です。

何かに見とれた感じとか、腹話術氏開きの口、
奥歯にモノを挟んだような気持ち悪い口の開き方から繰り出す、
非常にアイマイに聞こえる音に「R」をくっつけていきます。

ニョロニョロ系の虫は、
スペルは worm ですが、オと発音したいのを堪えるのが大事…
もっとラクに発音するために、 werm と書きたい感じの音です。

以前にも紹介しましたが
子供向けサイトで、タップリ聞いてみましょう。
CapD20080706_1.jpg
↑別画面で開きます。
↑いきなり音が出ます。
単語をクリックすると、文字ごとに発音をしてくれます。
音の出し方の詳細→腹話術とジャイアント馬場氏のアポッ

へー、そうなの?と、脳みそが意識しはじめたところで
ニョロ系の虫 worm、もう一度音を聞いてみましょう。
worm

最初の音、「W」はタコチュウの口びるの形から始めて、
たっぷり息を出すとしっかり発音できます。


曲者発音の worm の or と bird の ir の部分は
スペルは違えど同じ発音なので
bird, worm, bird, worm, と繰り返し練習してみましょう。
鳥がニョロ虫を捕まえている図を思い浮かべるのも一つの手ですね。

早起きは三文の徳…という意味で、
early bird catches the worm
という表現がありますから、これもイメージをつかむ手助けになるかもしれません。


■暖かい warm は川口隊長が踏み込む洞窟

川口浩の探検隊を知っているかどうか、
で延々といけそうですがグっと堪えて


一方、warm の ar の発音は、
スペルを見ると、ローマ字訓練を積んでいる私たちは
カタカナの「ア」にRをくっつけて、と行きたいところですが
やっぱりこれも、日本語にはない音を出す母音…。

war, short, store, quarter、
の、下線部分と同じ発音です。

この音を出すには、唇はオの口をしながら、
口の中の空間を大きくします。
口の中に洞窟をつくって音を響かせる感じなんですが

って、どうやって口の中の空間大きくするんだよ、といいますと
舌を、下あごに這いつくばらせて、
奥歯には大豆を挟んだ感じ。
これで、聞き慣れた日本語の母音よりは洞窟音(?)になります。

え、さらに混乱されてしまいましたか?
ではこれも、子供向けの発音練習サイトでたっぷり聞いてみましょう。
CapD20090131_13.jpg
↑別画面で開きます。
↑いきなり音が出ます。
単語で指示された絵をクリックすると、色がついて、
文字ごとに発音をしてくれます。

では、音の整理方法を脳みそに送り込んだところで、
暖かい warm をもう一度。
warm
↑別画面で開いて音が出ます

最初の音、「W」はタコチュウの口びるの形から始めて、
たっぷり息を出すとしっかり発音できます。

曲者発音の、暖かい warm の ar と馬 horse のor は同じ発音ですから
あったかい馬(horse)といきましょうか。
warm, horse, warm, horse, warm, horse, と繰り返しつつ
暖かい(warm)馬(horse)の背中に乗っているイメージが
出来たらバッチリです。
↑旅先で乗馬をした時、馬の背中はあったかかった…


■それでもしつこく聞き比べ

werm と書きたい worm なニョロ虫と
口の中が洞窟状態の、暖かい warm

スペルに頼れない憎いやつ…ですが
今日のゴールはこの二つを区別すること、でありますユエに

シツコク最後に聞き比べをバ
worm
鳥がニョロ虫を捕まえている図を想像して、
worm, bird, worm, bird, worm... と繰り返し練習してみてください。

warm
馬の背中は温かい…のをイメージして
warm, horse, warm, horse, worm, horse...

綴りと発音するべき音が違う単語はけっこうあるので
(↑以前記事へのコメントで教わりましたが、
こういうのを文言不一致というそうです。
Super源さんありがとうございます♪)

なんとかならんのかい、と思われた方は
綴りと発音の関係を見直しておられるフォニックスの例外を放置せず綴りと発音の関係修復を試みるブログサイトへどうぞ。
着々と整理されていらっしゃいます。

今日も最後までお付き合いくださってありがとうございました♪

今日の練習も、英語感覚積み立て100時間チャレンジ!をされている方は、
しっかりカウントなさってくださいませ!

お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑みなみなさま、感謝、感謝の大感謝連続でございまっす!皆様の毎日に嬉しいことがたくさんありますように♪

オンタノ過去記事【関連エントリー】
- 英会話発音練習・練習の時はオオゲサに:オンラインで楽しく英会話オンタノ英会話
- アメリカ式のRの発音:オンラインで楽しく英会話オンタノ英会話
- テスト付き発音練習ができるサイトとこれだけの感情を抑揚だけで表せる便利な ...
- 動画で無料発音練習・今日は「F」と「H」:オンラインで楽しく英会話オンタノ英会話
- 英語の発音整理・SとSHの音について:オンラインで楽しく英会話オンタノ英会話
generated by 関連エントリーリストジェネレータ
posted by うろこ on 2009/02/01 | Comment(15) | TrackBack(0) | 無料英会話・発音の解説と練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
同じ発音の単語を
グループで覚えるのは
いい方法ですね。
同じ発音ですから、
音が一緒で
わかりやすいです。
いい勉強になりました。
応援させて頂きます。
Posted by 開運塾塾長 at 2009年02月01日 21:16
うろこさん、こんにちは。(^^)/
いつも、うろこさんを偲んで、忍びで来ているSuper源さんです。(*^-^)ニコ

>worm
>warm

これで思い出したんですが、

rest
west

も発音が似てますね。(^^)
Posted by Super源さん at 2009年02月02日 08:50
あ〜ダメだ〜混乱してます…ではなくて、がんばって練習するぞ〜♪
worm とwarmのor とarに惑わされてること間違いなしです!
worm をwarm と言ってますし、warm をworm と言っていて、意味もworm を温かい、warm をニョロ虫だと思っちゃってます。
繰り返し練習していきます!


Posted by ひー at 2009年02月02日 15:55
■開運塾塾長さ〜ん♪
いつも応援いただき、ありがとうございます☆スペルを見ても読みにくいものはグループで覚えるほうがイメージがつかみやすいかもしれませんね(^^)←言われてみて気がついたのデス

■Super源さ〜ん
お忍びSuper源さん!いつもありがとうございます…ウルウルウル
偉大なるお力を借りて日々とってもうでちーです(^^)
>rest
>west
そうですね!さすがSuper源さん♪ r の音は L と比較して練習されることが多いですが、実は w の発音と出し方が似ているのですよね(^^) w はあんまり話題にされないので、これぞホントの wの悲劇…?←殴ってくださってケッコウです

■ひーさ〜ん♪
そうですね、単語だけだと混乱しやすいかも……。
そうだ。bird の ir と worm の or の部分はスペルは違えど同じ発音なので、bird, worm, bird, worm, とくっつけて練習しつつ、鳥がニョロ虫を捕まえている図を思い浮かべるのも一つの手ですね。
…と、お返事を書いているうちにひらめきました。記事本文に追加しますっ☆ひーさん、ひらめきを有難うございまーっす!!大感謝♪
Posted by うろこ at 2009年02月02日 17:28
また来ましたー。( ^-^)/
この記事をもう一度良く読んだら、何と私の名前とリンクが…。(;;)ウレシー。

うろこさん、ありがとう。(*^-^)ニコ

うれしかったので、もう一言コメント。(^o^)

>worm
>warm

wormの'o'と、warmの'a'は、文字を見ると、それぞれ「オ」、「ア」というように発音したくなりますが、実際は逆ですよね。(^^)

これは、workとwalkも同じですね。「ウォーク」と「ワーク」、ではなく、実際には「ワーク」「ウォーク」に近い発音になりますね。
Posted by Super源さん at 2009年02月02日 18:57
こんばんは。
ご訪問、ありがとう
ございます。
応援させて頂きます。
Posted by 開運塾塾長 at 2009年02月02日 23:15
こんばんは。

記事中でリンクを張っていただきありがとうございます。綴りと発音の関係の整理を着々と進めていけるようがんばります。

この記事を Rの母音表記のページにリンクさせていただきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/reddysteddygojpn/20559958.html

今日中に手直しします。ありがとうございます。
Posted by ReddySteddyGoJpn at 2009年02月03日 01:11
お世話になっております。
けんしろうです。
音声があると発音の違いがわかりやすいですね。
参考になります。
Posted by 記憶術 絶技! けんしろう at 2009年02月03日 01:27
wormとwarm、確かに発音難しいですね。ガーデニングをするとでてくるワーム。よく発音を直されます。はは。

こうやって聞き比べると改めて勉強になります。いつもありがとうございます。

川口隊長、知ってます〜。よく見てました♪
Posted by kazraasch at 2009年02月03日 10:36
■Super源さ〜ん♪
んまままっ!わざわざお礼コメントを戴けて恐縮でございます☆こちらこそ、いろいろ教えていただけて大感謝デス(^^)
そうだそうだ、work と walk も、書くのと喋るのと、予想とアベコベ母音ですよね。アベコベ母音の表でも作ろうかしらっ←また何かひらめいてしまった人
ありがとうございまーっす♪

■開運塾塾長さ〜ん♪
いつもありがとうございます♪メルマガもありがとうございます☆私も遊びに参りますね(^^)

■ReddySteddyGoJpn さ〜ん♪
文言一致はものすごく手間のかかる作業だと、考えただけで気絶しそうですが、成果をシェアしていただけて大感謝です…
ああっリンクまで張って戴いてありがとうございます!

■けんしろうさ〜ん♪
いつもありがとうございまーっす☆
英語ネイティブスピーカの音声が使えるのは、本当に有難いデス。インターネットってすごいですねぇ←いつまでたってもウラシマ太郎子です

■kazraasch さ〜ん♪
おおっご存知でしたか、川口隊長っ!←大好きだったんですよ。嘉門達也が川口隊長の歌を歌っていた記憶が…←昔のことの方が、今日のお昼ごろのことより良く覚えているような気がするのはナゼ?
南国のガーデニングはいろんな worm がニョロニョロしていそうですねっ。こうやってイギリス式とアメリカ式の音声を用意してくれる辞書サイトは便利ですよね!
サイクロン崩れの大雨、落ち着きますように〜〜。
Posted by うろこ at 2009年02月03日 15:58
またまた、詳しい説明をありがとうございます。
でも、ちゃんと聞き分けてくれない私の耳ですw
たくさん聞くのみ!ですね。
Posted by ハルミズキ at 2009年02月03日 16:32
こんばんは。
いろんなサイトで
音声も学べるのですね。
勉強になります。
応援します。
Posted by FP投資研究所所長 at 2009年02月03日 20:31
warm horse とは考えましたな。
ところで w が前につく場合だけ発音が変わるのはどうしてでしょうかね!?
Posted by ASAKA.YUTAKA at 2009年02月03日 21:51
bird, worm, bird, worm ...の繰り返しはかなり効いてます♪口と舌が覚えてくれました(´▽`)
でもまだ目が覚えてくれなくて、単語を見てしまうとor をo〜 と言い、ar をa〜 と言ってしまいます。。。
練習継続します!!

Posted by ひー at 2009年02月04日 16:43
■ハルミズキさ〜ん♪
長文に最後までお付き合いくださってありがとうございま〜す♪
どっちも日本語にない音なので、「なんか変な音」に聞こえると思いますが、慣れのパワーは甚大なので、どうぞお付き合いくださいませ〜(^^)

■FP投資研究所所長さ〜ん♪
ありがとうございまーっす☆
ブログ運営者としては、音声も使えるサイトは有難くてたまらない、という感じです〜(^^)いつもありがとうございます♪

■ASAKA.YUTAKAさ〜ん♪
苦しいヒラメキでしたが馬刺しには使えませんね(汗)
>w が前につく場合だけ発音が変わる
不思議ですよね。Wの悲劇って感じですが、何か理由がわかったらまた取り上げたいと思いまーす♪

■ひーさ〜ん♪
素晴らしい☆口と舌が覚えてくれたらバッチリですね!ほんっと、いやらしいスペルですから、英語を書く時になったら worm の文字をくずして、イモムシでも描いてみましょうか(^^)
いつもありがとうございます♪
Posted by うろこ at 2009年02月04日 17:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック