2015年05月23日

クォーテーションマークの使い方と、ジェスチャーで使う場合のニュアンス

Hi there,
みなさま、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話上達、略してオンタノの管理人うろこです。

こーんな田舎にも(いろんな場面でのスピーチや、リーダーシップ・スキルの上達を目的とする会)、
トーストマスターズ・インターナショナルの支部があるのを発見したので、
早速、入会してきました!バッチもらっちゃった(嬉
CEdESiPUIAEXd4A.jpg
Ask me about って、入会したばかりの私に聞かれましても何もわかってませんのですが(汗

これまでの経験から、何事も慣れと練習量がモノを言う(言ってくれ)…と
信じて(祈って)いるのでこれから月に2回ずつ、ガマの油を絞り出す感じでがんばりまーす。


 ■ダブルクォーテーションとシングル

さて今日は、英語圏の人へ、正しい文法を伝え続けている Grammar Girl さんの動画です。
英語圏の読者からの、文法に関する質問にも答えてくれています♪
彼女のサイト→ http://www.quickanddirtytips.com/education/grammar

書籍も出されていて、英語圏の人からは信頼の存在です。
Grammar Girl's Quick and Dirty Tips for Better Writing (Quick & Dirty Tips)
私のお勧めはコレ。英語が母国語の人ならではの混乱ポイントなどが、新鮮です。
(should have が should of になっちゃう人とか、then と than が混乱とか、
 you're と your とか、it's と its がゴッチャとか←これ、大家さんご夫婦)

そんな Grammar Girl, Mignon さんの動画・お題は
ダブルクォーテーション(ダブル引用符)と、
シングルクォーテーション(シングル引用符)の使い分け、
アメリカバージョンの説明です。
(当方アメリカ住まいのため、今回はアメリカ版です)

では、動画をどうぞ♪


簡単にまとめますと
日本語での「」が ダブルクォーテーション " "
『』 がシングルクォーテーション ' ' 扱いで使うもの、なのでした。

例えば、お友達が Did Bob tell one of his "funny" jokes again? と質問してきたとします。

このお友達のセリフを他の人に伝える時は、
友達の発言全体をダブルクォーテーションで囲みます。
元の話でダブルクォーテーションで囲まれていた表現は、シングルクォーテーションにする、というのがお約束。↓

She asked, "Did Bob tell one of his 'funny' jokes again?"
↑この She はお友達のこと

と、こうなるわけです。

動画の中には、「敢えてクォーテーションで囲った表現」という解説もされています。

実際に会話をしている時、両手の指でクォーテーションマークを作るゼスチャーです。
こんなの↓
Capture.JPG
(懐かしのコメディ番組 Friends より)

このゼスチャーを使った表現方法は、scare quotes とか sneer quotes、
また、finger quotes と表現する人もいます。

こういうゼスチャーをしながら使った単語は、
「私はそうは思っていないけれどもね」という感じで、
ちょっぴり皮肉っぽいニュアンスになります。
(こういうの、英語圏の人好きですよねっ)

では、動画中の会話を見てみましょう。
Did Bob tell one of his "funny" jokes again?
↑では、単語 funny がダブルクォーテーションで囲った scare quote になっています。
 つまり話し手は、「funny じゃないけどさ」とニュアンスを込めてこの単語を使っているので、
Bob さんという人はいつも、ウケないギャグをかます御仁なのだな…という感じです(親近感(違

こういう風に「ちょっぴり皮肉ニュアンス」を入れたい時に良く使うんですが
これがまた、皮肉であっても意地悪で言っているワケではなく、
笑いを誘うためだけに使う、という場合もあります。

英語を第二言語とする私たちには、ちょっぴり壁のある使い方ですが、こんな例を一つ。

日本で暮らしている、英語圏育ちか英語圏暮らしの長い人と会話する時に、
和製英語を scare quote で表現する、というネタもあります。

たとえば、英語圏から日本に引っ越してきてしばらく暮らし、
和製英語の存在にも慣れた人に

I'm looking for a "mansion" to rent. なんて感じで
"mansion" の部分を scare quote のジェスチャーで言うと

(mansion は英語では「超豪華大豪邸」門から家が見えませんみたいな邸宅を意味する単語なので、
日本語で言う集合住宅のマンションは(どんなに豪華であれ)英語で言うところの mansion じゃないけどね)

と、「マンション」をちょっぴり皮肉っぽい扱いにできて、
お互い「ヘヘッ」となれる瞬間が演出できます。

オマケ*マンションだろうがアパートだろうが、賃貸の集合住宅は、アメリカ英語では apartment で表現します。

こんな風に、会話にちょっとヒネリを入れるジェスチャー。
ドラマや映画には様々な状況でのお手本があるので、
ほほー、こんな時にこんな風にも使えるのか! を発見、次回の会話に取り入れてみてくださいませ♪

今日も最後までおつきあいくださり、ありがとうございました!
posted by うろこ on 2015/05/23 | Comment(6) | TrackBack(0) | 喋るための英文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、トーストマスターズ、すごい!こちらの学校でもこのクラブと言うんですかね、自由参加で活動があるようです。それにしてもそれに参加されるとは、うろこさん、素敵!!ぜひともレポートをお願いします♪

この仕草、オーストラリアでもたまに見ますし、私もたまに使います。便利な仕草ですよね。
Posted by kraasch at 2015年06月01日 15:46
■kazraasch さ〜ん♪
うわあ、応援ありがとうございまーっす!なんかこう「アメリカッ」で埋もれたくなくて(田舎にいると、どうも「世界」を感じにくい…手に入れられる輸入品も少ないですし)、全世界規模でやってるクラブに参加してみました♪しかーし、壁高し+多しですが(知ってたツモリでわかってなかった、と、いつものヤツ)ぐゎんばってみまっす!

*にんじんユニフォームに笑ってしまいました!うまいっ。こちらの人参って、オレンジの部分が葉っぱよりも小さ〜いものが多いので尚更、ニンジン娘〜(古♪ 一本でもニンジン、二足で〜もサンダル(さらに古♪
Posted by うろこ at 2015年06月02日 02:40
いつも楽しくメモを取りながら読ませて頂いています。

この仕草、カナダの語学学校に通っていた時に先生がされてて、ホストファミリーに「どういう意味?」って質問したことを思い出しました。

勝手にオチ(punch line?)部分に使うと思って使用してましたが
まさかちょっぴりの皮肉が込められてたとは!

・・・今後気をつけて使わねば。

Posted by Mai at 2015年06月06日 13:26
■Mai さん、ありがとうございます!
まあっメモを取ってくださっているなんて感激TT うれしい!
更新頻度が落ちていてごめんなさいね☆

Mai さんが感じられた通り、普段の会話では punch line 、オチで使われることもあります♪
つまり、軽い皮肉って、しっかりとみんなで笑えるオチになることが多いのです(私が笑われる方だったら、いでで〜とか言いながらも、つい、一緒に笑っちゃう感じ)。
もちろん、ほんとに嫌味・皮肉でも使われますけれど、そこは表情と声、前後の会話で「感じていく」という感じでしょうか。

Mai さん、カナダにいらしたんですね♪
お隣なのにまだ2度しか行ったことが(汗)ないんですけれど、すてきな国だと思います♪
Posted by うろこ at 2015年06月06日 14:00
こんにちは!
2〜3日前にコメント残したつもりだったけど、残っていませんね。^^;
おかしいな〜と思っていたんですよ。コメント確認画面に”ごめんなさい”って出てきて・・・あれは何だったんでしょう???

このジェスチャー、アメリカドラマでよく見かけます。確かに皮肉っているような雰囲気で使っていますね。
最初は意味わかんなくて、オンライン英会話の先生に質問してダブルクオーテーションだってわかりました。
Posted by マーズ at 2015年06月06日 18:03
■マーズさんおかえりなさーい♪
あら!Seesaa,私もお返事ができない時があるのですよ。いつだったか、海外からはコメントできませんってデフォルトで設定されていて、
私がお返事できないという(アタアタしちゃいました)
再びのコメントありがとうございますTT
コレ、私も最初は意味わからなくて、先生に聞いても全然わからなかったという記憶が…。
日本語ではカッコをつけて皮肉っぽく言う表現方法もありますけど、ジェスチャーでは使わないですもんね。
Posted by うろこ at 2015年06月07日 11:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック