2008年05月03日

旅行英語【レストラン】に入ってみるーその2

Hi there,
みなさん、こんにちは。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

今日は、カジュアルなタイプのレストランで使いそうなものを
メニューをひっぱってきて説明したいと思います。

関連記事はコチラ
旅行英会話・レストランに入ってみるその1
 〜まずは、ちょっぴり違う慣習を知ってみましょう。流れを知れば、怖くない!
旅行英会話・レストランに入ってみるその2 (この記事です)
 〜席に案内してもらって、注文をしてみる(メニューの読み方、良く出てくる表現など)〜
旅行英会話・レストランに入ってみるその3
 〜メニューに使われる単語に慣れてみる 
旅行英会話・レストランに入ってみるその4 
 〜基本的な流れその1
旅行英会話・レストランに入ってみるその5 
 〜基本的な流れその2と、チップのお話


さて、レストランでの、一般的な流れですが

人数を告げて、テーブルに案内してもらう
ウェイトレス・ウェイターがやってきて挨拶をする
(店のお奨めメニューを教えてくれることも)
飲み物をオーダーする
食べ物をオーダーする
お勘定はテーブルで済ませる


…と、いうカンジです。

ところで、日本で外食をするときは、
ウェイトレス・ウェイターさんとは
しゃべらないことも多いと思います。

(ウェイトレスさん(以下「ウ」と略します)が「いらっしゃいませ」)
「二人ね。禁煙」

(ウ:「では、コチラへどうぞ」)
座る。
(ウ:「いらっしゃいませ」といいつつ水を置く)
メニューに没頭。

(ウ:おしぼりをどうぞ)
黙っておしぼりに手を伸ばしつつ、メニューを検討。
(お決まりになりましたらお呼びください)
おもむろに、連れ合いにむかって「ナニにする?」

みたいなカンジって、普通にあると思うンです。
でも英語圏では何かをしてもらったら必ず "Thank you" を言うようにしましょう。
お水をついでもらったら、Thank you.
料理が来て目の前に並べてもらったら、Thank you.
お皿をさげてもらったら、Thank you.
Thank you. Thanks. をお忘れなきように(^^)

ワタシも若かりし頃はあちこちでウェイトレスをしましたので、
日本国内において、接客しても何も言われないことに関してはまあ、
特に考えることもなく当たり前と割りきって接客していましたが
たまに「ありがと」って言われると、うれしかったです。

ちなみにワタシの父親はモチロンこってこての日本人ですが、
性格がイタリアンっぽい人でしたので
こんなカンジでありました。

係「いらっしゃいませ」
父「やぁやぁ、キミの笑顔はいいねえ!」

係「…おしぼりをどうぞ」
父「いやー、笑顔が良い人の持って来るおしぼりは特別だ!」

係困惑「…。…。ご注文がお決まりになりましたらお呼びください」
父「いやー、いいね、君の笑顔は。
うん、がんばんなさいよ。笑顔で仕事するのが一番!
ちょっとマネージャー、この子を褒めてやってくださいよ!
名前はなんていうのかな?え?ミキちゃん?いいねえ、ピッタリだねえ、
うちの娘はミーコっていうの。これもいい名前でしょー?」
(ミサコ、なんですけんどね…)

時々、マネージャらしき人が出てきて、
イヤーな顔をして睨んでいったこともありますが
ハッハッハ。
ワタシが変わり者に育ったのにも理由はアリマス(感謝とともに)。

…と、とことんズレていくので、よっこらしょ。
昨日はレストランに入って案内してもらうまでをお話しましたので、続きをバ!


■メニューの読み方、良く出てくる表現、など…の前に、実際にメニューをバ。

どこのお店でも、写真つきのメニューが当たり前のような日本ですが、
外に出てしまうと、なかなか、あのような親切なメニューには、
出会えないことも、多いのであります。

大型チェーン店なら別でしょうけど、
たいていは、日本の高級料理店なみに、そっけない白黒の印刷…
こちとら第二言語なのに、文字だけかい!しかも説明長い…
…なものが多いので

海外に行く前に慣れちゃいましょう。

メニュー独特の表現がありますユエ…えーっと、
では、本物を見てみます。

ファミリー向けレストランでもこのそっけなさ↓
menu.jpg
↑クリックすると大きくなります。
参考URL→ http://www.fun-center.com/WA/BW_MapPage.html
ワシントン州、シータックエアポートの近くにある、
ファミリー向けのレストランのメニューを借りてきました。
宣伝もしているから、借りたのは許してもらうとして…

ところで、このメニューの赤線部分に、
Served with French Fries とありますよね。
(赤線をつけたのは私なんですが)

これは、このグループには、
フライドポテトがついてきますよ、という典型的な書き方です。
(ただし、フライドポテトは和製英語→ French Fries が英語)
*最初、ポテトフライって書いていたので訂正しました。アチャ

もうひとつ、コレはもう、むちゃくちゃ高カロリー、
典型的なアメリカンハンバーガーのレストランですが
menu1.jpg
ここにも、ALL GOURMET BURGER ARE SERVED WITH....
とありますね。(画像の、SERVED WITH の部分に、黄色い線をつけてみました)

Served with ...... という言葉がきたら、
.....がついてきますよ、という表現です、と覚えちゃいましょう。

この、元のメニューは、
http://www.redrobin.com/menu/default.aspx?s=5
 ↑オンラインで見られます。

またしても非常に長くなりそうなので、続きはまた明日…。
一体いつ、注文できるんだ?!


オーストラリア・タウンズビル南国生活管理人kazraasch さん、気づきをあじがとう♪


では、皆様の連休がステキな日々でありますように。

お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑感謝、感謝の大感謝連続でございまっす!
posted by うろこ on 2008/05/03 | Comment(4) | TrackBack(1) | 旅行英会話のミソのツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早速ノートにメモします!!
私はどちらかというとウエイトレスさんなんかと話しちゃうほうかもです。
おしぼり&お水もってきてくれたら『ありがとうございま〜す』から始まり、私食いしん坊なんで『今日のランチはどんなですか?』『どっちがおいしいですか?食べた事あります?どちらがおいしかった?ウエイトレスさんがオススメしてくださったからソレください♪』みたいなかんじとか、これでも日本人の中では話すほう&愛想もいいほうだと思うのですが、それで仲良くなった気になって調子にのりすぎてしまう場合があるから日本ではちょっと問題かも?!?!
でもそれより問題はうちの妹の世代くらいかも!!??
何かカッコつけてるつもりだかテレかくしなんだか、ニコニコ顔のウエイトレスさんが『ご注文お決まりですか♪』ときいてくれても『(メニュー指差して)コレ!』と言ったままタバコをプカ〜っと吸っていたり…。あと中年の方とかもね。
『メシ食いに来ただけだし〜』って考えでしょうけど…ったく!!
それに比べて、おじいちゃんおばあちゃん世代は見習いたいです〜。
お店でもご近所さんでも何でも『おはようございます!今日はいい天気だね〜。おかわりないですか?』『いや〜ご無沙汰してます。おかげさまで〜…。』って、挨拶に必ず何か付け足して会話をふくらませますもんね。
こうやってみてみると、一人一人のモラルの問題&性格なのかもしれませんが…少しは海外のそういうところを見習いたいものです!
その点、大阪の方のコミュニケーションの形って素晴らしい気がします!いかがでしょうか、hiro~さん(´▽`)
(ご挨拶遅れましたが、hiro~さんはじめまして♪これからどうぞよろしくお願いします。)
kazraasch さん&うろこさんの、海外に住まわれている方の生も声をお聞きする事ができて、とても勉強になります!!
(ご挨拶遅れましたが、kazraasch さんはじめまして♪これからもどうぞよろしくお願いします。)
Posted by ひー at 2008年05月03日 14:43
Hi Hi-san,
おおっ。
ひーさんは、お喋りが大丈夫なんですね♪他人とおしゃべり上手は、海外でコミュニケーションをとるのはラクだと思います☆
食事中にムダ話をしない…という礼儀作法のある(あった?)日本ですから、これは「所変れば…」の、慣習とTPOの違いでもあって、郷に入ったら郷に従え…と思えた方が得デス。
>>挨拶に必ず何か付け足して会話をふくらませ
まさしく。これって見落としがちですけど、「言語を問わず、コミュニケーションをとれるか」というのも実は大きなステップでありますからニ♪
Enjoy your Sunday!
Posted by うろこ at 2008年05月04日 03:38
Hello~there^

なるほど〜!『類は類を呼ぶ』『魂は魂を引き付ける』って言うのでしょうか?

私も、ひ〜さん一族の血が流れてますよ。

挨拶は、コミニュケーションの基本ですよね。そこから、何かつながりが出来、いろんな事に発展していくきっかけにもなると思うんです。だから、私も、見ず知らずの人でも、挨拶はよくします。(でも、面食らったような顔をされる方もしばしば・・、日本人はしょうがないか・・・?)

うろこさんの情報いいですね〜。海外のチラシを見れるなんて^^。Google earth開いて位置確認すれば、行った気分になりましたよ。^^。それにうろこさんの話は、『その次は何?』って言うような謎めいた構成になっているので、たまりませんな〜(オヤジか?)

実はうろこさん、大阪の商人の血をひいてるんじゃないんですか?(あの一人ボケにはその可能性はあるわな・・・。)

でも、Le'ts take it easy!でお願いします。

Osaka is very fine today.
It's awfully hot.

Enjoy your Sanday.

Good bye!
Posted by hiro~ at 2008年05月04日 11:28
Hi hiro~ san ;)

Wow, Using Google earth is a great idea!
Google earth をお使いになるのは素晴らしい♪一気に世界を旅できるカンジですね!オンラインの真骨頂といいますか!
実はワタシもどこかで、ワタシは大阪商人の血を戴いているのではないかと思ったりしますが(先祖のどっかで)
大の仲良しが大阪にいますので、彼女の訓練のタマモノ、かもしれましぇん!ダハハハ

&どこかしら、元々が熱血系ですんで止まるところを知らず…☆Take it easy はわすれがちなコトでございますユエ、ありがとうございまっす♪
Fa'afetai lava! ←サモア語でアリガトウ(いらねって)
Posted by うろこ at 2008年05月05日 02:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

YouCanSpeak 英語スピーキング習得システム
Excerpt: 今日は、自宅のパソコンで行える英語学習法の紹介です。 YouCanSpeakは同時通訳指導員Dr.キノシタが開発し特許申請した英語スピーキングに特化したEラーニングシステムで、確実に英語が話せる..
Weblog: 絶対失敗しない英語学習法
Tracked: 2008-05-04 19:17