2009年05月14日

動画で確認・車のパーツ名は和製英語が満載…英語で言うと?

Hi there,
みなさま、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

ご無沙汰しました。ただいま、マシンの引越し中です。
いつのまにやらパソコンはすっかり私の外付け脳みそになっているので、
引越しが終わるまで、なにごとも効率が悪いのですが、
キチンとするのがラクチンのはじまりですから、
片付いた先を楽しみにがんばりまーす(^^)

さて、ンなこたさておき…

 ■和製英語が満載の車のパーツを英語に 

ネイティブ英語スピーカーとやりとりをしはじめると、
「勉強してきたこと」と「生活英語」の違いで悩まされる事柄は多いのですが、
それに輪をかけて私たちを混乱させるのが、和製英語の存在です。

すっかり普段の生活に定着しているので、
この言葉は知っている、と、使おうとする……と
これがまた、通じないことが非常に多いのです。

カタカナ単語は元の言葉はワールドワイドなんですが、
(たとえばアルバイトは元ドイツ語、バリカンは元フランス語、とか)
日々の生活での英語浸透度を考えると、
横文字=英語だろう、と思うのは実に自然なことなので、
そこが、落とし穴になりがちです。
おまけに、よーく知っているだけに、通じないと、
ヨケイじれるんですねこれがまた。

オンタノの読者様、tibinora さんから戴いたコメントに、
「自動車の和製英語の多さ」がありましたが
(tibinora さん、ありがとうございます♪)

改めてみてみると、車関係は特に、
英語だろう!と自然に思っている日本語英語が、本当に多いですよね。

「ナンバープレート」や「ハンドル」なんて、
元の言葉をそのまま使っていそうですが、
日本人に言いやすいよう、馴染みやすいよう加工済みの言葉です。
(ナンバープレート→license plate
 車のハンドル→ steering wheel

そこで今日は、
普段、馴染んでいるからこそ、の危険を整理するために、
今日は運転までしながら、車のキーワードを説明してくれる動画を紹介します。

では、動画を見て行きましょう。

 ■車のパーツ・和製英語をを英語に(動画編) 

CapD20090513_1.jpg
↑別画面で開きます。

それぞれキーワードの英語が字幕挿入されているので、
とてもわかりやすいですね(^^)

ちなみに、Andres 君、いや、Moreno 氏、30秒あたりで
日本人にもおなじみの「メルセデス」を英語読みしています。

メ・ル・セ・デ・スではなく、Mercedes,
実際に言っている音に近く単語を加工してみると
Merce--de--s (r は舌を口中で浮かすだけ、s はガス漏れの息の音だけ)です。
ドイツ車ですから、ネイティブドイツ語スピーカーの人が聞いたら、
「英製ドイツ語」でしょうが、
英語圏の人には「ベンツ」といっても通じませんので、Merce--de--s なのだな、と
心のどこかに引っ掛けておくのも損ではありません(^^)

■横道にそれます
ちなみにこの動画に登場中の、Andres Moreno 氏。
ただひたすらに「好青年っ」な印象ですが
ベネズエラ人の彼にとっては、英語は第二言語でありまして、
政府から補助を受けている英会話学校で、自ら学んだそうです。
ええぇえぇえ、この流暢さッ。
さすが教育重視のチャベス政権ッという感じはしますが、
それはサテオキ

Andres 君は、英語を楽しく学ぶコミュニティの CEO として活躍中です。
英語が先生にとって第二言語、もしくは、
母国語が英語でも、自ら選択した言語を勉強して、
二ヶ国語以上でコミュニケーションをとれるようになった先生というのは、
「言語学習者の悩み、じれったさ」を体験されているせいか、
「そう、そこ、それが知りたいのよっ!」の、
ツボを得ている方も、多いように思います。

 ■車のパーツ・和製英語をを英語に(ドキュメント編) 

さて。
途中から、Moreno 氏が車を運転しだすと、
ちっとも前を見ないで解説ばかりするもんですから
「ンギャー、前を見なさいッ!」
「もーこの若造、見てられんッ」となりますんで(私だけか)、

心配で落ち着いてみていられない!という方、
もしくは、動画よりもドキュメントで確認されたい方は、
こちらのページをどうぞ。

CapD20090513.jpg
↑別の画面で開きます。

こういうものを無料で見られるのは、
ほんっとーーーーーうに、ありがたいことですねっ。

こちらは音が出ないので、ソレゾレの音の確認は、
オンタノでもおなじみ・無料辞書サイトの
The Free Dictionary なんかがお役にたつことでしょう(^^)
↑別画面で開きます。
アメリカ国旗で米語発音、
イギリス国旗でブリティッシュ英語発音のサンプルが聞けます。
ああ、有難い。

無料サイトをガンガン使って、
皆さんの英会話の練習が楽しいものになりますように(^^)

今回も最後までお付き合いくださってありがとうございました♪

お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑みなみなさま、本当にありがとうございまーっす!皆様の毎日に嬉しいことがたくさんありますように♪

トラックバックを有難うございます↓
しゃばなしゅば書房1号
↑ナゼかブログ管理画面でのトラックバックの承認が上手くいかず(TT)
本文に追記します、しゃばなしゅばさん、ありがとうございました。
この記事へのコメント
ども。

>s はガス漏れの息の音だけ

↑の説明が笑いのツボに嵌りました。
今度誰かに説明する時はつかおっと。
“〆(゜_゜*)フムフム

うちの仕事場には、息抜き、時間潰し用に「オックスフォード・ピクチャー・ディクショナリー」を置いてあります。
カタカナ日本語と英語の違いが見つかったりして面白いですよね。
壁にある電気の「outlet」とか、知らんかったわぁ。
Posted by 兎丸 at 2009年05月14日 09:15
うろこさん、こんにちは!
今度はPCのお引っ越しですね。
早く落ち着くといいですね。

また、興味深いサイトの紹介ありがとうございます!

>「もうこの若造見てられんッ」

私もなりました。(笑)
Posted by Nemo at 2009年05月14日 11:07
■兎丸さ〜ん♪
コメントありがとうございます♪これはこれは、ガス漏れの音が笑いのツボに入ったようで私は非常に嬉しいデス(^^)ジャンジャン使ってくださいませっ。オックスフォード・ピクチャー・ディクショナリーが職場にあるのですか!(羨)ちょっと値段が張りますが、すごく楽しくて、かつ、便利ですよね。電気系統も、和製英語多いですもんね!ダイスキな一冊です。

■Nemoさ〜ん♪
旧マシンは、新品だったのにずーっと動作が落ち着かなくて嫌いだったのですが、2年ほどでいよいよコピー&ペーストが出来なくなって、しかも、しょっちゅう、「おおおおおおおおおお」とかキーボードが暴走するようになっちゃったんですよ(号泣
今度のマシンとは末永くやっていきたいと思います♪
>私もなりました。(笑)
やっぱりNemoさんも、ですか?エヘヘ
Posted by うろこ at 2009年05月14日 14:31
こんにちは。
生活に密着した英語は
日本では、なかなか
学ぶ機会が少ないです。
やはり、勉強というか
学問の感覚ですから。
やはり、言葉は生活と
結びつけて学ぶべきですね。
今日も、ありがとうございます。
応援します。
Posted by 開運塾塾長 at 2009年05月14日 15:26
うろこさん、初めまして!

時々、のぞかせていただいておりました。今日は、「B」と「V」の発音をやってみました〜・・・違いが全くわかりませんでした。

ところで、以前通っていた英語教室のサイトに質問に答えて、その声を録音して聞くことができるページがありました。

オンラインで無料でここまでできるのは、なかなかなかったかなぁ・・・と思います。ヘッド・セットがある方、試してみてください。

くれぐれも「Submit」は、クリックしないように、先生のPCに録音されるようです。

http://ses-kisakata.com/conversation/community_classes.html

ご迷惑なら、削除してくださいね。
Posted by asimana at 2009年05月14日 16:21
■開運塾塾長 さ〜ん♪
いつも応援ありがとうございます☆おっしゃるとおり、学問と日常生活で使う言葉は、分野が違いますもんね(日本語でも…)。難しい言葉を勉強してきたのに、なぜ簡単な英語が通じないんだろう!というショックを受けがちですが、実は慣れていないだけ…ということで、簡単な言葉もたっぷり紹介していきたいと思います(^^)

■asimana さ〜ん♪
初めまして!「B」と「V」の発音練習をしてみてくださったんですね!ありがとうございます(^^)私も最初はゼンゼンわかりませんでしたよ!違いが聞き取れるようになるには、繰り返し練習と休憩(練習したことを熟成させるというか)が必用なので、何度でもチャレンジして戴ければ嬉しいデス!
それから、便利なサイトのご紹介ありがとうございます!早速遊びに行ってみたいと思います(^^)
Posted by うろこ at 2009年05月15日 00:40
ちょっとイケメンの彼だけど、やっぱり前を向いて運転して欲しいですw

我が家は、夫が大の車好きで子供をその血を引いております。
時々男連中で、意味不明なことを話しています(ーー;)
それにしても、和製英語多すぎですよね。
後のことを考えて、あんまりアレンジして欲しくなかったなぁー。
Posted by ハルミズキ at 2009年05月16日 15:48
Looong time no see, Urokosan♪
うろこさん、ほんっとに、お久しぶりでございますヽ(´▽`)/
実は、またまた家族の体調が悪くて…!
今回はお姑さんの体調が悪く、私生まれて始めての“The お嫁さん!”をしてきました。そのストレスのせいか(?)右側の頭と顔と耳周りにできる帯状疱疹になってしまって。
去年の夏は母の手術・去年の冬は私の入院・今年の年始にお姑さんの手術と、今現在の体調不良・次は妹が夏に手術の予定なんですが、私の厄年のせいなのか(?)悪いコトだらけです…。
と、おしゃべりが長くなりましたがちょっとストレスがたまってきたところで、オンタノでストレス解消です♪♪♪
Andres Moreno 氏、運転中ず〜っとカメラみてますよね(笑)ホントに危ない危ない、見てられない!!
でもこうやってみると私たちが使っているのって和製英語だらけなんですね〜。
license plate はなんとなく予想つきますが、steering wheel なんて予想もつきませんでした(*/∇\*)
絶対“はんどる!”だと思ってましたもん!
車のことなんて、こうやってオンタノの記事にならなかったら知らずにいましたね、私(*/∇\*)
これから見ていない記事にもお邪魔してきま〜す♪

Posted by ひー at 2009年05月16日 18:14
車のドアの取っ手って、door handle っていうんですか。うーむ、まだまだ知らないことばかりですな。
Posted by ASAKA.YUTAKA at 2009年05月16日 22:29
■ハルミズキさ〜ん♪
まったくこの若造は!って感じで、無事なのはわかっているのに直視できない私です(汗
>あんまりアレンジして欲しくなかった
同感です〜。英語っぽい響きじゃなくて、いっそ、純粋な日本語だったら紛らわしさが減るんですけれど、もはや罠ですよね。
お父さんと息子さんが男同士の会話!いいですねー♪どうしても趣味が分かれること、多いですもんね。

■ひーさーん♪
それはそれは、大変でしたね、The お嫁さんはお疲れになったでしょう…!私も昔ストレスで帯状疱疹に苦しみましたが、早く良くなりますように!!グワシッ(とりあえずハグ)妹さんも手術の予定なんですか。どうぞお大事になさってくださいね、今のうちに栄養と体力をつけていただいて…!ひーさんもご家族も、イッキに厄落としをされている感じでしょうかね?どうぞ、毎日少しでもノンビリ楽しくすごせる時間がみつかりますように(^^)
オンタノでストレス解消だなんて、ホントに有難うございます!ハグ again!! 

■ASAKA.YUTAKAさ〜ん♪
ありがとうございます♪身近なものほど、あらためて名前を聞かれるとアレ?ってなること、多いですよね。発音矯正をしていても、実に簡単な言葉に知らずに癖がついていたりして驚きます…☆
Posted by うろこ at 2009年05月17日 10:21
そうなんですよね、車。和製英語が多いのですよね。トランクなんですが、オーストラリアでは『ブート』ですよ。イギリス英語ですね。

それにしてもAndres 君、英語が第二外国語なんですか?いやあ、聞きやすい英語。しかもイケメンだし♪(って、これは違うか。。。)
Posted by kazraasch at 2009年05月18日 18:34
うろこさん、こんばんは。(^^)/

おっ!(゚o゚)カタカナイングリッシュ特集、いいですね!(^^)v
これ、書き出すと、本当にきりがないくらいありますよね。(^^;
良かったら、ガンガンやっちゃってくださいね。(^^)

さて、もう10年以上前の古い話しなのですが、確かライトハウス中辞典で、

rear view mirror

とすべきところを、

back mirror

とやってしまい、物議をかもしたことがありました。
あの大御所でもそんなことがあるんですから、和製英語、英語学習者にとって、本当におそるべしです。
(-"-;)ウーン
Posted by Super源さん at 2009年05月18日 21:45
■kazraaschさ〜ん♪
イギリス英語とアメリカ英語の違いもたっぷり入ってますよね、車英語って。車には欠かせぬ petrol と gasoline とかも、違いますもんね。
>しかもイケメンだし♪(って、これは違うか。。←アハハハ、だんな様もイケメンのkazraaschさ〜ん。でも私もAndres君を見て「お・イケメン」と思いました←目指せ森光子

■Super源さ〜〜ん♪
源さんの「語源加工」に大喜びしたうろこです(^^)
おおっ!ライトハウス中辞典までも、昔そんなことを…!和製英語というのは、す〜〜っかり普通の言葉として馴染んでしまっているので、その分、危険がイッパイですよね。えー和製英語だったの、ハズカシー!な体験は山のようにあるので(TT)いっぱいお届けしていきたいと思いま〜す♪
Posted by うろこ at 2009年05月19日 13:02
私のコメント参考にしてもらい嬉しく思います。もう一つ英語の単語に日本人は抵抗があると思います。dinnerなんて贅沢な食事はとってないのでやっぱりsupperのほうがしっくりします。ちなみに私はヴェジタリアンなので野菜サラダのみ。もう一つ女性にはなじみのdress結婚式のお呼ばれならいいけれど、通常はonepieceつまり一片これじゃ通じないですね。manshionも元々は豪邸、日本ではアパートよりちょっといい部屋。億ションなんて造語もあり笑ってしまいます。
 今日もフィリピンのお気に入りKristyにレッスンをしてもらいます。一日の中で最も楽しい時間です。これはrarejobという会社のもので毎日25分で月にたった5千円。直接会えば一時間でこれだけとられるので英会話としては日本一安いとか。skypeを使うのですが、フィリピーナはいくらもらっているのか気になります。
Posted by tibinora at 2009年05月19日 22:24
■tibinoraさ〜ん♪
いえいえ、こちらこそ貴重なコメントありがとうございました(^^)私も毎晩supperです(笑 肉は滅多に食べませんが船乗りが相棒なのでお魚はよく戴きます…って話がズレていきますが、実際、「マンション」が和製英語とは知らず、えらい恥をかきました記憶があります(^^;億ションくらいになると、日本語ね、ってわかるので返って危険は減るかしら?
rarejob は人気が高いようですね!それはずいぶん安く英語を使えるんですね。円は現地通貨に比べて高いでしょうから、先生たちも還元されていると良いですね。
Posted by うろこ at 2009年05月20日 14:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

楽しく学ぶドイツ語
Excerpt: 楽しく学ぶドイツ語
Weblog: しゃばなしゅば書房1号
Tracked: 2009-06-05 14:40