2015年01月25日

良質な先生を探すなら「ワンズワードオンライン」受講料1か月キャッシュバックキャンペーン中

Hi there,
みなさま、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話上達、略してオンタノの管理人うろこです。

このところ、やる気の仕組みや、勉強し始めたことを終わらせること、
達成感を感じる日を送るコツなんかについて、勉強中で〜す(^^)/
(世の中どんどん便利になるので、私も前進あるのみッ←すぐ力む)
なにせ冬に勉強しとかないと、春夏は山の中でウホホーイと猿になっていますので(汗)

いやー、Massive Open Online Course (MOOCs) の便利なことよっ。(今、Udemy.com を使ってます)
おかげさまで、アチコチ飛び回りつつ1個終わりましたよ♪ 脳神経から探る日常のアレコレ
UC-3ME8RQ8Q.jpg
って言っても、これは入門編。まだあと18個くらいあるんですけどね(汗)

学んだことをチとシェアさせていただくと…
・一気に集中して「おお、できた」と達成感を得てから次の練習へ移るよりも、
「ええええ、まだ不安だよぅ」という段階でも、バラエティに富んだ練習のほうが
大変で達成感は低いが、脳にかかる負荷が大きいので実になりやすい(←ンなゴムタイなっ!)
・簡単・ラクチンを続けるよりも、
「ギエーイ大変!」を経験した方が記憶は残りやすい(←ンなゴムタイなっ!)

まったくもって、ンなひどい…って感じのリサーチ結果のなんですが、
それぞれ私たちの脳の仕組みと納得できる理由があって大変興味深い。
自分で実験してみます。& そのうち、このブログでもご紹介いたしますね!

さて。今日は、今ご紹介した「ちょっと大変だけど身につく」方法を実に再現している
このサイトでもおなじみ、
ワンズワードさんのキャッシュバックキャンペーンのお知らせです(^^)/


 ■先生の質なら「ワンズワード」

当ブログではおなじみ、
骨太な松岡さんが経営されているオンラインで学べる語学学校・ワンズワードさんがサイトリニューアルされました♪
oneswordCB.JPG
(クリックすると別ウィンドウで開きます)

【今なら受講料1か月キャッシュバックキャンペーン】

○特典期間:2015年1月22日〜2015年2月25日
○一ヶ月分の受講料 6,800円 をキャッシュバック!

【キャンペーンへの申し込み手順】

1.下記よりトライアルレッスンに申し込み
https://jp.oneswordonline.com/join/form

2.トライアルレッスン終了後、本登録を行い、一回目の決済をします。
それから一ヶ月後の二回目の決済日以降にsupport☆oneswordonline.com あてに「キャッシュバック希望」と件名に書いて、メールを送ります。
* ☆を @ に変更してくださいね


例)1月25日に「本登録」手続きを行った場合:
1.一ヶ月目の1月25日は通常通り、決済を行う。
2.二ヶ月目の2月25日の決済後、サポート宛てにメールを送り、受講料一ヶ月分を全額キャッシュバック申請をする。
(support☆oneswordonline.com あてに「キャッシュバック希望」と件名に書いて、メールを送ります。☆ を @ に変更してくださいね)
→PAYPALを通じてキャッシュバックが。

と、こんな流れです。

最近のオンラインの英語業界は、
金額を下げるだけ下げて、どんどん「消費」してもらおう、というアプローチが多いと思います。

消費者としては金額が下がることはありがたいことですが
それでもやっぱり、注意したいのは先生の質です。
(教える腕の上がった講師は、より良い職場へと移りやすい業界です)

先生の質が安かろう悪かろうだったら、
結局のところ、お金と時間がもったいない結果になりかねません。
お金は後からナントカなるものですが、時間ばっかりは、過ぎ去ったら永遠に過去のもの…
「消費」よりも「投資」の感覚で選びたいところです。

経営者が「自ら面接して『この人!』と思った人しか採用しない」という
質の良い先生を厳選されているワンズワードさんは、
生徒さんが安心して「投資」できる存在、と思います。

時間も一枠50分。
腰を落ち着けて、思う存分「ギエーイ」となれる学校と思います。
↑そうです。練習・学習中にギエーイとなるのが、使える記憶を育てるのには必須という…
まったくもってゴムタイな…。しかし、これが現実です。

子供の頃から慣れ親しんだ言語であれば、
「おブー」とか「うまー」とか音を発するだけで拍手喝采、
恥とか採点されるという恐怖も概念もないまま、
ギエーイとなることもなく、言葉と仲良くなっていけます。

しかも子どもの世界は狭いので、世界が広がっていくと同時に
ゆっくり言葉も上手くなっていけば良いんですが
だがしかし! 第二言語を扱う大人はそうはいきません。

なんつったって、もう大人。
しっかりとツライことも恥ずかしいことも経験していて、
さらに広い視野を持ってますんで、イロイロ話したいことも多い。
…ので、
どうしても、ほんとに、ギ・エーイとなる。

言語に対して萎縮させられてしまった方は、
しばらく「ただ楽しい」先生を選ぶのも一案です。
でも、きっと、物足りなくなる。
もしくは、「英会話のセンセイとなら話せるんだけど」の世界で停滞したまま、になってしまう。

なにせ言葉をある程度使えるようになれば、
「楽しい会話相手」にお金を払うなんてのも不思議な話でして、
友達が欲しくなる。ビジネスのパートナーと話をしたくなる。

そうなると、やっぱり、ギエーイの瞬間がドカスカ現れます。
ナマの人間は情け容赦ありませんのでね。
↑とにかく、みんな、会話をしたいもんですから…
会話相手の能力を引き出して引き上げる、なんてことまで
優しくかまってくれる御仁は滅多にいません。

もっと上手に伝えたい。悔しい/恥ずかしい/もどかしい思いをしちゃった。
こんな、避けられぬ「ギエーイ」を支えてくれるのが、良い先生です。
そんな先生の多いワンズワードオンライン
このチャンスに、ぜひ相性を確かめてみてください。


■日本人コンシェルジュ登場
ワンズワードさんには、日本人の学習コンシェルジュ・ナミさんもいらっしゃいます。
NYで仕事をした後、今はフランスと日本を行き来する生活だそう。
第二言語・第三言語の習得過程や、海外就職の相談にも乗ってくださることでしょう。
ナミさん → https://jp.oneswordonline.com/tutors/trial/tutorno/30133


■いろんな企画が
新しくなったワンズワードさん、なんだか楽しそうですよ。
こんなゲリラっぽいイベントとか
oneswordboy.JPG
(クリックすると別ウィンドウで開きます)

これは、学習進捗を知るのに便利そう。(同じページの下のほう)
oneswordPF.JPG
(クリックすると別ウィンドウで開きます)

■ワンズワードさんは、英語だけではなくてスペイン語コースもあります!

ワンズワードオンライン・スペイン語

実はアメリカってのは、実は「公用語」を設定していませんで
英語を使っている人が一番多いダケという国なんですが
公共の建物なんかは、みんな英語とスペイン語併記です。
食べ物や日用品なんかも、スペイン語併記のものが実に多い。

我が相棒含め、船乗りはけっこうスペイン語が得意な人多いですが(イタリアとかポルトガル出身の人多し)
アメリカンは、スペイン語を学ぼうというよりは「スペイン語が出来る人を雇おう」という感じで
景気回復中のこの頃は「ねえ、スペイン語ができる人知らない?」と聞かれることも多いので
なんだか勢いのある言語だな、って思っています。

今日も最後までおつきあいくださり、ありがとうございました!
posted by うろこ on 2015/01/25 | Comment(4) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
私、旅行と模型を趣味にしている「ばーちゃわーるど」と申します。
実はこの度、世界各国の方を想定した簡単な模型を製作しているのですが、
情報が少なくて困っております。

もしご存知でしたら下記につきましてご教授頂けないでしょうか。

アメリカ領サモアの言葉でようこそ(WELCOME)は何と言うのが一番適切か?
(※出来れば現地の表記が知りたいです)

アメリカ領サモアの方が見て、母国を代表する模型だと
感じられる模型は何がふさわしいと思われるか?
※日本なら「富士山」「桜」「お城」等々

突然のお願いで大変恐縮ですが、
もしご存知でしたらお教え願えれば幸甚でございます。

何卒、よろしくお願い致します。

【オリンピック各国代表を応援するミニジオラマ YOKOSO JAPAN】 
http://www.tokyovirtualworld.com/10-yokoso-japan
Posted by ばーちゃわーるど at 2015年02月05日 10:32
■ばーちゃわーるど様
ご質問ありがとうございます(^^)
オリンピックでいらっしゃる方を歓迎されているんですね!

アメリカンサモアは、かなりレアな土地柄ですものね。

「ようこそ」はサモア語の「Afio Mai」が現地では一般的・飛行機の中でもこのフレーズでアナウンスがあります。

アメリカンサモア人々が思い浮かべる「シンボル」は、独立国サモアと同じ「サメとカメ」かと思います。ちょっと版画を思わせるこんなイメージです。→http://manoatoa.com/purch_turtleshark.html
刺青にしている人も多いです。
独立国サモアとは民族が同じなので、アメリカンサモアを強調する場合はメイン島のツツイラ島の図とあわせて使用されるのも良いかもしれませんね。
ツツイラ島の形→ http://www.turtleandsharkvacationrentals.com/

あとは、タパと言う伝統工芸で、マタイという位の高い人とその娘が儀式に使う道具・この図柄は親しみ深いものと思います。
http://www.tanoasamoa.com/catalog/product_info.php?cPath=1&products_id=460&osCsid=2lvv85j12pegqpn2epcls5h7q6

がんばってくださいね♪
Posted by うろこ at 2015年02月05日 10:59
うろこ様

ご回答ありがとうございます。

なかなか日本では手に入らない情報、誠にありがとうございます。
貴重な情報ありがとうございました。

6年後のオリンピックで東京に来られる各国の方が
心から楽しめます様、
誠心誠意製作したいと思います

良い模型が出来ましたら
またご連絡させて頂きたいと思います。
Posted by ばーちゃわーるど at 2015年02月06日 10:09
■ばーちゃわーるど様
お返事ありがとうございます!少しでもお役に立てれば幸いです^^
こういう企画は、楽しいですね!
まったく環境の違う場所で、お国のシンボルを見ると心が喜びますものね(アメリカ北西部のレイニア山は、タコマ富士と別名があるんですよ…富士山を懐かしむ私たち)。
大変な作業量と存じますが、がんばってくださいね!
Posted by うろこ at 2015年02月07日 14:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412935723
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック