2008年05月07日

旅先英会話【レストランに入ってみる】その5

Hi there,
みなさん、こんにちは。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

さて、レストランに気軽に入ってみる…の続きです。

■レストランに入ってみる
☆これは、カジュアルなレストランに気軽に行く例であります。
(高級レストランに行く場合はもう少し会話もフォーマルですので
 また、別の機会に…)
関連記事はコチラ
旅行英会話・レストランに入ってみるその1
 〜まずは、ちょっぴり違う慣習を知ってみましょう。流れを知れば、怖くない!
旅行英会話・レストランに入ってみるその2
 〜席に案内してもらって、注文をしてみる(メニューの読み方、良く出てくる表現など)〜
旅行英会話・レストランに入ってみるその3
 〜メニューに使われる単語に慣れてみる
旅行英会話・レストランに入ってみるその4
 〜基本的な流れその1
旅行英会話・レストランに入ってみるその5 (この記事です)
 〜基本的な流れその2と、チップのお話


■基本的な流れその2、基本的な会話例

よーぅやく、お席につきまして、食べ物を注文するに至りました。
長かった…お付き合いくださった皆様大感謝でございまっす!


■んがっとっと…

ウェイトレスさんたちはサービスの良し悪しで
自分の受け取りチップが決まりますから(基本給は低く、チップで稼ぐ仕組み)

食事の途中で
"How's everything?"
「いかがですか?」なんてなことを、聞いてきます。

これは日本のカジュアルなレストランでは、
まんずあり得ませんので

んっがっとっと…とむせ返る危険もありますが
ここは軽く、食事の感想を返しましょう。

美味しければ、
"It's great" "It's tasty" "Oh I love this!"

それほど美味しくなければ
"Mm... It's okay..." "It's all right" 

調理が正しくされていなければ
"It isn't hot enough" (さめちゃってるよ)
"Gosh it is too salty!" (しょっぱすぎるよ)
"Uh, too greasy for me."(脂っこすぎる)
と、教えてあげましょう。たいてい、なんとかしようと頑張ってくれます。

口の中にモノが入っていれば言語を問わず返事ができませんので、
美味しければ輝く笑顔で、
調理が正しくされていなければ困惑の表情でお返事をバ。
日本人にはオオゲサかな?と思われるような表現をするくらいで、
ちょうど良いくらいのようです。

…しかし人間つーのは、ホンットーに美味しいと
怒ったような顔になるのはナゼでしょうね。
「うわっ(怒)!むっちゃくちゃ美味ッ!信じられんッ(怒)」
「やだっ(怒)ほんっとっ(怒)おいっしーっ(怒)」
私も含め、期待の範疇を超えた困惑、といった顔をする御仁の多いことよ。謎です。

↑一体どこを見てるんですかってのはさておいて
美味しいものをいただくのは嬉しいことですが
表現の仕方はいろいろでゴワス。


■食事が終わった…お支払い問題&チップのこと(米国)

たいていの店では、お勘定は席で済ませます。

なので、ウェイトレス・ウェイターさんたちは、
こちらの食事が終わったころ様子を見に来ます。

Waitress: Are you done? (おわりました?みたいな)
Uroco:Yes, it was great. Thank you.
美味しかったデス。ありがと。

たいていは、
続けて、デザートを食べるかどうか聞きにきます。
Waitress: How about desert for you?
デザートいかがです?

Uroco:Um... well, no thank you. I ate too much. Check, please.
(うーん食べ過ぎたから、やめとくわ…。お勘定お願いします。)

Waitress: Sure. (残った料理を見て)Do you want to bring them home?
Uroco: Yes, please. Thanks.
↑大体、海外のレストランっつーのは、
どこも、ウォリャーッ!どうだ参ったか〜〜ッ!
といった分量なことが多いのです。

その分、食べ切れなければ持ち帰るのは当然のこと、という店が多いので
持ち帰って食べるチャンスがありそうなら、パックしてもらいましょう。


デザートを食べ終わったころ…もしくは、
「デザートいらないよ」の会話からしばらくするとお勘定がやってきますので、
席で支払いを済ませます。

こんな感じのものに入ってくることが多いです。
http://www.guestchecks.us/Guest_Checks/guest_check_holders.htm
上段の、右端のタイプが一番多いかも。

現金で払う場合は、このバインダーに現金を挟んでテーブルの端に置きましょう。
給仕係がそれを受け取り、お釣りをテーブルまで持ってきてくれます。

そうしたら、お釣りが戻ってきたトレイなどに
チップをを残して立ち去りましょう。
風が通る場所でお金が飛びそうならトレーの下に半分挟んでも。

クレジットカードで払う場合は、
まず、お勘定の乗っているトレーや
バインダーに、クレジットカードを挟んだり載せたりしてテーブルに置きます。
同じく、
http://www.guestchecks.us/Guest_Checks/guest_check_holders.htm
の上段右端のバインダーを見ていただくと、
クレジットカードがチョコンと右上にはさまっているのが見えると思います。
このバインダーは、クレジットカード用にポッケがついているようです。

すると担当ウェイトレス・ウェイターさんが、
カードを預かっていって奥で認証をし、サインをする紙を挟んで戻してくれます。
この紙は2枚同じ物がきて、1枚はサインをして返し、1枚はこちらの控え、です。

このカード使用計算書の合計欄は空欄になっていて、
チップの金額を記入して、こちらで合計額を記入するように
なっていることが多いです。
(チップを含めてカード払いをする方式)

チップの相場は、アメリカでは15%から20%といいますが、
サービスに大満足したら20%、まあまあOKなら15%、という感じです。

アメリカ〜ンでさえ文句を言う、食事をしている側からすれば面倒なシステムなんですが、
「よほどのことが無ければ払う」のが、デフォルトになっているのです。
アメリカのチップは、本来の意味というか、日本の「心づけ」とはちょっと意味が違うんですよね。

…というのも、給仕をしている人は基本給が低く、
後は自分のサービスの良し悪しでもらうチップで生活をしているので
こちらにとっては「なんだそりゃ」でも、
むこうにとってはそれが当たり前のことなのだ、という事実も覚えておきたいところです。
その分、食事に不満があるようならこちらも遠慮なく言わせてもらう、という図式ですね。

ただ、サービスがすごくひどかったり、無礼な振る舞いをされたり、
ミスが極端に多かったりした場合は、1ドルのみを置いて、
「あなたのサービスは最低だった」と告げることもできます。
もしくはチップ全額を拒否し、マネージャを呼べ!もアリ(←はい、コリャわが相棒)

さて、合計が出たら、
計算書にサインをして、テーブルに残して、サヨウナラです。
 *チップは、カードの使用計算書へ合算しないで、
 別払いとして、現金でバインダーに挟んでもOKです。


では、皆様の5月が、ステキな日々でありますように。
ハワイは日系人が多いので、小さなこいのぼりを売ってマス。
ハワイ語で、子供は「ケイキ」というので、ついつい
こいのぼりを見ながら、甘いものを想像するワタシです。

お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑みなみなさま、感謝、感謝の大感謝連続でございまっす!
posted by うろこ on 2008/05/07 | Comment(6) | TrackBack(0) | 旅行英会話のミソのツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へ〜!ケイキですか♪ほんと、甘くておいしそう( ̄¬ ̄*)…食いしん坊の私、食べちゃダメだぞ!?!?
んがっとっと、と、サザエさん風になりそうですね〜私。いつでも真剣にガッツリ食べてますから(笑)海外でのお食事はおちょぼ口で『そろそろくるぞ〜!』って構えて食べようっと'`,、ヽ(´▽`)ノ '`,、
前もってわかっていれば構えることができますから、全てのシーンに関することがギュッとつまっていて、ホント助かります♪
きっと『んがっとっと!』となってしまうようなタイミングとか、英語の本買って読んでもどこにも書いてないだろうなぁ。生の声が聞ける私って幸せ者っっっ♪
Thank you! Have a good one(*´∀`)♪
Posted by ひー at 2008年05月07日 17:01
昨日たまたま外食をしたのですが、やはり途中で、"How's everything?"と聞かれました。
そこで、うちのだんな(オージー)曰く、『あれってさ、聞かなくてもいいよね〜。なんかあったらこっちから言うって』とボソッと一言。なんか日本人化しているのか?(笑)

そうそう、オーストラリアはチップがなくて楽ですよ〜。払っている人がいるのかもしれないですが、私達はやりません♪

(この場をお借りして・・・ひーさん、こちらこそよろしくお願いします♪)
Posted by kazraasch at 2008年05月07日 17:40
Hi! urokosan&hi~san,Good evening!

お魚くわえたうろこさん、本日も絶好調でゴワスな〜^^

お持ち帰りOkって言うのは、初耳です。
確かに、そんな話は、本で見たことないです。(お持ち帰りは大阪Onlyと思ってました。)又聞きの話じゃないから、説得力がありますよ。ひーさんの言うように生の美声?を聞けることに感謝します。Thank you very much!!
お礼に、日本の外国情報を一つお伝えしていいですかね???。
はい、わかりました。しゃべります。

I have the friend in China.
He is 24 years old.
The event happened last month.
うぅぅ…英語でかけね〜・・・・。
まあ、そんなこんなで、彼の奥さんが、日本に来ると言う事で、関西空港まで行ってきました。

まあ、到着してから、出てくるまで時間のかかること・・・『何しとんねん!』ってな感じ。

待っている間、私一人、外でタバコをお吸いになっていたのですが、国際線の到着ロビーから、胸元に派手なプリントした、寒いのにTシャツを着て、クルクルパーマかけて『帰ってきたで〜』、っていうような、いかにも大阪のおばちゃんが、出てきました。
何のお土産を買ってきたのか、ワゴンの上には、顔が見えなくなるぐらいいっぱいの荷物です。
『おいおい、落とすなよ〜、おばちゃん。』と、私は、つぶやく。
次の瞬間おばちゃんは、私の期待を見事に裏切った。
『ドス。』
『やりよった〜積みすぎやっちゅうねん!』思わずつぶやく。
その次の瞬間、大阪のおばちゃんの鋭い目が、私をにらみ付けたのである。
あれは、まさしく、蛇の目であった。
『動けん・・・』『なぜだ・・・』
また、次の瞬間『拾わんかい!』

『ゲッ!目がしゃべりよった・・・』

おもわず。。。。。

長くなりすぎたので、また、次回無理やり聞かせます。
御静聴ありがとうございました。

ひ〜さん、FFGの件お気遣いありがとうございました。(あだ名がFFGになってしまったか・・・^^)
進展があればまた、報告します。ひ〜さんも、寂しさにめげずがんばって下さいよ。応援しちょりますきに。

マジ、長居しすぎました。うろこさん、ありがとう。でわ、また、あなたの生情報楽しみにしております。

Good-by
Posted by at 2008年05月07日 22:10
ひーさん♪
Thanks for your sweet comment!
ところでワタシも食事が目の前に来たら、ガッツリ集中してめいっぱい頬張る人なので、ノドに詰まらせ目を白黒させつつ、「120%に膨らんだほっぺた+笑顔」で「GOOD」を表現することがショッチュウです。ハハハ。←表情で伝えることが出来ることって、多いですから上手にミックスさせていきたいものデスね♪
See you soon ;)
Posted by うろこ at 2008年05月08日 09:46
kazraasch さぁん♪
ハハハ、実はワタシの相棒も「ほっといてくれ」と言うタイプですよー(←エンジン技師は、単なる人見知り)
ところで、チップをはじめ、アメリカは、ほんっと独特の決まりが多くて、ニョッヒョー!となることが多いですだ。
インチキインチと、マイルに参る…。重さも長さも広さも温度も、未だに、ムキキキッ(怒)でございます。ちなみに今日の気温は75度だそうで…(計算放棄・半そでで済むならそれでヨシ)
Posted by うろこ at 2008年05月08日 09:52
蛇に睨まれてしもた、hiro~さん♪

持ち帰りOKの大阪ダイスキです☆ってのはさておいて、蛇ににらまれちゃいましたか!目がしゃべりましたか!動けなくなりましたか!ハブVSマングース?!(殴ってくださって結構デス)
空港はお迎えに行くほうは、待ち時間が長いし(読めないし)大変ですよね。It was very sweet of you! 続き楽しみにしております。ハイ。手に汗。I can't wait!
Posted by うろこ at 2008年05月08日 09:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95947305
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック