2016年02月01日

【英語・日常の早口に慣れる20日間チャレンジまとめ・前半】

Hi there! うろこ、こと、水砂子です(^^)

当ブログでも何度もご紹介しているベテラン講師 @JLebedev_ESL先生が、普段の早口会話でよく使われる発音例をわかりやすく説明してくださいました。
20日間連続、だいたい3分程度の動画でまとまっています。
Jennifer 先生の Youtube チャンネルはこちら→ https://www.youtube.com/user/JenniferESL

Twitter で20日間動画を連続ご紹介しましたが、なにせ Twitter は豪速流しそうめんですんで(ザァ〜っと流れていってしまう)
まとめをブログの方に載せておきますね(^^)

英語は日本語と違って、書いた通りには読まない言語です。
おしゃべりになると、さらにワケワカメになりがちなので(はい、経験者)
こんな風にまとめることが(変化することが)あるんだな、と知っておくと随分楽になるはずです^^

今日は前半・初日〜10日目まで、です。

【英語・日常の早口に慣れる20日間チャレンジまとめ】
【英語・日常の早口に慣れる20日間チャレンジ1日目】1日目は「音のくっつき」 https://www.youtube.com/watch?v=NnVJEZjehsc

補足
英語は日本語と違って、「単語同士がくっついて音が変わる(省略、すっ飛ぶ、変化する)」荒業を持っています。まずはそこを理解しておきましょう。

【英語・日常の早口に慣れる20日間チャレンジ2日目】2日目は「母音同士が Y の音でくっつく時」の例→ https://www.youtube.com/watch?v=Zis1rfS7mws&feature=youtu.be&a

補足
最初のうちは 「Y の音でくっつく、と言われましても…」と思われることもありましょう。
大丈夫、ご心配なく。
母音同士が(1つの音にならずに)くっつくこともあるんだな、程度の理解で、
日常会話は十分交わせます(^^0

【英語・日常の早口に慣れる20日間チャレンジ3日目】3日目は「母音がまとめられる時の条件&発音のされ方」解説 https://www.youtube.com/watch?v=PzWyNbFGouY


【英語・日常の早口に慣れる20日間チャレンジ4日目】4日目は「子音の連結」。2つの単語を区切らず、つなげて一気に言う時の例と練習です^^ https://www.youtube.com/watch?v=rCXmOBDDWDI&feature=youtu.be&a=


【英語・日常の早口に慣れる20日間チャレンジ5日目】5日目は、つんのめる T・glottal stop の例と練習→https://www.youtube.com/watch?v=BRhV-n7iN-w


【英語・日常の早口に慣れる20日間チャレンジ6日目】6日目はアメリカ英語では頻繁に使われる Flap T →https://www.youtube.com/watch?v=V9chjPCF61U

補足
【英語・T の音】特にアメリカ英語では、T の音はヌエのごとく「え、何の音?」となることも多いのです。
リスニングの悩みの種になりがちな T の音の変わりっぷりを日本語で解説してあります(@JLebedev_ESL 先生の数年前の動画もご紹介中)http://easykaiwa.seesaa.net/article/158190533.html

【英語・日常の早口に慣れる20日間チャレンジ7日目】7日目は早口でサラッと流される function words →https://www.youtube.com/watch?v=TFaEbQ5W1hM

補足
Function words は、日本語で解説すると、
「あのアレとそっちのコレドウナッタ」のひらがな部分です。
気さくなオシャベリでは、ひらがな部分は早口でサラリと流されますよ、と。

たとえば、ターザン風に単語だけ言うとします。
アレコレドウナッタ」。
会話の要件としては、まあ、なんとか通じますね。
最低限の要件、またはヒントが伝わる部分(カタカナで書いた部分)、
これは content words と分類されます。

ターザンはひらがな部分(function words)をすっ飛ばして言っているわけですが、
逆にひらがな部分(function words)ダケ言うと「あの、とそっちの、が」。
聞き手は「むむむ?」となるばかり、会話のヒントも拾えません。

英語を使う人は(相手に大事な要件が通じるよう)
カタカナ部分 content words を聞こえやすく発音する分、
ひらがな部分 function words をゾンザイに扱う、
……という、おしゃべり省エネ方法を使っているわけです。

もっと詳しく知りたい!と思われた皆さまはコチラをどうぞ ^^↓
Weak and Strong Forms
英語・口語のクセ


【英語・日常の早口に慣れる20日間チャレンジ8日目】8日目は今日は早口でサラッと流される function words の続き→https://www.youtube.com/watch?v=c_MskXv4mjo


【英語・日常の早口に慣れる20日間チャレンジ9日目】9日目は、強調されない母音の発音の変化 https://www.youtube.com/watch?v=2R3GQMyjloo

補足1
9日目の動画で、最後の例文内の some を強調するとニュアンスが変わる、と説明がありました。
同じように、強調する単語を変えることで同じフレーズでもニュアンスが変わる例→ http://esl.misakoinc.com/archives/220

補足2
【英語・声を使わぬ言葉の存在とイントネーション】 声を出さぬ言葉の存在→http://easykaiwa.seesaa.net/article/61517078.html?1453347441 英語と日本語のリズムの違い「ピアノとバイオリンとシナガ〜ワ」→ http://easykaiwa.seesaa.net/article/89530861.html
このあたりの概念を知っておくと、少し楽になりますよ^^

【英語・日常の早口に慣れる20日間チャレンジ10日目】10日目は「母音 + R」が er の音になる例(or→er、for→fer等)https://www.youtube.com/watch?v=otqHd8Fnzzc


ここまでで半分!
おめでとうございます!

続きはコチラでお会いいたしましょう(^^

【英語・日常の早口に慣れる20日間チャレンジまとめ】後半
posted by うろこ on 2016/02/01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 無料英会話リスニング練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック