2016年11月20日

英語ネイティブスピーカーの話のスピードが早すぎる

大変ご無沙汰しました、管理人のうろこ、こと水砂子(Misako)です♪
今日は SNS 経由で戴いたご質問についてのお返事です。
tommy さん、ブログ掲載をご承諾くださりありがとうございます!

 ■英語ネイティブスピーカーの話のスピードが早すぎる

【ご質問】
Misakoさんにひとつ質問があります。
英語を第二言語として学んでいる人の英語は聞き取れて会話も問題なく出来るのですが、
英語を母国語とする人の話すスピードはすごく早く、なかなか聞き取れなくて、
まるで未確認非行物体が目の前を行ったり来たりしている状態です。😰
(この比喩Misakoさんならわかってくれると信じてます。(笑) )
Misakoさんはどのようにしてあのスピードを克服したのでしょうか?

【お返事】
Thanks for asking!
>未確認非行物体が目の前を行ったり来たり
よーっくわかります!(はい、経験者)
私も随分長い間、ドヒーとなっていました!

* tommy さんは英語を母国語としない方の英語、
母国語として使う英語の違いに気づかれているので(=中級以上)、
「いや、その前に基礎の基礎を知りたいよ」という皆さまはこちらからどうぞ^^
リスニング練習方法・手ごわい会話英語を一口サイズにしてみる効果
読者様からの公開質問:書かれていることばと聞こえてくることばの違い

では、お返事の中身に参ります♪
■英語圏の人の話が早すぎる、の対処法
1)機能後はゾンザイに発音する英語のクセを知る
2)強い語句を中心にとにかく聞きとる場を積む(生英語とがんがんつきあう勇気の柱)と
仲良しフレーズを増やしていく(正しく伝える知識の柱)、この二つの柱を意識して、練習をされていくと良いでしょう。
私は数年かかりましたが、tommy さんならすぐに感覚をつかめると思います。

読者の皆さまには「いきなりなんのこっちゃ」と思われることと察しますんで、
順番にお話を進めていきたいと思います。

では、1)英語のクセから…
■Function word (機能語)をすっ飛ばすのが英語のクセ

内容を伝える単語、もしくは新しい要件を告げる単語 Content word は普通に発音しますが、
Function word (機能語)は、風も震えるヘアピンカーブですっ飛ばして話します。

つまり、「早口で一気に言いやすいような音(weak form)」でダダッと発音されるんですね。
これが「どひー、早い!」となる大きな要因です。

Function word(機能語)とは何なのか、というお話になりますが、
これを日本語でやってみると、
「あのアレとそっちのコレがドウナッタ」のひらがな部分と考えられるのが一番早いかと思います。

ちなみにターザンは機能語すっ飛ばし話法の達人ですんで
Content word のみで会話をします。

「あのアレとそっちのコレがドウナッタ」は、
ターザンにまかせれば「アレ、コレ、ドウナッタ」。
これ、会話の要件としては、通じますよね。

一方、ひらがな(Function word)部分ダケ言うと
「あの、と、そっちの、が」
となって、聞き手をクエスチョンマークの溢れる洗濯機に投げ込んでしまう。これが、機能語の悲しい性です。

日本語ではどの単語もそれほど強弱にこだわりませんが、
英語はメロディー主体の言語なので、
音の強弱(+高低)にやたらこだわるんです。

英語圏の人は、強弱をつけないと、
うまく言えないという現実(品川を英語訛りで言うとしなが〜ぅわになる、みさこはみすあぁあぁこぅになる、などなど)もあります。

私達が強弱をつけて発音するのが「うぉー違和感」となるのは、
英語圏の人たちが平坦に話すのがたぁいへぇえ〜んになるのと同じなんですね^^

そこで、Function word(機能語)を当たり前のごとく、
もんのすごくゾンザイに弱く早くはしょって発音するので、
日本語のように全てを発音する言語が母国語の人は、
未確認飛行物体がウホウホ飛び交う状態になるわけです(はい、経験者)。


【英語のくせ、まとめ】
英語圏の人たちの話し方は、会話の内容にとって大事な単語以外はスピードを上げてすっ飛ばす、という事実を意識してリスニング練習なさってみてください。

機能語についてのコツをつかむのにピッタリ、Jennifer 先生のビデオをどうぞ。7日目、8日目をペアで。
https://www.youtube.com/watch?v=TFaEbQ5W1hM
https://www.youtube.com/watch?v=c_MskXv4mjo

*ただ、機能語も会話の意図によって強弱が変わってきます。
たとえば、
What was THAT? と、THAT を強く言うと
「あれって(認識したものの、納得がいかなかったり不思議に思って)一体なんだったの?」
What WAS that? と、WAS を強く言えば
「今の何だったんだ?(なんだかわからなかったけど、何か変なの!)」
もともと弱く言うのがデフォルトの機能語をあえて強く言うと、
同じフレーズでも違うニュアンスを表現できるという便利な面もあるのでした^^

では、次にまいります。
2)強い語句を中心にとにかく聞きとる場を積む(生英語とがんがんつきあう勇気の柱)と
仲良しフレーズを増やしていく(正しく伝える知識の柱)、この二つの柱を意識して、練習について。
■英語のクセはわかったけれど、で、その先はどうすればいいの?

このように話し手が「スピードを上げてすっ飛ばして話す」機能語を聞き取るのは、
脳の補い作用の力を借りることになります。
私達の脳みそは、ある程度の情報が入ると、
既に蓄えている知識からシナリオを組み立てたい存在なんです。

つまり、ここでは仲良しになっているフレーズが力を発揮する、という感じです。
(仲良し=ただ覚えているのではなく、独り言であろうと、自分なりにアレンジして使ってみたことがある、というレベル)

なんの話をしてるんだ、といいますと、
目で確認できるリーディングの例で見ていきましょう。
Capture1119.JPG

英文に対してそれほど拒否反応がでない人であれば、
スペルが思いっきり間違ってるのに、なんとなく読めちゃう脳の補う力。
これ、リスニングにも当てはまるんです。

ある程度の証拠が揃えば、
たとえ勇み足であろうと事件解決に向かってまっしぐら、の勇み足刑事を脳に持つ私たち大人は、
ぜーんぶくまなく聞き取る努力をしていく、というよりは、tommy さんがおっしゃるように
>まずは強い語句に照準をロックオン
されるのは実に得策です。

大人の扱う分野は広い。しかも忙しい。
子どものように、自分の世界の周りから順を追って覚えていくという贅沢はできませんので、
会話相手の伝えたい焦点を知るのが、必要不可欠になってきます。

しかし大人には大人ならでは、
既に知っている知識を利用できる、という強みがあります。

つまり、英語圏で良く使われるフレーズと仲良くしておくと、
会話がグーッと楽になっていきます。

例えば、have (a song) stuck in (someone's) head (頭にある歌がこびりついている)というフレーズとすっごく仲良しになっていれば、

歌の話をしていたとか、ぼやき口調だとか(会話の前提)に続いて
+ stuck + head が聞こえれば、
残りの機能語はほぼ脳が補ってくれて、相手が何を言いたいのかわかる、という状態に。

英語圏で育った人の頭の中での情報処理方法と同じ感覚になるわけです。
(全部聞かなくても、話の要点を推測できちゃう)
日本語でも、「っス」で「おはようございます」だったり
「ありがとうございます」と聞き分けられちゃうみたいな、アノ感覚なんですね。

なので、英語圏の人が使うフレーズを覚えていくこと、
実際に使ってみることは、会話を進めていく上で、
大いなる味方になってくれます。

相変わらず長くなりましたので、あの素晴らしい愛をもう一度、ではなく、
まとめをもう一度。

■英語圏の人の話が早すぎる、の対処法
1)機能後はゾンザイに発音する英語のクセを知る
2)強い語句を中心にとにかく聞きとる場を積む(生英語とがんがんつきあう勇気の柱)と
仲良しフレーズを増やしていく(正しく伝える知識の柱)、この二つの柱を意識して、練習をされていくと良いでしょう。

tommy さん、すばらしいご質問をありがとうございました!

さて、今回の話が「うひー、なに言ってるの?」と思われた皆さまは、
こちらの記事からどうぞ^^
リスニング練習方法・手ごわい会話英語を一口サイズにしてみる効果
読者様からの公開質問:書かれていることばと聞こえてくることばの違い

【あとがき】
日常のやりとりは試験とは違います。
会話相手はこちらを採点するのではなく、
話をしたい、要件を伝えたい、こちらの意図や思いを知りたい、
というのが大前提です。
ここでは、勇気と知識、そして「まぁ、いっか」の気楽さを携えて、
「慣れ」ていくまで英語としつこくつきあっていくこと、これが、
面倒なようでも、やっぱり王道です^^
たっぷり楽しんで英語とおつきあいくださいますように。

相変わらず長い記事、おつきあいくださりありがとうございました☆
posted by うろこ on 2016/11/20 | Comment(6) | TrackBack(0) | 無料英会話リスニング練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
分かりやすい説明をありがとうございます。
Jennifer先生のビデオは、やさしいお顔をで説明してくださっていて、ほっこりします。
受け流すままになってしまったNate先生のメール講座‥‥ メールの返信もしないまま‥‥

time is fly ですが、やっと資格試験もとりあえず終わり(結果は来月までお預けですが)、学校の授業の準備も要領よくできるようになったこの頃。英語を再開しました。こ、こんどこそ最後までがんばります!!
Posted by ハルミズキ at 2016年11月20日 18:19
■ハルミズキさ〜ん♪
まあ!資格試験無事終了、おめでとうございまあぁあぁす☆
ばんざーい!お疲れが出ませんよう、まずは一息ついてくださいませね(^^)/

大変ご無沙汰しました!覗いてくださり、
うれしいコメントまでありがとうございます(^^)
Jennifer 先生は本当に、物腰の穏やかな方ですよね。
ハルミズキさんの授業もこんな感じなのかな、と、時々勝手に想像しています♪
オンタノブログの更新が年に数回になってしまっていますが、
ゆるく、ゆっくりおつきあいいただければ幸いで〜す♪
Posted by うろこ at 2016年11月21日 13:26
うろこさん、明けましておめでとうございます。(^^)/
今年もよろしくお願いいたします。m(_._)m

こちらのサイトは、まずます記事が充実してきてますね。(^^)v
かくいう私のところは、多忙なこともあり、しばらく開店休業状態となってますが、【><】これからもポチポチと、慌てず、急がず、騒がず(?)、マイペースでやっていきたいと思ってます。(^^)

それではうろこさん、良いお正月を。(^o^)/
Posted by Super源さん at 2017年01月02日 09:48
■Super源さ〜〜〜ん♪
お誕生日おめでとうございまーっす!
あけましておめでとうございまーっす!
ご無沙汰していてすみませんっ。
ブログの更新は、日々の生活や仕事の追加になるので、ほんとに大変ですよね。
私も、さらに時間がかかりそうな新たな野望を見つけてしまったので、
今年は更新頻度がさらに落ちそうですが、
ゆるーくおつきあいくださいませ!
どうぞ暖かくしてお過ごしくださいますように〜♪♪
Posted by うろこ at 2017年01月02日 11:15
おお!(゚o゚) 誕生日のお祝いの言葉、ありがとうございます。(^o^)
うろこさん、私の誕生日、覚えていて下さったんですね。(T^T) ウルウル←ウレシナキ デス

そうですね。(゚ー゚)(。_。)ウンウン
仕事の他に、ブログを続けていくのって、ホント大変ですよね。
時間は有限ですからね。【><】

はい。(^^)こちらこそ、これからもゆるーくおつきあいいただければと思います。
私の方は、とりあえず、今年は月1の記事更新を煮干し、じゃなくて目刺し、じゃなかった目指したいと思います。(^^)v

マチガエ杉 ダヨ!(-_-メ)/~~~~~バシィ!!(T/O)


それではうろこさん、どうぞ良いお正月を!(^O^)/
Posted by Super源さん at 2017年01月03日 22:21
■Super源さ〜ん♪
長いおつきあいですもの、忘れませんよぅ〜(時差ボケしますが)!
ブログは時間がかかる作業ですものね。
特にSuper源さんの自作画像入りのブログは準備作業が膨大と思います!
月一記事更新の兆し、ではなくて日差し、でもなくって月イチ更新を目指されるとのこと、
がんばってくださ〜い!
ヒマラヤ杉の多い山に住んでいますので、杉に反応し杉てしまう〜(とまりませーん

Super源さんの2017年が素敵な一年となりますように!

Posted by うろこ at 2017年01月04日 17:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック