2012年09月30日

チョッピリ勝手が違う、英語の新聞見出し(Headlines)の文法とボキャブラリをチェック

Hi there,
みなさま、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話上達、略してオンタノの管理人うろこです。

 ■ちょっぴり変わり者・英語新聞の見出しのクセ 

今日は、英字新聞の見出し(headlines)ってワケワカメなんですが? というご質問をいただきましたので、
取り上げてみたいと思います。

ハイ。新聞の見出しって、日本語でもちょっぴり特殊な言い回しですよね。(私はその昔、日経新聞の読み方、みたいな本で母国語の新聞を読みこなす勉強が必要な若者でしたが)
英語の新聞もまた同じ、かつ、文法も、新聞見出し専門の特別用法が活躍します。

なにしろ限られたスペースにおいて、本文まで読者をビシッと導くのが新聞の見出しの役目、
「短い表現で、ズバっと注意をひきつける」が使命であります。
この命題のために、新聞の見出しを書く人々はずいぶん苦労をしているのであります(そして、英語を第二言語として学ぶ人間もこの苦労に巻き込まれるっ)。

「雪に埋もれる長野の旅館、美人OL3人組が見たものは!湯煙の向こうに真実が見え隠れ・これぞ真のサスペンス!」みたいな火曜サスペンス劇場の副題のようにはイカンのです。(って、まだやってます?)

なにはともあれ、
1)見出しに使われる文法はちょっと特別なんだと認識する
2)その特徴を知ってしまう
という付き合い方をすれば、コツがつかめて慣れるのも早くなりますので
今日は、英語の新聞の見出し(headlines)に使われる特徴を見ていきます。

いざいざ・新聞見出し流をバ、分解してまいりましょうッ!


■とにかく省く
書かなくてもわかるだろう、本文を読めばわかるだろう、ということはとことん省くのが英字新聞の見出しです。
・名詞を並べただけ(動詞を省いた状態)の表現方法を好んで使う
・冠詞は省かれる
・be 動詞も省かれる

例)
 → CAR FACTORY PAY CUT ROW
   (ROW (disagreement) about a CUT (reduction) in PAY at a CAR FACTORY)
 → MORE POWER CUTS
   (There are/will be MORE POWER CUTS)
 → TERROR ALERT IN CAPITAL
   (There is/was a TERROR ALERT IN the CAPITAL)

こんな風に、省かれている部分を小文字で推測して表現してみると、上記のとおりやたら省かれているのが一目瞭然ですね。

そして、be 動詞が省かれてしまうユエに
〜された、を表現する受動態が、単なる過去形表現になります。
え? するってぇと、過去表現はどうなるの?
ですよねーっ。疑問が疑問を呼ぶのは至極当然。
では、次は時間軸についてのクセを説明してまいります!


■時間軸も、特殊な表現
・現在形→すでに起きたことを表現
・過去形→受動態で表現したいできごとを扱っている
・現在進行形→何かが変化しつつあるという表現
・to + 動詞の原形はこれからの話を表現


・新聞見出しの過去形表示は実は be 動詞が省かれた受動態の表現です
例)
 → BOY FOUND SAFE
(The missing BOY has been FOUND SAFE)

・既に起きた案件は、シンプルに現在形で書かれちゃいます。
例)
 → BLIND GIRL CLIMBS EVEREST
  (BLIND GIRL has climbed EVEREST.)


・現在進行中の案件だって、シンプルに現在形で表現。
例)
 → PROFESSORS PROTESTS PAY CUTS
(PROFESSORS are protesting PAY CUTS)

・「今、変化しつつある」という案件は、現在進行形 〜ing で表現されます。(be 動詞はここでもすっ飛びます)
例)
 → TRADE FIGURES IMPROVING
 → (TRADE FIGURES are IMPROVING)

・予定のことは、to + 動詞の原形で表現
例)
 → PRESIDENT TO VISIT AUSTRALIA
 → The PRESIDENT is going to VISIT AUSTRALIA.

時間がネジレル〜、という感じですが新聞の見出しでは
・現在形→すでに起きたこと、現在進行中のことを表現
・過去形→受動態で表現したいできごとを扱っている
・現在進行形→何かが変化しつつあるという表現
・to + 同士の原形はこれからの話を表現

……という時間軸と見出し表現の熱い関係になっています。
やめてんか。というお声が聞こえてきそうですが、同感です。ハイ。
とにかく本文を読んでみてチョ、と叫んでいるような表現方法ですね。


【整理】ちょっと比べてみましょうか。
BOY FOUND SAFE
過去形なので、あ、受動態で be 動詞がすっ飛ばされているな、という感じで考えていくと
→ (The missing BOY has been FOUND SAFE)
行方不明だった少年は無事見つけられた

BOY FINDS SAFE
現在形なので、既に起きたことか今起きていることが書かれているな。でも find という単語だから、今見つけてつつあるってこたぁなかろう……、と考えていくと
→ (A BOY has found a SAFE)
少年が金庫を見つけた

とまあ、こんな風に新聞見出しは読み手の脳にヒントだけを与えるスフィンクス、と割り切ってつきあいましょう。


■新聞見出し用語ボキャブラリ
すごく良く知っている単語でも、新聞見出し流に使われると「むむ、普段の君とはチと違う」となるものも多いのです。・短くて注目を引くような単語を使う・一般的でない使われ方もする
どんなものがあるか、ちょろっとあげてみますね。

CHOP: abolition, closure
KODAK TO CHOP ANOTHER 1000 JOBS
chop は解雇も意味するので、あらっ。コダックが大変なことに。
(to cut で、あ、これからのことを話しているんだな、と感じていただけました?)

CLASH: quarrel, finght
 STUDENTS CLASH WITH POLICE
 学生が警官と衝突

DRIVE: united effort
DRIVE TO SAVE WATER
節水を(組織的に)推進

FOIL: prevent from being successful
 POLICE FOIL BANK ROBBERY
 警察が銀行強盗を阻止

新聞の見出し表現でよく使われるもののリストは、こちらにあります(英文)
http://www.perfectyourenglish.com/writing/newspaper-headlines-vocabulary.htm


テストではないので、もちろん、リストのものを全部覚える必要はありません。
むしろ、新聞の見出しを見て「なんだこりゃ」と思ったら、普通の辞書よりも上記のリストを使うほうがピッタリの意味を探しやすい、そんな感覚で利用されるとよろしいかと(^^)
(語学とのつきあいは底無しなので、出会う頻度を元に単語・言い回しを覚えていく方が効率的です)

というわけで、新聞見出しは特殊な書かれ方をしているので
なんだそりゃ?と思われても心配ありませんよ(^^)
読みこなしたい場合は、コツはこんな感じですよ……というお話でした。

さっそく英字新聞読んでみたい! と思われた方はコチラがお薦め:
BreakingNewsEnglishcom.jpg
(クリックすると別ウィンドウで開きます)
なーんと無料でもんのすごい分量のニュースを、勉強教材にしてくださっています。
なんと、リスニング練習もできちゃうのですよ。
日本語での使い方・使用例はコチラを: http://easykaiwa.seesaa.net/article/196394865.html


さて

ここまで書いといて何を言うかと叱られそうですが
実は私、暗いニュースが好きじゃありません。

どーもマスコミの方々の「話題になってナンボ」方針によって、ゴテゴテと煽られた感じの報道に触れるのが苦手といいますか。
ただでさえ大変な事実を煽って、さらにセンセーショナルにせんでもよかろう、淡々と事実を伝えてくれぃ、という思いが重くのしかかるのです。

というわけで、私の好みはコチラ↓
ハッピーな話題だけを集めたニュース(^^):
http://www.happynews.com/
こちらは、気楽に読めます(^^)

参考:Practical English Usage Michael Swan, TEFL Grammar Adviser, Understanding Newspaper Headlines: http://esl.about.com/od/intermediatereading/a/newsheadlines.htm

今回も最後までお付き合いくださってありがとうございました♪
posted by うろこ on 2012/09/30 | Comment(14) | TrackBack(0) | 楽しい英会話マスター方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うろこさん、こんばんは〜(^。^)
英字新聞を、読もうとすら思ったことがないわたくしですたが。。。
その昔、えー語のできるおじさまたちと仕事をしていたころ、私が日本の新聞の号外を持っていたら(表が日本語、裏が英語)「○○○のこと、なんていう単語で表現してる?」と言いながら新聞をチラ見なさいますたよ。。。
ということを思い出しますた!

東京は、ただいま台風のまっただ中なので、風の音がすごい。。。(--;)
ようやく秋の気配ですよ〜(^^)v
Posted by ペンギン村のペンちゃん at 2012年10月01日 00:52
■ペンギン村のペンちゃんさ〜ん♪
こんばんは〜(^^)
台風、だいじょうぶですか? 地震もあったようですが(><)←どっちかにして
私も新聞は言語を問わず、サラリと目を通して終わりです。何もできぬ外野がンなこと知ってどうする、みたいな三面記事は特につらい。
そうだ、日本にはデイリーヨミウリみたいな、日英の新聞がありますね!
興味のある方には、実際の記事で比べてみていくのが一番早道……おじさまたち、効率の良い調べ方をされていたのですね♪
台風の被害がひどくならないことを祈っておりますよー!
たっぷり眠って冬に備えましょう♪ (満月近辺って眠れない……の、うろこより)
Posted by うろこ at 2012年10月01日 13:16
>実は私、暗いニュースが好きじゃありません。

↑ほんとですよね〜。でもって、どちらか一方に偏った内容だったり、誇張していたり・・・どちらの会社も100%信用してはいけませんな。残念ながら。。。

ハッピーなニュースだけ集めた番組とか新聞、いいですね!大賛成!

・・・
ご存知のとおり、うちの周りも朝が早いですけど、それでも空くのは8時ですかね。。。夕方も正確にしまります(笑)慣れるまではムムム・・でしたが、でも、このおかげで、家族みんながいっしょに夕食を取れるので、これが健全な姿ですね。
Posted by kazraasch at 2012年10月05日 15:05
■kazraasch さ〜ん♪
>どちらの会社も100%信用してはいけませんな。残念ながら。。。
まったくです。自分の頭で判断したいので、余分な飾りつけはせずに事実は淡々と伝えてほしい。
結局何があっても、「じゃ、自分は何ができるんだ?」という現実問題は避けられませんからね。
そんな中、ほんっとハッピーなニュースだけ集めたサイトや番組・新聞は大歓迎ですよね。「おお、人間、動物、自然、やるじゃん!」みたいな報道求ム(^^)

お、オーストラリアも朝早し、ですね(^^) 夕方、正確な店じまいの様子はよっくわかります!(力が入ってしまう)
でもみんなでそろって夕飯を食べられるこの環境って、ステキと思います(^^)ビバ☆
Posted by うろこ at 2012年10月06日 01:54
うろこさん、お久しぶりです。

当方が毎日出勤する途上にある散髪屋さんは、朝6時半前には開いています。しかもお客さんがいて営業中。こちらはまだ真っ暗な時間帯です。大変な朝型社会です。え、なんで知っているかって?毎朝4時半に起きて出勤しているからです。大変な朝型社会よりの報告です。
Posted by いちろう at 2012年10月06日 09:11
■いちろうさ〜ん♪
4時半に起きて出勤!早いですねえ、それは!!マグロ漁船なみですよ(^^) 夏以外はきっと、暗い時間の出勤ですね!

帰りや店が閉まるのが早い分、アメリカは始まりも早いですよね。スポーツジムなんかも、朝6時にはすでにトレッドミルの上で汗だくの人がいっぱいいますし(あんまり低血圧の人と会ったことがないような……)。
Posted by うろこ at 2012年10月06日 13:08
前回は、本題に関係ないコメントですみません。

新聞見出しでもう一つ面白いのは、言葉遊びですよね。限られたスペースで意味を伝えるので、ご指摘の方法があるのに加えもう一つひねって言葉遊びをしていますね。”Strongest Strong’s team”というのが見出しで踊っていました。これは今季好調の地元大学のFootballチームの活躍を報じたもの。監督がCharlie Strongという人ですが、それに引っ掛けたものです。

日本語で言うと「こんだ(今度は)ほんだィ(本題)ですよ」みたいなものでしょうか。えっ”Comment Claim Blamed”と見出しがつきそうですって?
Posted by いちろう at 2012年10月07日 10:57
■いちろうさ〜ん♪
いえいえ、とんでもない、コメントはおしゃべり欄ですので何でも大歓迎で〜す(^^)

>新聞見出しでもう一つ面白いのは、言葉遊び
あ、そうですね!
映画やテレビ番組の題名をもじってみて題名に使ったり(題名を知らないと何が何だか)

監督のラストネームが Strong だと新聞記者も題名で楽しめちゃいますね!

>”Comment Claim Blamed”
うまいっ!!!
んが〜長考したにもかかわらず、いちろうさんのことば遊びに対抗できる見出しっぽいものが浮かびませんっ(TT)く、く、くやちーッ!!(地団駄)
白旗スルスル………出直してまいりますっ


Posted by うろこ at 2012年10月07日 13:34
こんにちは。
早起き社会、私にぴったりです。歯医者さんの話、ぜひ今度書いて下さい(笑)
新聞の見出しについて、いいですね〜
うちはごく最近新聞止めました。ローカル新聞なので大したことは記事は載っていないんですが、ちょっと共和党よりの気が。。。
>煽られた感じの報道に触れるのが苦手といいますか。
多くのアメリカ人は乗せられやすい気がします。一緒になって煽る人も多いです。その点、アメリカに住んでる日本人でニュースをきちんと読んでる人は真相を読もうとします。
今、ちょっとファミリーエマジェンシーが落ち着いたところなんですが、こちらにいると何かあるごとにたくましく(体じゃなくて心が^^)なっていきますよね。
Posted by あすか at 2012年10月13日 07:36
■あすかさ〜ん♪
まあ!ファミリーエマージェンシーが落ち着かれたところとのこと、まずは、何よりでした!……ほんと、とことん鍛えられますよねっ(そう、そして鍛えられるのは精神面、という納得)。

マスコミの中には偏りを誇りにしているような、わかりやす〜いところもあれば、読者/視聴者に気づかせず取り込むという老獪なところもあるので、情報のソースを選ぶことも必要ですね(^^)

歯医者さんの話、いつかアップロードしたい思いますっ(実は下書きしたものの、長すぎてビビってしまい、やめたという……)
かいつまんで見ると、歯医者のオフィスに到着してソファに座ったら、目の前にいきなりひざまづいたオッサンがワタシの担当医で、天使の置物を握らせてくれ「これ、ギフトだよ。みんな、天使が必要な世の中だからね」(TT)な、な、な、なんなんだーっ!と開いた口がふさがらないうちに検査・掃除完了という感じでした。ハハハ、あらすじ書いちゃった。
Posted by うろこ at 2012年10月13日 11:47
>情報のソースを選ぶことも必要ですね(^^)
そうですね。先日、アメリカの米に砒素が検出されたというニュースを見ましたが基準値も定かでなく、どの米を指しているのかもわからず、米に聞くしかないですね(笑)

>ワタシの担当医で、天使の置物を握らせてくれ

担当医、変えるべきです。。
小児科医ならまだしも。
きっと、歯医者だから神合わせ(噛み合わせ)たかったのです。(←読まなかったことにして下さい)
Posted by あすか at 2012年10月18日 14:31
■あすかさ〜ん♪
>歯医者だから神合わせ(噛み合わせ)たかったのです
ワッハッハッハッハッハッハ(至福)
ラヴ。

今のところ虫歯はなくって、歯科衛生士さんはテキパキ女性なのでダイジョブです♪
このセンセ、歯科衛生士さんが掃除している間中、ずっとイスの横にへばりついてしゃべっていらっしゃいました…… 歯科衛生士さん、ビシッとシカトして、身頭滅却すれば……状態でしたよ。お気の毒(^^;
Posted by うろこ at 2012年10月19日 13:08
うっ、優しいコメント。。(嬉泣)
私の歯医者さんはすごく優しくて、痛かったら手を挙げてというのですが、痛くないんですよね。先生の愛娘が日本に旅行するときに色々質問攻めにあって以来、先生とはよく雑談しますし、歯科衛生士さんとも仲良しです。
日本では、患者さんと雑談ってあまりしないような気がしたんですが、どうなんでしょうね?
Posted by あすか at 2012年10月21日 08:05
■あすかさ〜ん♪
いやはや、お見事なダジャレでした!
私も日本の歯医者で雑談した覚えは無いですねぇ……。痛かったら手をあげて、と言われて手をあげたら叱られた、という記憶があるくらいですか。
でも、日本で最後に歯医者に行ったのは、かれこれ10年前ですからなぁ……。
技術は超最先端ッって感じはしますが、雑談はしなさそう……。
アメリカ人ってレジで並んでいるだけでもおしゃべり始める人が多いし、沈黙に耐えられない人が多そうですよ(^^
Posted by うろこ at 2012年10月21日 09:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294876506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック