2012年11月11日

英会話・スピーキング上達へのポジティブステップ(管理人による動画解説)

Hi there,
みなさま、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話上達、略してオンタノの管理人うろこ・こと、ヨーク水砂子です。

comic-style English Phrase Book
『ステキな外国人に恋したら、英語がペラペラになりました。』(総合法令出版)

おかげさまで、好評発売中です!

みなさま、たくさんの応援をありがとうございます!
ブログコメント、ツイッター経由、メール、
お祝い、応援、感想、激励、あの本屋で見たよ、あそこでも売っていたよ、
暖かいお心遣い&こ〜んなにたくさん、お声をかけていただけるとは夢のようです(TT)
うれしくて泣いてしまうのはしあわせなことですっ。

懐の深い読者様に恵まれて、私はほんっとにウレシイです!!
ありがとうございまあぁあぁっす!!!

ただいま、たくさんのみなさまから頂戴した、
マンガキャラクターの人気度、
みなさまの英語の興味部分(途中経過)を集計中です。
ああ、うれしいなあ、ありがとうございます!
集計ができたら、本ブログにてお知らせしますね☆

引き続き、みなさまのお役にたてる情報をいろんな方法でお伝えしていきますっ(片手は腰、もう片手はグーにて空ッ)!


 ■スピーキングスキルについてのおしゃべり動画 

さて! 冒頭でお伝えしたとおり、
皆さまに応援していただき、
『ステキな外国人に恋したら、英語がペラペラになりました。』の書籍があちこちの大型書店で
なーんと平積みをして置いていただいている、と、いうお知らせをたくさんいただいています。
信じられないほど輝かしいデビューッ!
ありがとうございます!!

また、ブログでこんなことやってほしい、というリクエストにもさらに加速が。
こちらも加速してお応えしていけるよう頑張ります!

そこで今回は、第一弾・「英語でなんかしゃべってチョ」にお応えしようとがんばりましたっ!(力んでしまう)
書くのは大好きなんですが、しゃべるのは毎回毎回、母国語でさえ汗ビッショというテイタラク・何でも慣れだとかいつものたまっている私は、慣れるまで頑張れ自分っ。

今回は、よくいただくご相談のうち、
英語をしゃべりたいけれど、どうも躊躇してしまう、というお悩みについて英語でしゃべってみました。
長いビデオは私の側の通信が想像を絶するほど遅いことがあるので、2分チョイです。
(ひどいときには、この程度のアップロードに2時間かかってしまうという遅さでごわす……がんばれインターネット!)
では、どぞ!
今回から新しいウェブカメラですっ。
このウェブカメラはマイク付きなので、さらばヘッドフォン! なのですが今ひとつ使い切っておりましぇん。
揺れるフォーカス、こもる音………… 道のりが長そうですが、がんばります。

PositiveStep from misakouroco on Vimeo.



何をしゃべっているかというと、
英語をしゃべろうと思ったら、避けて通れないのが「実際にしゃべる」というステップ。
間違いを恐れる気持ちに負けないよう、応援メッセージです。

おしゃべりに言い間違いはつきものですが、その間違いが「怖い」となりがちなのが、外国語。
これは受験英語の弊害かもしれませんが、その恐怖に負けてしゃべれないと、
いつまでたっても、スピーキングが上達しません。
このジレンマ自体が、もう苦しい。(ハイ、経験者)
でも、まあ、こんなことは今さら聞きたくないことですよね。

でもそこを頑張ってしばらく無理にでもしゃべっていると、
ある日、間違いってのは大したことないンだ、と思えるようになります。
それから、おしゃべり英語の中に間違いが含まれている、ということは、
その人にとっては英語が第二言語なのだ、母国語以外を扱っている、という証拠です。
これだけで既に、輝かしい事実なのをお忘れなく!

そもそも、相手の話し方をからかうような輩は無礼者であります。
(滅多にお目にかかりませんが、たまーに道端の石ころのごとく転がっていることも)
ンな御仁には負けず、間違いを気にせずしゃべりましょう!

たとえば日本語をうまく話さない人が、がんばって話しかけてきてくれたら、
だれもその人のことを笑ったりせず、何を伝えようとしておられるんだろうか? って考えますよね。
それこそが、コミュニケーションの真髄なんであります!

大事なのは、カンペキな英語をしゃべるってことじゃなくって、
生まれも育ちも慣習も違う人たちと、コミュニケーションをとるために努力する、っていうことなんです。

このことを踏まえて、タップリおしゃべりなさってみてください。
間違いなんか気にしなくってダイジョーブッ!
間違えるというのは、言語を使うことへの、ポジティブな一歩であります!

今回はしゃべりそびれましたが、発音アクセント(訛り)についても同じです。
人としての教養のある御仁(学歴とは一致せず)、人生経験の豊富な人、世界観の広い人ほど、
「外国語訛り=セクスィ〜」と思っておられます(^^)
なにしろ、訛りがあるのは、その人が母国語以外で奮闘する果敢な挑戦者である証拠ですから☆

英語の元の音から離れて、すっかり日本語化している音を
相手に通じやすいよう英語の音に近く戻していくのは不可欠ですが、
(ブイではなくヴィーとか、ゼットではなくズィーとか、続きはコチラの過去記事・「発音解説と練習」に記事いっぱいあります

ある程度通じるようになったら、セクシーでエキゾチックなアクセントも自分の味方にしちゃいましょう☆
忘れがちなことですが、そもそも「英語」にも、もんのすごい訛りの種類があるのです(^^)

英文スクリプトをこの下に貼り付けますが
おしゃべりことばというのは、文字にするとアラが目立ちますので
そのあたりは大目に見てくださいっ。
↑ま、ここがおしゃべりの本来の姿なのですが。

Hello there, this is Misako.

Welcome to my blog. Thank you so much for supporting my first book. I really appreciate all of your kind comments, Tweets, ReTweets, and lovely messages, I'm truly touched. It means a lot to me. So... Thank you, Thank you, Thank you.

Well. I've got some requests and this is one of them: making a video blog in English. And I'm going to talk about a little bit of English speaking skills. I hope you'll find it useful.

When it comes to speaking, It's very important to remember that a language is a means of communication. Having conversation with people is not a test that you have to pass, but you might have a fear of making mistakes. This can make you shy about speaking in English. I know the feelings, but if you don’t speak, you don’t improve your speaking skills.

I know, it's frustrating and probably not what you wanted to hear, but That's the hard truth. The good news is that once you accept it and push yourself for a while, then making mistakes won't be a big deal.

You can think of this way: when you make mistakes, It shows that you speak more than one language. That's a great thing. and, uh, if, if someone makes fun of the way you speak, that person is rude. Don't let anyone stop you. You are doing great!

I also want you to think about this: if someone who doesn't speak Japanese, but he or she is trying to communicate with you. I'm sure you wouldn't make fun of the person, but you would try to understand. Now That's communication.

It's not about speaking perfect English. It's all about making efforts to connect with people who've had very different backgrounds.

Keep it in your mind, and speak as often as you can! Don't worry about making mistakes, it's a positive step for using a language.

Well, that's all for today.
Thank you for watching.

とまあ、こんなことでした(^^)

ビジネス文書や読み書きことばは正確を要しますが、
おしゃべりことばは、間違いを気にせず、まず声を出す。
……これを第一の目標になさってみてくださいませね!

なにしろ、お楽しみはそれから、なのです(^^)

さらなる向上を目指しての努力は(私が敢えて言うまでもなく)すてきなことなのですが、
がんばる気持ちは意外にデリケート。
努力している途中に、フと恐怖心に抱きしめられて足を止めてしまわれないよう、応援メッセージでした☆

■あとがき 

さて、私はこの秋、体力の権化です。(山登り用に鍛えた体力+夏山シーズン終了+大荷物を抱えての米領サモア・北国から赤道越えの往復が少なめ=体力有り余り・ムキキキキー)
思い余って、ダンスエクササイズにチャレンジしてみました! Whoo!

とにかく、いつの時代でもこういうエクササイズプログラムが大〜好きなアメリカは、
私がいるようなド田舎でも、入り江のほとりのコミュニティセンターでたまに催し物があります。

今回、はるばる山奥までやってきたのは、ヒップホップダンス。
昔、器械体操部でピョンピョンしていたので、踊りは楽しいだろう♪ と思ったのは
ハッキリキッパリ、間違いでした。(ありゃ踊りじゃないか、と今更気づく)

もう、目もあてられぬ結果でした Yo!
小さな集落ですので、スッカリ笑いものです、 Yo! Yo! (←止まりません。だじげで)

さて、ンなこたさておき…

今回も最後までお付き合いくださってありがとうございました♪


今回、『ステキな外国人に恋したら……』の書籍を購入してくださった皆さまへ
【コミュニケーションの潤滑油・さらなる英語のサンプルフレーズプレゼント】

 ・一言サンプル(誕生日・クリスマス・おめでとう・ありがとう)
 ・元気の出る名言集
をたっぷり集めて、PDF ファイルにてプレゼントいたします。
(11月1日以降、メールでの配送です)

下記のメールフォームから、『ステキな外国人に恋したら……』の
書籍に出てくるマンガキャラクターの中で、だれが一番お気に入りか、などを教えてください(^^)

パソコンからご応募はこちら

ケータイ電話からのご応募はこちらから
♪♪ご応募、お待ちしておりまーす♪♪


comic-style English Phrase Book
『ステキな外国人に恋したら、英語がペラペラになりました。』(総合法令出版)

おかげさまで、好評発売中です!
posted by うろこ on 2012/11/11 | Comment(18) | TrackBack(0) | 楽しい英会話マスター方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 お久しぶりです。最近電車の中で英語のクロスワードパズルに再挑戦しています。初めて見る単語が殆どです。知っている単語でも別の表現がされるとなかなか出てきません。

 紅葉のシーズンなので休みはもっぱら山歩きをしています。先日は3つの山と4つの峠を縦走しました。といっても千メートル以下の低山です。距離は23kmで万歩計は28000歩でした。空気が澄んで富士山が綺麗でした。峠の茶屋で飲んだ甘酒が忘れられません。今度は30kmに挑戦する予定です。
Posted by ちびのら at 2012年11月12日 20:04
本の売れ行きは好調のようですね!これからももっとファンも増えて忙しくなりますよ〜。
私が思うのに英語を喋るとき、間違ったら恥ずかしいのもありますが、それ以前にこんなこと聞きたいけど、こんなこと話したいけど即興で文が組み立てられないから、とりあえず黙っておくみたいになるんじゃないでしょうか(笑)。
じゃあ、どうしたら素早く英文にするかというと、パターンを覚えるといいと思います。
これは文法を(SVOとか)説明するパターンとかじゃないです。返答や質問の英語パターンです。
話したくても英語が出てこないのは、インプットが足らないせいもあります。入れたら出す、出したら入れる、体もお金も英語も同じです。よね?出す機会がなければどこか英語のブログ、フォーラムで質問する、英語でフィードバックするとか、ツィッターも英語で書くとか、どうでしょうか?

Posted by あすか at 2012年11月13日 06:03
■ちびのらさ〜ん♪
おひさしぶりです(^^)
クロスワードパズルはある単語から類語を増やしていけるので、楽しみながら英語に触れるよい方法ですね。私たちは学校で英和対訳で教えられていますが、英語で意味を覚えておいた方が会話のときにも役立ちますしね。
23Km の山歩き、気持ちよかったでしょうね! 峠の茶屋も、日本ならでは。甘酒、どれほど美味しかったことでしょうか。こちらの山はもう入り口が雪なので、うらやましいです。30Km の登山になると、山で一泊するか早朝出発か、ですね。またご報告お待ちしてます(^^)

■あすかさ〜ん♪
おお、これはすてきな視点をありがとうございます!
うーん、とりあえず黙っておくか、ってのはありますね。とにかくダラダラとしゃべる人が多いので、どこで相槌うちゃいいんだい、みたいなこともありますしね。会話パターンを覚える、実に理にかなっていて名案と思います!コメント欄も情報満載のブログにしてくださって、ありがとうございます☆☆
そういうパターン集を作ったら、ご利用いただけるかしら……などと思いつつ、(こうやって宿題ばかり増えていく)
>入れたら出す、出したら入れる、体もお金も英語も同じです。
おお、名言でございますよコレは!(感動)
Posted by うろこ at 2012年11月13日 12:59
Hello! またきちゃいました。
おぉ、すごい。こんなに長い英語をしゃべってたんですね。
>そういうパターン集を作ったら、ご利用いただけるかしら……
もちろん!うろこさんしか作れないようなものを作って下さいね(←注文付)
さっき、english harmonyのrobinが英語をあまり分析しすぎるなというブログを書いてるのを見ました。うろこさんもここでも何度もおっしゃってますが、ちょっとくらい間違えても大丈夫。通じますよね?(笑)
で、彼はたとえば前置詞をどちらにするか迷ったとき、まず辞書で調べて、例文読む。それでもわからないので、googleでサーチして、あいまいなイディオムの両方入れてみてヒット数の多いを取るというのは、すでに皆さんもご承知の通りですが、私はそれ+そのサイトのパラグラフを読みますが、何かいい方法ご存じですか?

>おお、名言でございますよコレは!(感動)
そうですか?品格に欠けてません?
うろこさんはもちあげるのがお上手(笑)
Posted by あすか at 2012年11月14日 06:39
■あすかさ〜ん♪
キャ☆
>うろこさんしか作れないようなものを作って下さいね
ダジャレ入れてもいいでしょうかね?(ワクワク♪)どうも思考回路が暴走しますよ。

私も robin のブログ読みました(^^) そう、現場で会話の輪に入っていると、ずいぶん大幅に間違ったとしても通じちゃうんですよね。あと、母国語でも堂々と間違えて覚えていたりとか、そういうのも会話の流れの中ではそこにフォーカスする時間がないという現実問題もありますしね^^

私ももっぱら同じように教えて Google + 出てくるパラグラフを読んでフムフム派ですが、Google サーチでピンとこないときは、Youtube でリスニング上達サイトさんの紹介されているコーパスなどが使えるかも?
http://tubenglish.seesaa.net/article/101214494.html

Posted by うろこ at 2012年11月14日 13:23
おお、生うろこさんだ〜♪ 実際にお会いしたことないのに、ブログやメールやビデオを介すだけでももう長い間のお友達のように(勝手に!)思っておりますよん♪

>生まれも育ちも慣習も違う人たちと、コミュニケーションをとるために努力する、っていうことなんです。

↑いやあ、これ、いまだに苦労してます。
特にオージーっておしゃべりが多い能登、ジョークを入れる人も多いので、何かコメント返さないといけないような雰囲気に。。。私が入ると話の流れが崩れそうな怖さもありますし・・・とはいえ、そこは吹っ切って、会話に参加すべきなんでしょうね。頑張ります!

ところで、コーパスフラワーって何でしたっけっか?すみません、最近年のせいで物忘れがひどくなってきました。。。(笑&泣)
Posted by kazraasch at 2012年11月16日 10:00
■kazraasch さ〜ん♪
ニャハー、私にとっても kazraasch さんは私が南半球でオタオタしておったときからずっとおつきあいくださって、もう、しっかりお友達ですっ(ギゥ〜)←暑いって……
わかります☆オージーのおしゃべりは機関銃ですよね!とくにビールの入った後はもう大変。←オージーと結婚したアメリカンの友人が言ってました〜。一方、オージーの方は、アメリカンは声がでかくてウルサイ。と。(私にしてみれば、どっちも一緒だろう系なのですが)

えとえと、うーんと前の記事で、Corpse flower 腐臭のする花、開花するのにえらい年数がかかる植物のことを、kazraaschさんがチラと書かれていて(もしかすると昔のブログかも)
去年、ちょうどシアトルに用事があったので見に行ったのでした!
「kazraaschさんがブログで Corps flower のこと、シアトル2011年、ほにゃらら(解読不能)」←私の手書きメモです……本人でも最後のほにゃららは解読はおろか、想像も不可能・汗
Posted by うろこ at 2012年11月16日 13:01
Corps flower・・・あああ、あれですね。そういえば、記事にした記憶があります。かなり昔ですな、おそらく。
やっぱり臭かったですか?
それにしても、その花のコンセプト自体が不思議ですよね!
Posted by kazraasch at 2012年11月16日 15:58
>ダジャレ入れてもいいでしょうかね?(ワクワク♪)どうも思考回路が暴走しますよ。
爆笑しちゃいました。。

コーパス?
時間がないんでまたじっくり見てみます。
Posted by asuka at 2012年11月17日 09:28
■kazraasch さ〜ん♪
そう、ずいぶん前のお話だったのですよ。まだ私は米本土に来ることも予想していなかったころかと(^^;
でも、同感☆ほんっと不思議な花ですよね!

■asuka さ〜ん♪
あまりダジャレに入れ込むと、ダジャレが life わぁ、苦になってしまいそう(ええ加減にせい>自分)
コープスと書くべきでしたか、正しくは corps, 死体花でごわす。シアトル大学の温室にあるやつが、去年開花したのですよ(^^)
Posted by うろこ at 2012年11月17日 15:19
うろこ様

こんにちは。
はじめまして。
偶然にもうろこさんのページにたどりつきました。
メッセージがとても楽しくて、かわいくて、なんだかほっこりしてしまいます。
ワタクシは英語に関わる仕事をしていますが、間違いを恐れたり、自分の英語の自信のなさに閉口してしまったり…。英語に楽しく関わりたいのにそれを忘れそうになっていました。でも、勇気づけられました。ありがとうございます。また、おじゃまさせていただきます。お体お気をつけてください。
Posted by まきすけ at 2012年11月19日 12:00
■まきすけさま♪
はじめまして、ようこそお越しくださいました!
それから、なんとも暖かいメッセージをちょうだいして、うれしいです☆ありがとうございます……!

お仕事で英語を扱われるとなると、様々なことがらとのかかわりもありましょうから、お気持ち、(なんとなくですけれど)お察し申し上げます。その中でまきすけさまが楽しく英語と関わるお気持ちを保っていかれれば、きっと周囲の方々にも楽しさが伝染していって、すてきですね(^^)
遠くから応援しております!こちらこそ、うれしいコメントをありがとうございました。
どうぞ暖かくしておすごしくださいますように。
また、お待ちしておりまーす♪ブログ更新もがんばります(^^)
Posted by うろこ at 2012年11月19日 14:41
うろこさん、こんにちは。
そして、お久しぶりです。
なにはともあれ、出版おめでとうございます!
個人的には大きな環境の変化があり、自ブログも不定期更新になったりと、このおめでたい出来事に気づくのが遅れたことをお許しください。
活字中毒の私としては、本を出版されたと言う快挙に、さらにさらに尊敬の念が強まっていますよ。(笑)
それと共に、うろこさんが遠い存在になってしまうのだろうかなんて思いも少しばかり……

さっそくAmazonで購入して読ませていただきました。期待以上の内容でとても満足しています。構成もマンガもいいですねぇ〜。
鉄板フレーズを始めとする、いろんなシチュエーションでの一言集もd(-_^)good!!ですし、何より生の言い回しなのが驚きです。
「こんな単語がこんな使い方をされるのか!」って気づきが満載ですよ。
個人的にはジェシカさんの"yes, I will!!!"のフレーズに一番感動。以前うろこさんに、willの意味合いについてコメントいただいたことがありましたが、こんなシチュエーションのこんな言い回し。なんて素敵でなんて深いんだろうって感動しまくりです。
言葉ってやはり生き物で、同じ単語でも使われ方によって意味合いがまったく異なってきますし、紹介されているいろんな状況に応じた生の言い回しに触れることにより、言葉の感覚的理解が深まります。ここ数年、英語圏の方と話す機会はありませんでしたが、来年は首都圏に移動する予定。積極的にそういう機会を作り上げていくつもりです。ちなみに、最近はLoveの取扱いに悩んでいるのですよ。単に「愛する」って受け止めるだけじゃ意味が通らない事が多くて……
お祝いコメントのつもりが、またまたとりとめのない長文となってしまいました。ご容赦ください。
なお、及ばずながら、私のブログでもうろこさんの本を紹介させていただきました。お時間のある時にでもご覧いただければ幸いです。
改めて、出版おめでとうございます。
2冊目、3冊目と続編を期待しています。(^。^)v
Posted by 一刻 at 2012年11月23日 05:34
■一刻さ〜ん♪
オンラインにお帰りなさいませ〜ぃ(^^)
いろいろと環境の変化があったとのこと、寒さも厳しくなってくるころでしょうから、どうぞお疲れが出ませんように!まさしく光陰矢の如し・しか〜し平均寿命もしっかり延びている、ありがたい21世紀です!

それから、うれしいお祝いをありがとうございまーっす!! いやいやいやいや、私は何がどうなっても相変わらず永遠にこういう(どういう?)調子だと思いますので、どうぞ呆れず、かまってやっていただければうれしいです(TT)
書籍も楽しんでいただけて、ナニヨリでした! 今回は漫画の力を目一杯お借りできたので、イラストレータの佐藤さんには足を向けて眠れませんっ(南枕の北国暮らし)

それに、一刻さんはブログの過去記事をマンガ本文から思い出してくださったとのこと、うう、ブログ書いててよかったデス(TT)ありがとうございますっ。

>言葉ってやはり生き物で、同じ単語でも使われ方によって意味合いがまったく異なってきますし
……これはまったくおっしゃるとおりで、シンプルな単語ほどいろいろなニュアンスの洋服をまとってアチコチで活躍しまくるので、学習者にとっては「イケズ」な存在ですよね。

love については、英英辞典から意味を探ってみると、少し理解しやすくなるかもしれません。
もちろん、恋人同士で言いあう I love you は一大事で、アチチの体関係よりも大きなイベントとされる傾向があるのですが(このアタリはドラマなどでもご覧のとおり・日本育ちの私にはイマイチやはり謎の行動パターン)

日常の love の動詞の方は恋人カテゴリーの外で見てみると、"To have a deep, tender, ineffable feeling of affection" とあります。"ineffable (ことばに出来ない)" があるのですが、そこを敢えてことばにしようとすると、なんというかこう、心にあったかいお湯が満たされるような感覚といいますか。人に対してとは限らず、好きなものに触れたとき「あ、コレ、イイ」とか、ダイスキとか、慈愛という感覚が元になります(^^) 一刻さんは翻訳もされているので、日本語にすると「愛する」がピンとこない場合は、心の入浴、はぁ〜♪ の感覚を元に翻訳対語を探されると良いかもしれません。
いくつか例を見てみますと、家族で言い合う I love you なんか、まさに慈愛って感じですね。 I love winter! なんてのは、冬のこと考えただけでな〜んかうれしくなっちゃう、ダイスキッが一番ピッタリきそうですね。
lover も恋愛関係のカテゴリで活躍する場合は魅惑のムフフですが、そのほかの領域では、chocolate lover (チョコを考えるだけでもう、心が湯船に使ってウェ〜ィ、いい湯だな系になる……チョコ大好きニンゲン)などの使い方になるわけです。(^^)
あと、I love you の後に for ~ をつけて I love you for saying that! と言ってみると、そう言ってくれたってことに限定して、もうダイスキッ!というニュアンスになるなどなど、ですね。このように七変化するのは、キョンキョンの大和なでしこだけではないのでありました!(古)

まー私も長くなりましたっ。お祝いありがとうございます!それに、ブログでご紹介いただいたとのこと、本当にありがとうございますっ! ハイッ☆今後も、がんばりまーっす(^^)
Posted by うろこ at 2012年11月23日 11:50
うろこさん、こんにちは。
詳細なコメントありがとうございます。
また、私のブログにまでコメントいただけて感謝感激ですよ。ヾ(^∀^)ノ

1記事に何度もコメントするのは、個人的に控えているものの、どうしてもお礼申し上げたくてまたお邪魔しております。

>love については、英英辞典から意味を探ってみると、少し理解しやすくなるかもしれません。

あぁ、そうでした、英英辞典の有効さに気づき手元においていながら、その事をすっかり忘れていましたよ。歳を感じてしまい増すねぇ。(;^ω^A

>日本語にすると「愛する」がピンとこない場合は、心の入浴、はぁ〜♪ の感覚を元に翻訳対語を探されると良いかもしれません。

これ!
さすがうろこさん。うろこさんならではの感性で、とても分かりやすい解説ありがとうございます。
そうなんです。こんな根底に流れる言葉のイメージ、感覚。それがまさに知りたかったのです。多くの英語に触れることにより、自然に培われるものではあるのでしょうし、本来であればそうやって身につけることこそが本筋なのかもしれませんが、こうして英語圏で生活されている方の生の解説をいただけると、ストンと胸に落ちて理解度が早まります。やっぱり困ったときのオンタノですね。
ありがとうございました。
Amazonにおいては、今回出版された本が「入荷予定あり」になっていますし、売れ行きも好調なようですね。数え切れないほど出版されている英語関連書籍ですが、うろこさんが執筆された内容のような本を待ち焦がれている方達が多かったのでしょう。
現在は南枕ということですが、交友範囲の広いうろこさんのこと。出版するたびにお世話になる方が多くなって、立ったまま眠らざるを得なくなる日が来るかもしれませんね。(爆)
出版記念のプレゼントも素敵でした。デザインもフォントも、もちろん内容も。
しばらくは本とプレゼントの英語に親しむ日々が続きそうです。
まさにLoveの心境ですよ。(^。^)v
Posted by 一刻 at 2012年11月24日 03:59
■一刻さ〜ん
まあ!ありがとうございます〜(^^) こんな風に言っていただけると、うれしいです〜☆
「ぶっ飛んだ例え話で聞き手を振り落として暴走(しかも無意識)」という荒業を持っているので、日本で会社勤めのときはいろいろまわりに苦労をかけたのです。うう、頭も上がりません☆
経験で得た知識はシェアしてナンボですので、いつでも何でもご質問くださいませ!こういう単語や言い回しの根底のニュアンスというか、核になっているものは説明するのはドワイ好きです(^^)

本当に、みなさんの暖かさ・懐の深さに触れてビビビの日々で幸せです!
そのうち、タツノオトシゴみたいになって寝るんだと思うとなんかワクワクしちゃいます……「トリトン、見つけた……」なんてやってたのは、あ、ありゃクラゲでしたか。(またしても暴走)
一刻さんのブログの方でコメントいただいた、私のハジケ口調は印刷物になることはマンズないでしょうから、そのうち自費出版キンドルかなにか、で(^^;(やってみたい気持ちはあるのですが、嫌われそうっっっ)
追伸:どこにいくつでも、コメントどゎい歓迎で〜す。ありがとうございます!(^^)
Posted by うろこ at 2012年11月24日 15:36
こんばんは!
日本は3連休の中日。私もジムでダンスエクササイズをやってきました!
筋トレとダンスを組み合わせたものなんですが、鏡に映る自分のぎこちない動きに情けなくなりましたよ〜^^;

うろこさんの本読みましたよ〜予約して数日で送られてきましたよ。
面白かった〜♪
恋愛以外にも使えそうなフレーズ満載でしたね。覚えて使ってみま〜す。
Posted by マーズ at 2012年11月24日 21:05
■マーズさ〜ん♪
おおっ!マーズさんもダンスエクササイズをされて来たのですねっっ・ぐわしっ(しがみつく)そうなんです、そうなんです、鏡に映る自分の動き……私はもう、見たくないっ!と現実逃避に走りましたが、それでも目に付く拷問でしたぁ……。
それから、うわわわ! 書籍を購入してくださったとのこと、あ、あ、ありがとうございます〜〜〜(TT) おまけに、楽しんでいただけたとのこと、シャーワセ!!
ちょっとタイトルはぶっ飛んでいるんですが、おしゃべり会話はマーズさんのおっしゃるように恋愛に限らず共用されますから、ご利用いただければ幸いで〜〜すっ!!ありがとうございまぁああぁあぁっす(しがみつくわ、絶叫するわ、うるさいやつですね私は……)
Posted by うろこ at 2012年11月25日 13:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/301354382
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック