2011年06月10日

英語圏の人向けに作られた速読練習サービス

Hi there,
みなさま、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話上達、略してオンタノの管理人うろこです。

今日はいきなり本題に(珍しっ

 ■ TweetspeakEnglish の Nate 先生からご紹介の Speeder

今日は、日本で英語講師をされているネイティブ英語スピーカの Nate 先生のページから、面白そうなオンラインサービスを紹介します。

その名も "Speeder"
CapD20110609_3.jpg
(↑クリックすると別ウィンドウで開きます)

このサイト、英語圏の人たちのための早読み練習用サイトです。

使い方はカンタン。読みたい英文テキストを、枠内にコピペします。
Spreed! のボタンをクリックすると、
単語ごとにダラダラ流しソーメン状態で表示してくれます。
ルパン三世のタイトルの英語版みた〜い。ディドディリディ〜ン(効果音を文字にできましぇんでした。無念)

ズダダダと英語の語順で流れていきますので、
ナニが何でも英語の語順で考えていかねばなりません。
生英語での会話と同じ条件で、
日本語として整えるよう、並び替えているヒマなしです。脳に汗っ(物理的に無理ですけれど)

CapD20110609.jpg

デフォルトは、300words/min となっています。
これは、英語圏のゆっくり読む人の平均速度とか。
設定は読み込み中の画面に出てくるバーの右端、setting で変更できます。
CapD20110609_2.jpg

英語圏の人向け、つまり英語が母国語の人向けに、
制限時間を設けてダダダと読む練習を繰り返して早く読む練習を、という趣旨のようです。

読み物が見つからない? そんな時には
人気ブログランキングでお好みのものを探すのもヨイかもしれません。

Top 15 Most Popular Blogs | March 2016
http://www.ebizmba.com/articles/blogs

The 16 Best Book Blogs to Read in 2016
https://www.scribendi.com/advice/best_book_blogs_2015.en.html

英語圏の人に人気のブログで、会話ネタの収集にも。

■時間制限のメリット
・英語の語順のまま、どんどん理解していくクセがつく
時間制限があるおかげで、ギャー!という実感が迫り、
英語の語順のまま理解する良い練習になるはずです。

*大人にとっては、既に蓄えている母国語の知識は大いなる味方です。
味方なんですが、日本語と英語は文章の構造が違うので
学校英語で教わったとおり、
「英語を、日本語としてきれいに整形して考えるクセ」がついていると、
文章の初め部分から途中部分へ飛んで、
またまた少し戻って……と、どえらい時間がかかります。
途中で、コレは関係代名詞だから、えーっと、と、研究モードに入ってしまうことも。
↑これをやると、ナマ会話の流れから確実に取り残されます。

おまけに英語圏の人との会話や、英語圏の街中を移動中などは
このクセがついていると、パパッと理解できないので、
どえらい苦労も強いられがち。

頭の中で二つの言語を行き来しているうちに、
目の前を会話のネタが流しソーメンのごとく、
ザーっと流れていってしまう、という悲しく寂しい思いもします。

そこで日本語としての見栄えは捨てて、
英語の語順どおりに情報のポイントをおさえる、
…という目的を達成することに集中しやすくなると思います(^^)

関連記事のこちらもどうぞ→
リスニング上達のブレーキをはずそう!>語順の違いを理解する
「英語を日本語として整形せずに理解するクセを」



 ■ 英語を英語の語順で…

学校では、英語は日本語で説明できてナンボ、でしたが、これは、
「目の前の英語を理解し、その内容を(日本語しかわからない人がわかるように)説明をする」というどえらい大変な訓練です。
実はこれって、プロの翻訳・通訳のお仕事の入門訓練。

実際の生活では、「日本語で説明? ンなヒマありゃしませんがな!」が現実です。
「英語を使う」と考えれば、相手も英語を共通語とする御仁ですんで
日本語として整形することも、相手に日本語でわかってもらうことも必要ありません。
そのかわり、「相手の意見を聞いて、自分の意見をまとめて反応する」という作業が
常にセットでくっついてきます。

プロの通訳・翻訳の人たちとは違う世界、ともいえますね。

日本の学校英語はかなり高度なことを教え・求めてくれたのですが、
どうしても「教科」として研究対象になっているので、
自然な表現、英語圏の中で暮らしていくには、
とにかく相手に伝えることが優先、という観点は薄いように思います。

私はPhraseMix.com の日本語サポートをつけていますが、
学校で習ったとおりに、英和辞典を駆使して訳語をそのままつけていくと、
な〜んだか、どっかしら堅苦しい表現になって、ニュアンスが変わってしまいます。

そのため、英和辞典はほとんど使いませんで、
その代わり、英英辞典(意味理解)→広辞苑(日本語での意味、間違えて覚えていないか確認)と、
英語類語辞典+日本語類語辞典でシックリくる表現を探す、というステップを踏んでいます。
それだけ時間をとれる贅沢、とも言えます。
自分の意見をまとめて反応する、という作業がないからこそ、できることかもしれません。

日常では、話しかけた人はコチラの反応を待っているわけですから、
相手の話を理解して、自分の考えをまとめて、しかも異国語で反応するというのは
重労働、しかも相手を待たせている、のプレッシャーも加わります。

なので、「わかる」(日常生活を進めていく)ということと、
「説明できる」ということはまた別モノなのだ、と納得してしまった方が負担が軽くなります。
(翻訳・通訳を目指している方、試験を控えている方は別として、ですけれどね)

今回も最後までお付き合いくださってありがとうございました♪
皆様の毎日に嬉しいことがたくさんありますように☆
この記事へのコメント
こんにちは〜!
ダーリン様とのラブラブな毎日がまだ続いていらっしゃって何よりですね!
我が家では、エクトプリズムが出続けるとだんだん私の機嫌が悪くなるのですが・・・(^^;) 仲良きことはうるわしきかな、ですね。

ところで、上記のサイト拝見しますたが、衰えた反射神経を刺激されるようですた・・・orz
瞬間ごとに単語を捕らえるのって難しい〜〜〜(><)

ということで、まだまだ精進が足りませんのですた。。。
Posted by ペンギン村のペンちゃん at 2011年06月10日 11:01
おお、一発満点で合格とはすばらしいですね、相棒様。まさにプロ。今もマグロですか?もしかして、deadliest catch(ディスカバリー)のようなことをされてたりして?

何事も量稽古&慣れは必要ですよね。読むというのも集中力が必要。映画のサブタイトルなんかも結構早くて大変ですよね!
Posted by kazraasch at 2011年06月10日 15:11
■ペンギン村のペンちゃんさ〜ん♪
ありがとうございます〜〜(TT)独り言さえもぜーんぶダダ漏れで超大声でしゃべるので、頭がツネにぐわんぐわんしているのですよ。普通の人の声がMS明朝8ポイントくらいとすると、船乗りで耳が悪くなった相棒は勘亭流42ポイントはありますからねぇ…。
単語ごとに出されると、かえって難しいですよね。ルパン3世のイントロみたい(古いか…)私はグワッと文章全体を見てピックアップする読み方がクセになっているので、単語ごとに出されると目が疲れます〜老眼鏡のドが上がってしまふ(><)

■kazraasch さ〜ん♪
kazraaschさ〜ぁん!覚えていてくださったんですね、そうなんです、今もマグロなんですよ。deadliest catch に出ていたアラスカのカニ船には、昔乗っていたそうです…カニが顔にあたって、前歯が全部義歯になっちゃった、というツワモノなのですよ。
ベーリング海のカニ漁にくらべれば、マグロ漁船はラクチンなんだそうです。なんだか基準が陸地の標準と違うんですよね(^^;
量稽古は、かなりの効果がありますよね!ほんと「読む」のは集中力が必要ですよね。
工事中で迂回路を示すのが電光掲示板みたいなやつで、これがまた慣れぬ道の名前がどんどんパパパと動いていっちゃうので動体視力を強化せねば…!のこのごろです。
Posted by うろこ at 2011年06月11日 05:38
旦那さんの、一発合格おめでとうございますヽ(^o^)丿ヽ(^o^)丿
まさにまさに、天職なんですね。

私の夢を見てくださるなんて、嬉しいなぁ♪
演習の方が、一つの山場を越えました!
いつもは8分の演習なんですが、初級の仕上げで45分の演習授業をしました。
何とか終わり、ほっ、です。
後は、終了試験の8分演習とレポート2つです。
スムーズにいけば、7月からは中上級者を対象とした演習に入ります。
途中、へたっておりましたが、うろこさんの励ましのお陰でがんばれました。
ありがとうです(*^_^*)

夢が正夢になるといいなと、切に思ってます・・・。
Posted by ハルミズキ at 2011年06月13日 18:36
■ハルミズキさ〜ん♪
わあ、45分の演習!お疲れ様でしたぁ〜!!演習って、プレッシャーが高くて大変ですよね!!ぎうぅうぅうぅ(ハグ)
なにもかも、ハルミズキさんのがんばりの結晶ですよう〜!たっぷり、「ホッ」を味わってくださいませね♪
中上級者向けにも、今後進まれる予定なんですね!日本語を学んでいる方々にとって、福音ですね(^^)楽しみつつがんばってくださいね、遠くの空から応援しておりまーっす♪

そうなんです、毎回満点なので、まさに天職!というカンジですよね。いつも、カンペキ以上を望んでいる人なので、模試で一つでも間違えたり、即答できずに「ん?」と思うことがあると、その分ものすごいショックを受けてしまうようなんですよ(^^;
Posted by うろこ at 2011年06月14日 15:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック