2015年08月15日

アメリカ現地発!知っておきたい生活情報&おすすめ観光情報サイト『ライトハウス』と冊子と、終戦記念日と

Hi there,
みなさま、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話上達、略してオンタノの管理人うろこです。

またご無沙汰してしまいました。
一体7月は、いつの間に過ぎ去ってしまわれましたか…(誕生月にもかかわらず)

しかも、瞬く間に8月15日。
終戦記念日から、そして、あっと言う間に、70年。
このお話は記事後半で続けるとして、まずはお役立ち冊子のご紹介から始めます(^^)

 ■アメリカ発日本人向け雑誌で、アメリカの生活を垣間見てみる

さて、今日はすてきな冊子のご紹介です。
(アメリカ・町中にお住まいの皆さまにはお馴染みと思いますが、超田舎住まいユエ最近知りました。お許しを)

lighthouse08162015.JPG
ページの上部から、サンディエゴ、シアトル・ポートランド、ハワイへもジャンプできます。

なんと無料です。
地元の美味しいお店、人気のお店、
それから旅行会社や弁護士、税理士、
日本語でやりとりできるサービスなどなど、
アメリカに住む日本語使いの人だけではなく、
観光にいらっしゃる皆さまにもお役立ち情報が満載。
プラス、日本にいながらアメリカ生活を垣間見る…そんなお楽しみも味わっていただけるはず。

世界中ドコからでも読めるWeb版もうれしい。
(バックナンバーはこちら)
アメリカ現地発!知っておきたい生活情報&おすすめ観光情報サイト『ライトハウス ロス・アンゼルス版』

『ライトハウス サンディエゴ版』

ちなみに私は北西部の超田舎住まいですので(国立公園のお膝元)、
LA やサンディエゴ、シアトルやポートランド情報を見るのも楽しく、
ハワイの情報には懐かさとともに、
現地に行く時に、ぜひ立ち寄ってみたいお店、
万が一の時に、相談できそうなサービスをチェックしておく、
そして旅の日を楽しみにする…という感じで楽しんでいます(^^)

日本にお住まいの皆さんと同じような使い方をしている、というわけですね。

こちらにメールアドレスを登録しておくと、
最新号のお知らせをもらえます^^
ライトハウス最新号のお知らせ


 ■『ライトハウス』8月1日号を読んで考える

8月1日号の『ライトハウス』、
戦後70年 日系アメリカ人の肖像という記事は必見です。

Lighthouse08012015.JPG
記事は12ページ〜

私は親が歳を重ねてからの子供だったので、
両親から、戦時中の体験談をイヤというほど聞かせてもらいました。

太平洋の空に散ってしまった叔父、
戦争で背負った心の重荷に耐えかね、復員後に自ら命を断ってしまった叔父、
息子を失い、悄然と焼け野原に消えていった近所の人のこと…

私は彼らに会うことはできませんでしたが、
両親にとってはかけがえのない兄、仲良しの人たちの話でしたので、
終戦記念日は、思い出話をしてもらう一日でした。

あの悲しい時代、悲惨な時代を、二度と繰り返してはいけないと、
繰り返し繰り返し、時には声を詰まらせて話をしてくれた
私の両親も、もう地球上には存在しません。

戦後70年という文字を見て、
ああ、そんなに遠く昔のことになったのか、と、
改めて考えました。

こころのざわつくニュースが踊っているこの頃ですけれど、
だからこそ、
平和が長く続き、それが当たり前になっていること、
それは何とありがたいことなのだろうか…ということだけは、
決して忘れたくないと思います。

今日も最後までおつきあいくださり、ありがとうございました!
次回はまた、英語ネタに戻ってのブログ記事をお届けいたします☆



posted by うろこ on 2015/08/15 | Comment(4) | TrackBack(0) | 楽しい英会話マスター方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
It's been a while, Misako!
情報誌の情報、ありがとうございます(^-^)/
覗いてみましたが、途中から開かなくて…。また後日トライしてみます。

私たちの親の世代(一緒にすなって?)は、戦争体験者であり、戦後70年ってことは当時子供であっても今では高齢ですよね。だんだん、戦争のこと、実体験として語れる人が少なくなりますね。私も母からは聞かされてましたが、父は語りたくなかったのか、聞いた覚えがありません。その父は昨年他界し、その際、父の妹達が、思い出話として当時の父の様子を語ってくれました。

本当に忘れてはいけないし、二度とあってはならないですね。
Posted by Amy at 2015年08月19日 09:43
■Hi Amy♪
I thought I replied to you, but apparently it wasn't uploaded. Sorry!
Amy のお父さん、今年は新盆だったのですね。自分では知り得ない当時の様子などを、ご家族から聞かせてもらえるのもありがたいことですね。

いやいや、Amy と一緒の世代にしていただけるなんて幸せ至極♪ でも、本当に親の世代でさえ実体験として語れる人が少なくなっているのは事実。
かけがえのない平和を、当たり前に享受できる時代がどれほどありがたいことなのか、ここだけは忘れたくないですね。
&リンク先を、さっそく覗いてみてくださって、ありがとう〜(^^)
Posted by うろこ at 2015年08月23日 04:09
新盆… まさにその通りです。よくご存知で。って、一般常識か? 私は「お盆」についてよく知らず、日本語でも説明できませんでした。が、今夏はおかげさまで、先生(英会話の)に英語で説明できました。
この「おかげさまで」っていう語源?も今夏お坊様に教えていただきました。 (もちろん意味は知ってますが) 英語にはないですよね? 直接手を下さない限り、thanks to you とは言わないのね。 まぁ気にかけてくれた場合には、thank you for thinking of me. とか、 thank you for asking. とかでしょうか…。

昨今は、ビジネスマンのように オフィスに行って、パソコン操作で無人機(爆撃機)で攻撃して、夜は普通に家族と過ごす という… 自分は安全であり、死と隣合わせの恐怖とか痛みや苦しみ、悲しみを目の当たりにすることもない戦争で、 いえ前線に出れば戦争していいって事では決してなく… あぁここで炎上させてもいけないので、やめときます。 失礼。
Posted by Amy at 2015年08月25日 12:03
■Hi Amy,

そう、概念が違うので説明がやたら長くなる(し、多分、理解はしてもらえない)単語って多いですよね(^^)/
おかげさまの語源、知りませんでしたよ(Google に聞いてしまった)。
母国語って意識せずに使っている単語も多いですわね。
そう。もし、どーーーーーしても国同士でケンカするというなら、国家のトップ同士ダケでやってほしいと思ってしまう私です。どんなに愚直な意見であろうが、戦争は嫌。どうしても嫌。これだけの犠牲が涙が悲しみが傷跡が歴史にしっかりと残っているのだから、お願いだから、戦争しないで(TT)と言い続けるのみですだ。
Posted by うろこ at 2015年08月26日 10:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424196646
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック