2008年06月04日

英会話・無料発音練習 省略する音I'm gonna 、声を出さない音たち、それから…

Hi there,
みなさん、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

本屋さんに行ったら、
「Easy Keiki Origami」
という本が売っていました。

Easy は英語、
Keiki はハワイ語で子供、
Origamiは日本語の折り紙ですから、

ここの言葉は、3ヶ国語がビミョーに混じっていることが多いな〜、と
改めて思った次第です。

ハワイ語は、日本語と音の構成が似ていて
全てに母音がくっつくので、カタカナに変換できてラクチンです。
makai マカイ→海側
mauka マウカ→山側
これは、ハワイの人がよーく使う言葉。
メインランドから来たアメリカ人が、何語?と仰天する言葉だそうです。

おっとっと、
ンなこたさておき、

さて、今日はまた、セサミストリートに出てくる人形みたいな
センセにご登場いただきまして、
カタカナにはならない英語の発音練習でございマス!


'I am going to' の口語、
I'm gonna の発音練習をしっかりやってくれます。
これはくだけた言い方なのですが、普段の会話の中では非常に良く使われます。

でも、くだけた言い方 + 話し言葉のみで存在する言い方、
丁寧な物言いをする場合には避けたい言葉なので
普段はなかなか教えてもらうチャンスはありません。

しかし。
普段の会話の中では鬼のように使われます。
なので、知っておいた方が良いのは間違いございませんユエ、
ぜひ、見てみてくださいませ。



練習をするときは、オオゲサに!
オオゲサ=exaggerate←音が出るサイトが開きます
と繰り返して言っておられますが

これは、前回のビデオで
オオゲサに練習をすると、
脳みそが「あ、なんか新しいことやってんの?」と
認識しやすくなる、というのがこのセンセの論のようです。

それに、いざ、誰かと喋るときは、
話す内容に気持ちが集中しますから、
どうしても、「発音?それどころか!」という状況になってしまうので
しっかり、筋肉に覚えさせておこう、ということも言えるのではナイかと…☆

車の運転と同じで、
アクセルをこのくらい踏んで、あれ、もっとか。
よしよし…次は、えーっとハンドルをこうやって回して、おっと回しすぎた!
ウィンカーだ、だあーっ!ワイパーだった〜〜!!

という状態から、基本操作は身について、
運転に集中していく、というのと似ていますね。

ところで、英語には、日本語にはない
声を出さない音がけっこうあります。

この「声を使わぬ音」をしっかり出す、というのは
日本語の概念からすると、なーかなか難しいですよね。
声出さないなら言葉の音は出ないでしょ、となりがちです。

でも、英語ネイティブスピーカー相手には、
こういう音は、非常に肝心な音なんですね。

センセの動画を見ていると、
しっかり息を吐き出しているのが見て取れると思いますので
P や F、T や S、の、声を出さない音の練習をするときは、
ぜひ、手のひらを口の前にあててみて、
息がしっかり出ているか確認しながらやってみてくださいマセ!

workの音はちょっと練習が必要ですね。
wは、しっかり唇を突き出して、
ウォ!と犬の声を出さねば、Wの音と受け取ってもらえません。

w の後も、カタカナにはなり得ない音ですから
ちょっと混乱しやすいんですよね。
そこで、続きはアクション先生にお願いしましょう。
ここで、work と、walkの違いを説明してくれています。


このセンセは実際の英会話教室でも、人気でしょうね。
そのうちテレビとかに出てきそうな感じ…

なんてことはさておいて、
ぜひ、練習もしてみてくださいね。
声を出すと、耳からも脳みそに伝わりますから、
効果があがるんでアリマス。

では、今日も最後までお付き合いくださってありがとうございました♪
オンラインで楽しく英会話・オンタノで、楽しく英語とお付き合いいただければウデチーです♪

お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑みなみなさま、感謝、感謝の大感謝連続・ウデチー日々をありがとうございまっす!
皆様も素敵な日々をおすごしくださいませ♪
posted by うろこ on 2008/06/04 | Comment(8) | TrackBack(0) | 無料英会話・発音の解説と練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど〜!!
とにかく何回も練習しよう(*´∀`)♪
口と脳にたたきこみます!
Posted by ひー at 2008年06月04日 22:39
うろこさん、いつもながらすごい映像を持ってきますね!すばらしい。
exaggerate は大切ですね!
今日もダントツ一位、すごい!
Posted by ASAKAYUTAKA at 2008年06月04日 22:55
ひーさん、ありがとうございます♪
声に出して練習すると、習得効果がものすごく高くなるので、ぜひぜひ、そのままお続けくださいまし!ブラボゥ!
Posted by うろこ at 2008年06月05日 03:47
ASAKAYUTAKA さん、
いつもありがとうございます☆
いやー、動画を選び抜くのが大変になってきました。これは、贅沢な悩みですよね。
ASAKAYUTAKA さんも、いつもダントツトップでいらっしゃいますね♪
嬉しいッ☆(便乗喜び)
Posted by うろこ at 2008年06月05日 03:52
うろこさん

こんにちは。

youtubeをブログに取り入れるのは、いいですね。
実際に教室でレッスンを受けているような気になります。
Posted by Q太郎 at 2008年06月05日 07:00
Q太郎さん、ありがとうございます♪
Youtube に、英会話の先生がどんどん増えているようです♪
画像と音があると、おっしゃるとおり、授業を受けているような感じですよね☆
Posted by うろこ at 2008年06月05日 16:17
やはり、work を werk と書けば発音・読み方がとらえやすくなりますね。
Posted by ReddySteddyGoJpn at 2008年06月06日 05:57
ReddySteddyGoJpn さん、お越しくださってありがとうございます♪
おっしゃるとおり、発音とスペルが合致すると、すっと納得しやすいですよね。
Posted by うろこ at 2008年06月06日 17:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99355343
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック