2008年06月16日

カタカナの「オ」を英語に変換

Hi there,
みなさん、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

マイフェアレディという非常に古い映画は、
言語学の権威・ヒギンズ教授が、
路上の花売り娘イライザを、発音と会話と作法を矯正することで
上流階級のレディに育てていくストーリーでありまして

セリフの途中から突如歌いだしたりするので
ウッ。どうしたもんかと思うことも多い、
古き良きミュージカル仕立てですが
…英会話についても、学べるものも、多いんですよね。

なにしろ、花売り娘のイライザ、
ひたすら発音と会話の練習をしているんです。
最初はミャーミャー、声もひどいし、言葉遣いも乱暴です。

ヒギンズ教授によってムリヤリ練習をさせられていますが、
イライザ、最初はナニがどう違うかわからない。
次は、どうして直してよいのかわからない。
それでも練習を続けさせられて、

もう、本当にイヤッッ!!!ってなったころ、
「アレ、できた♪」と、
次の段階に上がる瞬間が訪れるんですね。
実は私は映画のストーリーそのものより、
この瞬間が好きな変人であります。


イライザがやったのは、
勉強じゃなくて練習だってことも大きいヒントだと思います。

学校でやってきた英語というのは、
日本語の訳を辞書で調べたり、書きだしたり、
文法ルールを学んでノートに日本語で整理したりと、
実のところ「喋る英語には接していない時間」が多いんですよね。

ですから、あれだけ勉強したのに使えない!と思うのは、
単におしゃべり英語に接する時間が少なくて、
慣れていないだけの話ですから、

いろんな方法を使って、
実際に英語に触れてみるのが、よろしいかと思います。

…というわけで、今回は昨日の発音練習の続きをやります。

■rock と lock、カタカナの「オ」を英語に変換

ローマ字入力をしているこのキーボードでも
「o」を打てばカタカナのオが出てきますから、

ごくごくフツーに、
hot とあればホット、body とあればボディ、
doctor とあればドクターと読んでしまうんですが、

英語になったときの、この音、カタカナの「オ」との違いは、
ひたすら、口のあけ方であります。
まず、口を大きくタテに開きます。
それで、ちっとも口の形は「ア」じゃないんですが、それを保ったまま
ノドの奥から、「ア」と言おうとする感じ、でしょうか。
(↑特にアメリカ英語)

ハイ、そうです、オではなく、ア。
でも口の形がタテに長く開いていますから、
決してアにはなり得ず、オでもない。
いやーん、気持ちわるーい!!
この気持ち悪さを感じられたら、
カタカナの「オ」が、違う言語である英語の音になった証拠であります。ブラボゥ。

では、昨日のサイトをまたお借りして、
練習と確認をしてみましょう。
(別ウィンドウで開きます)
CapD20080614.jpg
またしても、いきなり Helloなんていいますが、
今日もまず、「特訓してから問題をやる」を選びましょう。

そうしましたら、今日は二つの単語、
rock と lockを聞き比べてみてください。
rocklock.jpg

なぜかRとLの練習もさせられてしまう一石二鳥であります。
どうでしょう。聞き比べてみると、両方とも、
もはや、カタカナの「オ」とは違った音に聞こえると思います。

その違いが聞き取れたら、せっかくですから、
一緒に発音練習をしてみてくださいね。
口をタテに長く開いて、アを言ってみるつもりで奥から発声…

「ア」じゃーなくって、「オ」に近いようで、「オ」でもない。
いやーん、気持ちわるーい!!の音が単語に反映されましたら、
今日のゴールは達成でございます♪

発音の仕組みを知ると、聞き取りもラクになるんですね。
では、続けて、こんな単語を練習してみてください。

coffeecopy

↑この辞書は、アメリカ式発音とイギリス式発音が両方聞けますので、
身につけたいほうの音で練習できるスグレものでございます。
ビバ21世紀。ありがたいですねぇえぇえぇ。

今日も最後までお付き合いくださってありがとうございました♪
オンラインで楽しく英会話・オンタノで、楽しく英語とお付き合いいただければウデチーです♪

お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑みなみなさま、毎日ありがとうございます♪
感謝、感謝の大感謝連続でございまっす!
皆様が素敵な日々をおすごしくださいますように!
posted by うろこ on 2008/06/16 | Comment(6) | TrackBack(0) | 無料英会話・発音の解説と練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

luck とlack、 hutと hat、カタカナの「ア」を英語に変換

Hi there,
みなさん、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

日本語と英語は遠い言語なので、ウンヌンカンヌン…
ということを、しつこく何度も書いておりますが
これは、ひとえに、私の苦戦体験から来るものであります。

本州もロクに出たことのなかった私、
生まれて初めての海外は一人ぼっちで10週間の遊学でした。
(無謀にもホドがある…今考えると若気の至りにゾっとする私)

で、さすがに丸腰は怖かったのか、
日本から、カタカナで発音が書いてある本を持っていきました。

この一冊を水戸黄門の印籠のごとく使いまくってやろうと目論んでいたのです。

がっ!

観光客慣れしていない人ばかりが住む、
ド・田舎へ自ら望んで行ってしまったがゆえ、
助さんや角さんはおろか、風車の弥七も道中に現れてはくれませんで、
ワタクシ一人、ひたすらウッカリ八平に。無念。

で、ですね。やっぱり、カタカナ発音じゃあ、
全然通じなかったワケです。(遠い目)(でも、みんな良い人だったよなぁ…)
日本語の音と、英語の音は違う。ぬぉー。

「いわゆるキレイな発音」というのはけっこうなイリュージョンでして、
これはまた別の話なのですが(超長くなる)、
通じる発音を使う、というのは必要不可欠なのです。

カタカナで覚えているといつまでたっても通じない。ってことが、
すごくあるのです。

発音練習は、じれったいのですけれど、
既に知っている単語を使える単語にしていくことが出来るので…
結局は近道になると思います。

まーた本題に入る前に長くなりましたがゲホゴホ(せきをしてごまかす)

■ハイ。では、今日は、
カタカナの「ア」を英語に変換していきたいと思います。

日本語のカタカナの「ア」は応用力がバツグンなので、
英語の母音のうち、違う発音をエイヤと「ア」でまとめています。
カタカナって、日本人には便利なのです。

しかし!英語を話そうとする者にとっては、
こーれーは、ヤヤコシイまとめっぷりになっています。

たとえば、
hat (帽子), hut(シンプルな小屋), luck(幸運), lack(欠乏), をカタカナで書くと
ハット、ハット、ラック、ラックになりまして
なんだか楽しそうな鳩のカップルが引越し業者でも始めたかって感じです。←?
あまりのくだらなさに自分で一瞬気絶するところでしたが

でも、これだと肝心の英語圏の人には「ん?で?え?」となりやすいんです。
(文脈から理解してくれる人はいますが、そうでない人もタップリ)
ですので、一つずつ整理してから、
練習していきたいと思います。

では、今日はこのページをお借りしますが…
(別ウィンドウで開きます)
CapD20080614.jpg
いきなり Helloなんていいますが、
ここはひとまず、「特訓してから問題をやる」を選びましょう。


するとこの画面が開きます。
lucklack1.jpg
今回は、左半分だけを使います。(残りは続編にて)
まず、rack と ruck をそれぞれクリックし、
続いて、lack と luck も、同じように交互にクリックして
カタカナの「ア」にあたる部分が違う音だと、、
聞き取ってみてください。

rack ruck、
lack luck の音の聞き比べをしたら、
次は、特徴別に見て行きつつ、
発声練習に行きたいと思います。

■ rack , lack
これは、エの口の形をしてアを言え、というゴムタイな音であります。
↑ンなむちゃな。

口を横に引っ張る感じでかなり横に開きまして声を出し、(エー、みたいな)
そのままアゴをさげていくと
音が変っていきますが、その、エからアに変っていく中間地点といった感じ…

そうだ!部長が激しく酔っ払って
「ぇあー、もう飲んじゃうよ今日は!」の「ぇあー」です。って人によるか、これは…。
ウルトラセブンの、ヘヤッ!の母音部分も近いかな…
笑ゥせぇるすまんの喪黒 福造の口で、アを出す…(古いか)

つまり、口をニッと横に開いて「エア」を無理やり一気に言う感じ、です。
この音は大変ですが、たいてい、
単語の中のアクセント(一番強く発音する部分)に使われているので
大げさな「ェア」なんだな、と思っておくと良いと思います。

説明を読んだ後、もう一度聞いてみてください。
そして、今度は一緒に発声してみてくださいね。


■ ruck, luck

これは、さっきゴムタイな発音練習をして疲れた口を
リラックスさせて出すような音であります。

あいまい音とか言われていますが
カタカナの「ア」よりもさらに怠惰に、口もあんまり開きません。

何かをしていて、ふと別のことを思い出した時、
もしくは、あ、やべっ。と思わず漏れる、
そんな感じで誰に言うでもない、
独り言でポツリと「…ァ」という感じでしょうか。

…腹話術師が人形に喋らせるときに繰り出す「…ア」、とか、
千と千尋の神隠しにでてきた、
カオナシの発する声、あれも、この音でアリマス。
口の形も、あんな感じです。←Google イメージ検索よ、ありがとう


これもまた、同じように音をもう一度聞いていただき、
一緒に発声練習をして、感じをつかんでいただきたいと思います。

続いて…
と思いましたが、
水戸黄門が出てきたり宮崎アニメを持ち出したりで気絶しそうですので
続きは明日ヤリマス。


今日も最後までお付き合いくださってありがとうございました♪

お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑みなみなさま、感謝、感謝の大感謝連続でございまっす!
皆様の毎日が素敵な日々でありますように☆
posted by うろこ on 2008/06/15 | Comment(10) | TrackBack(0) | 無料英会話・発音の解説と練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

アメリカ式のRの発音

Hi there,
みなさん、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

オンタノ読者様から、「R」の発音をもっと詳しく見たいという
リクエストを頂戴しました。ありがとうございます♪

で、今日は、Youtubeの動画から、
アメリカ方式の「R」の発音練習サイトを見つけてきたので、
ごらんくださいませ。

これ、発音矯正のDVDの宣伝のようですが
発音矯正の教材に出てくるセンセが登場しまして、
一通りの流れをやってくれます。

センセ、まんず、ベーラベラと話しをはじめますので
そこはすっ飛ばしていただいて(酷)

実にいろんな人が「R」でトラブルを抱えているはずです、
国によって、Rの発音にいろんな癖が出ますよね、
というようなことをマシンガントークされていますんですが
ンなこた、実感として存じてますがなっというワケで


「アメリカ式のR」の発音練習を見てみましょう。
(動画の、1分15秒めあたりデス)



まず、口と唇を前に突き出します。
ヒョットコの顔ですね。ん?
(Mouth and lips come tightly forward)

それから、R発音をする前に、その準備として、
唇を前に突き出したまま、「ウーゥ」と言ってます。
ヒョットコが、ウーゥ。うーん。

いきなり「R」じゃなくて、準備のウーから…
これがRに入る口の形です。
↑アメリカ式「R」の特徴、音がくぐもるところですね。
イギリス式はもっと上品というか、舌の巻きっぷり音のくぐもりっぷりが軽いです。
誤解を招く表現だったので訂正しました。山形Rさん、ご指摘ありがとうございました。2009/12/09

さて、このセンセ。
誰もこんな風に準備をすることなんて、教えてくれなかったでしょ♪
なんて嬉しそうな顔をチラリと見せてくれたあと

いよいよ、Rの発音に入っていくようです。

舌を後ろに引きます。
(Tongue moves back)

準備で作った口と唇を前に突き出したまま、
敢えて、舌を後ろに引く…という作業で、
アメリカ式のRが出てきます。口の中でストレッチですわね、これは。

ポイントはこの二つ
・Mouth and lips come tightly forward (口と唇は前に突き出す)
・Tongue moves back (舌は後ろへ引っ込める)
というのが、アメリカ式の、
くぐもったRの発音のツボであります。

続いて、「R」を使った言葉をやってみます。
「RRRRRR」(イラついている狼風)から、Rockという発音へ。

「RRRRRR Rock」とオオゲサにやってみせてくれます。
唇を突き出して、舌を奥へ引く…、
慣れるまでン?ン?となるかもしれませんが
オオゲサにやってるうちに、だんだんラクになってくると思います。

鏡をつかったり、指先を口に入れたりして
舌が引けているか確認するのも良いようです。

では、練習の仕上げに、
Rの発音を意識しつつ、オオゲサに発音しつつ、
こんな歌で練習してみてくださいね♪



では、皆様すてきな一日をお過ごしくださいませ♪
今日も最後までお付き合いくださってありがとうございました♪
オンラインで楽しく英会話・オンタノで、楽しく英語とお付き合いいただければウデチーです♪

お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑みなみなさま、感謝、感謝の大感謝連続でございま〜〜す!
ありがとう 言わせてくれて ありがとう ゴッザイマーッス(激しく字あまり)
posted by うろこ on 2008/06/14 | Comment(10) | TrackBack(0) | 無料英会話・発音の解説と練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

動画で無料発音練習・今日は「F」と「H」

Hi there,
みなさん、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

日本は織田信長公の時代から
実印と承認印みたいなハンコの使い分けをしてきた文化でありますが
(朱印・天下布武と黒印・花押)←イキナリ何の話だ

アメリカは徹底的に「サイン」の文化なので、
日本で実印がいるような取引書類にあたるものは、
サインをするとき、証人(notary)が必要なことがあります。

この notary に免許証なんかを見せて、
目の前で書類にサインをすると、証人になりました、とサインをしてくれ、
仕上げにエンボス加工もしてくれます。

銀行に行けばたいてい、notary 資格を持っている人がいるので
近くの銀行に行ったのですが、
えっらーーーーーーーーーーーーーく待たされました。

待っている間、読み物もなく
手持ち無沙汰だったので、
かすかに腰を浮かして空気椅子をしていたら(!)
途中から自分にチャレンジモードになってしまい、

やっとワタシの順番がやってきたときには
モモが疲労困憊でヘロヘロ揺れて
(つまりソレほど待たされたので)

サインが、ヨ〜レヨレになってしまった私です。
一体ナニをやってんでしょう。もー。

長いッ! 相変わらず長いっ!すんません。
では、本題に入ります。

さて!

■発音練習「F」と「H」
今日は、無料で発音練習をしてくれる先生をひっぱってきました。

久しぶりにすきっ歯先生に(無礼なワタシ)ご登場いただきましたが
こうやって、口元を大きく見せて、
ゆ〜っくりやってくださる先生は貴重でございます。

さて、お題デス。
日本語では「ハヒフヘホ」で済ませることができる
HとFの音を、英語の発音にするために、
しっかり区別をつけていきたいと思います。

では、先生のサイトへ、どうぞ!
(↓をクリックすると、別ウィンドウで開きます↓)
UgEgHF.jpg

Fの発音は、以前もお伝えしたとおり、
上の歯を下唇にのせて、
歯と唇の間からFッと出す息で作る音ですが

Hの発音は、口をあけて、
ノドから息だけを、ハァ〜とする音です。
鏡や窓を曇らせて拭くときの「ハー」に近いですかね。

これも息の音ですから、
口の前に手をあてて、息が出ているか確認します。

日本語はろうそくの炎を消さずに民謡を歌うことが出来ますが
(大昔そういうコマーシャルを見たような)
英語はろうそくを消しまくりです。
停電の夜には迷惑ですよね…ってどんどんハナシがずれますので

今宵は、これにて♪

今日も最後までお付き合いくださってありがとうございました♪
オンラインで楽しく英会話・オンタノで、
楽しく英語とお付き合いいただければウデチーです♪

お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑みなさま、毎日、本当にありがとうございます☆
感謝、感謝の大感謝連続でございまっす!ありがとう 言わせてくれて ありがとう←うろこ川柳
posted by うろこ on 2008/06/06 | Comment(10) | TrackBack(0) | 無料英会話・発音の解説と練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

英会話・無料発音練習 省略する音I'm gonna 、声を出さない音たち、それから…

Hi there,
みなさん、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

本屋さんに行ったら、
「Easy Keiki Origami」
という本が売っていました。

Easy は英語、
Keiki はハワイ語で子供、
Origamiは日本語の折り紙ですから、

ここの言葉は、3ヶ国語がビミョーに混じっていることが多いな〜、と
改めて思った次第です。

ハワイ語は、日本語と音の構成が似ていて
全てに母音がくっつくので、カタカナに変換できてラクチンです。
makai マカイ→海側
mauka マウカ→山側
これは、ハワイの人がよーく使う言葉。
メインランドから来たアメリカ人が、何語?と仰天する言葉だそうです。

おっとっと、
ンなこたさておき、

さて、今日はまた、セサミストリートに出てくる人形みたいな
センセにご登場いただきまして、
カタカナにはならない英語の発音練習でございマス!


'I am going to' の口語、
I'm gonna の発音練習をしっかりやってくれます。
これはくだけた言い方なのですが、普段の会話の中では非常に良く使われます。

でも、くだけた言い方 + 話し言葉のみで存在する言い方、
丁寧な物言いをする場合には避けたい言葉なので
普段はなかなか教えてもらうチャンスはありません。

しかし。
普段の会話の中では鬼のように使われます。
なので、知っておいた方が良いのは間違いございませんユエ、
ぜひ、見てみてくださいませ。



練習をするときは、オオゲサに!
オオゲサ=exaggerate←音が出るサイトが開きます
と繰り返して言っておられますが

これは、前回のビデオで
オオゲサに練習をすると、
脳みそが「あ、なんか新しいことやってんの?」と
認識しやすくなる、というのがこのセンセの論のようです。

それに、いざ、誰かと喋るときは、
話す内容に気持ちが集中しますから、
どうしても、「発音?それどころか!」という状況になってしまうので
しっかり、筋肉に覚えさせておこう、ということも言えるのではナイかと…☆

車の運転と同じで、
アクセルをこのくらい踏んで、あれ、もっとか。
よしよし…次は、えーっとハンドルをこうやって回して、おっと回しすぎた!
ウィンカーだ、だあーっ!ワイパーだった〜〜!!

という状態から、基本操作は身について、
運転に集中していく、というのと似ていますね。

ところで、英語には、日本語にはない
声を出さない音がけっこうあります。

この「声を使わぬ音」をしっかり出す、というのは
日本語の概念からすると、なーかなか難しいですよね。
声出さないなら言葉の音は出ないでしょ、となりがちです。

でも、英語ネイティブスピーカー相手には、
こういう音は、非常に肝心な音なんですね。

センセの動画を見ていると、
しっかり息を吐き出しているのが見て取れると思いますので
P や F、T や S、の、声を出さない音の練習をするときは、
ぜひ、手のひらを口の前にあててみて、
息がしっかり出ているか確認しながらやってみてくださいマセ!

workの音はちょっと練習が必要ですね。
wは、しっかり唇を突き出して、
ウォ!と犬の声を出さねば、Wの音と受け取ってもらえません。

w の後も、カタカナにはなり得ない音ですから
ちょっと混乱しやすいんですよね。
そこで、続きはアクション先生にお願いしましょう。
ここで、work と、walkの違いを説明してくれています。


このセンセは実際の英会話教室でも、人気でしょうね。
そのうちテレビとかに出てきそうな感じ…

なんてことはさておいて、
ぜひ、練習もしてみてくださいね。
声を出すと、耳からも脳みそに伝わりますから、
効果があがるんでアリマス。

では、今日も最後までお付き合いくださってありがとうございました♪
オンラインで楽しく英会話・オンタノで、楽しく英語とお付き合いいただければウデチーです♪

お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑みなみなさま、感謝、感謝の大感謝連続・ウデチー日々をありがとうございまっす!
皆様も素敵な日々をおすごしくださいませ♪
posted by うろこ on 2008/06/04 | Comment(8) | TrackBack(0) | 無料英会話・発音の解説と練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

英会話発音練習・練習の時はオオゲサに

Hi there,
みなさん、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

今日は、ん?もしや、あなたサンは、
セサミストリートの人形のモデルになっておられましたデスか?!と
思わず聞いてみたくなるような、
不思議に脳裏に残るかんじのセンセイを連れてきました。

さて。今日は発音でございまして、
母音でございます。

アイウエオは日本語としては美しいですが、
これを、ローマ字勉強で鍛えられたとおり、
そのまま海外で使おうとすると、
いろいろと相手を巻き込んで、混乱することに。←経験者

というのも、
日本語の美しく区別できる母音の
ア、イ、ウ、エ、オにくらべて、
英語は、カタカナで表すには、あまりにもアイマイ!

・ニーと笑った口の幅のままアと言えだとか、
・ホチキスを前歯で挟んで声だけ出せとか、
・奥歯にノド飴を挟んで声だけ出せ、とか、

そんなゴムタイな!という練習をさせられた音が存在します。
↑いや、これは恩師も私も共に熱血タイプで、
完全に我を忘れた結果…ホチキスをくわえたまま(くわえさせたまま)、
二人で途方にくれたのは認めますが

でも、この「母音の区別」をやっておかないと、
Happy と言ったつもりが、相手には
Hoppy と聞こえて、飛び跳ねてどうすんのじゃとなるんですね。

ちなみに、これはローマ字読みだとホッピーですが
これは海外では通じませんので、
昭和の面影を残す居酒屋で使っていただくことにして(?)

こんな風に、「ローマ字読み」は、非常に危険でありますのが
それについてはまた別の機会に、記事をつくりたいと思います。


では、動画です。
今日は、アでもなくエでもない、
まず口の端をニーと左右にひき伸ばして
口はその幅をキープし、口を大きくあけてエとアを一緒に言う…
という、ンなムチャな!の、アクロバット音です。
違う言語も甚だしいこの音は、どーーうしても、練習が必要です。

しかし!
have, ask, after, Japan, hand, sad, happy, angry....
と、ヒンパンに使う単語が多いので、
これを、カタカナの「ア」と区別できると、
ぐぐっと、英語が通じやすくなるんです。

ぜひぜひ、センセイの大口を見て、練習してみてくださいね♪


うーん、なぜかネットリと脳裏に残る…。
なんてことはさておいて、

練習をするときは、とにかくオオゲサに!
そうすると、脳みそに
「お、新しいことをやってるんだね」と伝えられる…とのこと。
たしかに、これは納得です。


今日も最後までお付き合いくださってありがとうございました♪
では明日は、久しぶりに旅英語…
お買物には欠かせない、値段の言い方や、硬貨の呼び方をお伝えしたいと思いマス!


お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑みなみなさま、いつも本当にありがとうございます!
感謝、感謝、大感謝の感激連続でございまっす!
posted by うろこ on 2008/06/01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 無料英会話・発音の解説と練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

英語の発音整理・SとSHの音について

Hi there,
みなさん、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

さて今日は英会話の筋肉トレーニング、フタタビ、発音…
この発音をウッカリ間違えると、
「無礼な言葉」になりかねない、
SとSHの音について整理したいと思います。

英語のSとSH、日本語では
それぞれに母音をくっつけた音として、
サシスセソ、と、シャシスシェショがありますんで
使い分けは出来ていることが多いのですが、
(サケとか、シャケとか)←あ、こりゃ日本語か

非常に危険なのが、
どっちの言い方でも共有している「シ」の音です。

「s」と「sh」、発音自体は簡単なのですが

この「シ」、
英語ネイティブスピーカーには、shi に聞こえます。
これが、実はとても危険なワケなんです。

なぜなら、ヒンパンに使うような「sit 」という単語、
これ、カタカナ発音で
「シット」といってしまうと、
カタカナの「シ」は、「sh」の発音に非常に近いので、

ネイティブ英語スピーカーには、「Shi+to」となって、
(そういう言葉は存在しないので)通じません。

で、最後の母音をとって、がんばってTの発音で終わらせると、
「shi*t」
↑非常に下品な言葉なのでダイレクトに書けません☆
という悲劇に陥ります。

犬に対して「お座り!」のつもりが、ああっ!
どうぞお掛けください、のつもりが、ああっ!侮辱してしまった!
と、なってしまう危険があるんですね。

sit と言うには、sの発音を思い出していただいて、
sssssss(歯と歯の間から漏れる、ガス漏れみたいな息の音)
から始まらなくてはいけませんのであります。


この区別を体で覚える練習に良いのが、この早口言葉でしょうか。
私も、何度も何度もやらされました。
きちんと意識しないと、
海が貝殻で彼女を売ったりして大変なことになりますから、
ゆっくり一つ一つの音を聞いていただきたいと思いマス!

Interesting Things for ESL Students
shesells.jpg


↑のページでは、文節をクリックすると
それぞれの音声が聞けるように出来ています。

聞き取りの練習をしてみたい!と思ったかたは、
propra.jpg
へどうぞ。
Start ボタンをクリックで開始です。

するとこのページに飛びますので、
まんず、画面の[Listen Then Chose]をクリック…
すると、音声が聞こえてきます。
s_sh2.jpg
[Listen Then Chose]をクリックして音声を聞きます。

s_sh3.jpg
どちらの言葉が発声されたか、クリックして選びます。

正解だと、correct! と表示された画面が一瞬表示されます。
↑寂しいですが
画面右側に、正解数がカウントされていきます。

同じ単語で何度も練習できますが、
次の単語に進む場合は、画面のイチバン下の矢印をクリックします。
s_sh4.jpg
マウスを乗せると、矢印が赤くなります。

いやー21世紀って便利ですねー。
楽しく練習できますように。

ちなみに、「sh*t」(*→i)とか「Fu*k」(*→c)とか、
こういう言葉は、"swearword"といって、
「非常に無作法で無礼な」言葉です。
アメリカの子供たちは、このswearwordを使うと叱られたり、
罰金を取られる子もいるようです。


お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑喜びの日々・みなみなさま、感謝、感謝の大感謝連続でございまっす!
posted by うろこ on 2008/05/25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 無料英会話・発音の解説と練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

Youtubeを使った英会話練習・今日はTHとZ

05122008 THとz 
Hi there,
みなさん、こんにちは。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

今日のお題は
日本語ではザジズゼゾで表せる「TH」と「Z」の発音について
区別をつけていきたいと思いマス。

「TH」と「S」の発音はオンタノの過去記事Youtube を使ったTHとSの発音を見ていただくとして
さて、今日もYoutubeで動画を見つけてまいりました。


さて、Zの音ですが
Sの発音を練習した皆様なら、これは簡単。

Sは、上下の歯の間から、漏れる息だけ…
ガス漏れッ!みたいな
上下の歯の間から押し出す空気で音を出す、そんな感じでしたが
これに、声を加えていきます。

sssssから練習していくと、わかりやすいと思います。
まず、ssssss…ガス漏れの音に、声を加えていきます。ssssszzzzzz…
声に歯が振動して、くすぐったい?Good!
↑この感じを味わえたら、Zの発音はバッチリです。
ハチやハエの羽音を、zzzzと表現することが多いです。
マンガなんかだと、眠っている人にzzzzと描かれていること、多いですね。

さて、管理人うろこは大昔、そうですねーえ、
30歳になったころでしたから
世間では、平賀源内がエレキテルと戯れているころですか。(?)

当時、行きやすかった横須賀の海にて
ウィンドサーフィンをやったことがありますが
(風が強すぎるとすっ飛ばされるし、
 弱すぎると進まない、というジレンマの中で
 諦めちゃいましたが☆)

当時、DA KINE (ダカイン)というメーカーものをお古で戴いて使っていました。
この、DA KINE「ダカイン」って実は、
"The kind" の、ハワイ訛りなんであります。
(↑俗語ですが、これぞ!とか、上等の!みたいなニュアンスで使います。
オアフ島・KAHUKU 地区のとうもろこしは甘くて有名なんですが、
島のはずれの道端でそのとうもろこしを売っている兄ちゃんなんかが、
輝く笑顔で"This is da kine!" なんて言ってるような感じ)
↑ややこしいニュアンスですけど
洗練された言葉ではありませんで、なんかこう、
もっと田舎っぽくて親しい感じが伝わってくる感じです。

で、それはさておき、
"The kind" が、ダカイン?
あの当時のワタシに、一体どうしたら、
そんなことが想像できたことでしょう!

ハワイに存在する特有のアクセントを知るまでは、
なんか全然別の、
カッコヨイ意味のある英単語だと思ってましたよッ(恥)
いやー、年齢を重ねるって良いことですね。うん。

ンなこたさておき、
ところで、日本人には非常に言いやすいハワイ訛りの 
the→ダ、これは
thの音のキモである「息」がちゃんと出ていないので
「ダ」になっちゃうんですね。

舌の先を歯ではさむようにしてペロとだして言った「ダ」に、
吐き出す息をどんどん加えていくと、
息の音がたっぷりの、カタカナでは表せぬ音…The になりまして
ハワイ訛りからも脱出でございます。

気持ち悪い…違和感を感じる…そう感じていただけたなら、
今回も、バッチグゥ。異言語の醍醐味をお楽しみくださいマシ!

お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑奇跡のようですが一位をキープ中☆
 みなみなさま、感謝、感謝の大感謝連続でございまっす!
あじがとうございまーっす♪
posted by うろこ on 2008/05/12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 無料英会話・発音の解説と練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

Youtube の動画を使った英会話スピーキング練習【今日はTHとS】と、3匹の盲目ネズミ!?

Hi there,
みなさん、こんにちは。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

今日のお題は "TH" と "S"。
便利な日本語では「サシスセソ」で表せてしまう "TH" と "S" の発音について
区別をつけていきたいと思いマス。

良いもん見つけてきました…♪

いろいろとセンセのおしゃべりも混じっていますが、
この動画では、
日本語ではサシスセソで表せる "TH" と "S" の発音を、
比較しながら、動画にあわせて一緒に練習することができます。これは有難い。



TH の発音は昨日のオンタノの記事 Youtube の動画を使った発音練習・今日は『TH』を見ていただくとして
さて、s の発音デス。

s は、上下の歯の間から、漏れる息だけ…
ガス漏れッ!みたいな
上下の歯の間から押し出す空気で音を出す、そんな感じです。
ス、にならないよう(声を出さない)息だけを出すことに注目してみてください。
指をノドにあててみて、振動していたら声が出ています。
S は、息が歯の間から漏れてくる音だけ、です。
口元も、スゥとウの口にならないよう、
なにげ〜にリラックスさせてみてください(^^)

ちなみに管理人は過去に3年ほど、
南半球にある米領サモアに住んでいましたが
都市ガスなんてものも、そもそも都市もありませんでしたから
むちゃくちゃ重たいプロパンガスを「自分で運ぶ」という生活でした。
ある雨の日、私は徳川家康か!と、思ったことを白状しておきます
(人生は重き荷を持って歩くがごとし、でしたか)
 個人的には織田信長の方がすきな、隠れ乱暴モノであります。 ああぁあぁ、は〜て〜しな〜〜〜〜くハナシがずれていきますので

そうだ。プロパンガス。
なんでワザワザ過去まで旅をしたかというと

そのプロパンガスを設置してですね、
元栓を開けると、
最初は SH のシュッみたいな音がして、

後は切れ目なく滑らか〜な SSS… という、
これぞまさしく S の音、が聞こえたことを覚えています。
そう、チューブが古くなっていて、しっかりガスが漏れ出ていたのでした。危ないッて!
…長い。長いぞ自分。

さて、それはさておき、ヨッコイショ。
それでは、こんな恐ろしい子供用の歌で、
たっぷり練習してみてくださいね。

え?恐ろしい?
そうなんですよーう。

3匹の盲目のネズミが農家の奥さんを追いかけて走っていて、
その奥さんは、なーんと包丁でネズミのシッポを切り落としたとか、

なーんとも、おーそーろーしーく意味不明の歌詞を、
なーんという可愛いメロディで、しーかーも子供向けに!
とまあ、不思議オンパレードなんです。

「意味を考えなければ可愛い歌じゃん」なんてことを
アメリカ人の友人たちは言いますが
その言い分は、わかりません。わかりませんぞ。
アニメになっていても、さらにワケわかりません。
しかし考えてみると日本の子守唄にも、怖いものはありますね。

がしかし、この歌、
TH の音 (three)と、S の音 (see) の音の聞き分け練習にはモッテコイです。
(ついでに L (Blind) と R (three) の練習もできちゃうという、発音練習歌)
L と R の発音練習はこちらの記事からどうぞ

では、どんぞ。

Youtube の動画です。ユックリ目にうたってくれているのを見つけました(^^)

歌詞はこちら
Three blind mice
Three blind mice
See how they run
See how they run

They all ran after
The farmer's wife
She cut off their tails
With a carving knife
Did you ever see
Such a sight in your life
As three blind mice?

途中、ムチャクチャ早いですが、
そこは慣れるまでラララ♪で歌い飛ばしていただくとして
ぜひ、一緒に歌ってみてくださいね。

* carving knife ってのは、
ハムとか七面鳥とか肉の塊を切り分けるときに使いますが
包丁一本サラシに巻いて渡り歩きつつ調理できる日本人から見ると、
なんだ、包丁じゃん。の一言です。
Google なんかのイメージ検索で、carving knife と入力すると
こんなものか、と画像でイメージしやすくなりますヨ。


それにしても、なぜだ、なぜなんだ、
童謡にこんな意味不明の歌詞がついているなんて、
(相棒もこの歌詞の内容を深く考えてはイカンというので)
こういう童謡に、激しく動揺←押さえ切れなかった…殴ってくださってケッコウです。

TH vs S, L vs R と、日本語とは違う音の出し方、違和感を、ぜひぜひ、
たっぷり楽しんで練習してみてくださいね。
変な音ー。上手くだせないやー、みたいな違和感は、異国の言葉を学んでいる醍醐味です!

Three blind mice----- ♪ ←こびりついてしまった人

お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑みなみなさま、感謝、感謝の大感謝ずーっと連続でございまっす!夢のようだ!
あじがとうございまーっす!
posted by うろこ on 2008/05/10 | Comment(4) | TrackBack(0) | 無料英会話・発音の解説と練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

Youtubeの動画を使った発音練習・今日は『TH』

Hi there,
みなさん、こんにちは。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

今日のお題は「TH」。

声を使わない「TH」と (Thank you, everything, ...)
声を使う「TH」とありますが、(The, this, that....)

単語を見ていただいても一目瞭然、
非ッ常〜〜〜に使用頻度が高いので、
コレが上手に出来ると、とても楽になります。

まず、「息が出る感覚」を味わいやすい
声を使わない、息だけの「TH」(Thank you, everything, ...)を練習してみましょう。

では、短い動画でみてみましょう。

thought という単語を言っています。
おお、口の動きが絵になっていますね。ビバYoutube。
動画のメリット・何度も見る・一緒にやってみる、をお試しください。

さて、TH。遥か彼方の記憶によると、
学校では「舌を噛む」なんて教わった記憶がありますが
舌と歯の間から出る空気が「THの音」のキモ、でありますユエ、
しっかり噛むと、痛ッ←ベタベタのオチですのでここはシカトしていただいて

しっかり噛むのではなく、舌に歯を乗せるという感じ…に
記憶を訂正していただきたいと思います。
まず、歯を舌に軽く触れさせます。

舌がチロっと、歯の前に出ますね。
これは日本語ではしない口の形なので、
思わず舌を引っ込めたくなりますが、ここはガマン。
エンマ様は地上にいらっしゃいませんので安心していただいて←?

そのペロと出た舌と、その舌に乗せた歯の間から息を押し出す、
少々クスグッタイような(舌と歯が触れ合っているのに息を通すので)、そんな音がTH、です。

息がキモ。
ちゃんと息がでないと、Thank you が、テンキューと聞こえちゃいます。

ためしに、テンキュー、と言ってみてください。
では次に、敢えて舌を歯の前に出して、もういちど。
テンキュー。まだカタカナで言えますね。
舌ったらず、な感じです。

このテンキューのテンに、吐き出す息をどんどん加えていくと、
息の音がたっぷりの、カタカナでは表せぬ音…Thank you! の、
通じる音になっていきます。
これを綺麗な発音にするのは、母音練習というステップがありますが
それはまた後日


なんか、THの劣って気持ち悪い…違和感を感じる…そう感じていただけたなら、
バッチグゥであります。
この違和感こそ、「違う言語を使っている」証拠でありますユエ!

では明日は、日本語では両方ともサシスセソで表せる
「TH」と「S」の音について、練習をしていきたいとおもいます♪

これがちゃんと区別できないと
I'm sinking!!(溺れちゃうよ!)
What? What are you thinking? (ナニを考えているんだって?)
なんて悲劇が起きますから(?)

なんてことはさておいて、
ボストンから元蒸気船乗組員だったという美人ママさん
Jennifer センセを見つけてきました。
おだやかで優しい物言いのセンセイですね♪

まるで海外のESLクラスの授業みたいに、
「TH」の音をやってくれます。



ちょっと前置きやらなにやらが長いですが
集中すべきは「TH」。
英語ネイティブスピーカの「TH」の音を、
耳でキャッチしてみてくださいませ。

途中で、ホワイトボードを使って、
上の歯、息、舌、息、舌の歯…みたいな、
息の流れの構造図を描いてくれていますが

「舌」と「下の歯」の間から息を出すのは物理的に
(舌の生え方というか、人間の構造からして)
無理なんでないか?とチと思ったりしますが
息をたくさん出しましょう、ということでしょうね、きっと。

お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑みなみなさま、感謝、感謝の大感謝連続でございまっす!
テンキュー!いや、Thank you!!
posted by うろこ on 2008/05/09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 無料英会話・発音の解説と練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

動画で「L」と「R」の練習を☆

こんにちは。オンラインで楽しく英会話・オンタノ管理人のうろこです。

今日は先日のお約束どおり、
「L」と「R」の発音(R はアメリカ英語方式・イギリス式はもっとおだやかですが管理人は上手に説明できましぇん)について
動画を探してまいりました。

日本語だと、ラリルレロという便利な音が
「L」も「R」もカバーしてくれますから
違いを表現することの重大さをなかなか、実感できないのですが

英語圏の人からすると(また、英語に慣れてくると)
ずいぶんと、この違いが大事なのね!と納得できるようになります。

まるで、異国の言葉の発音っていうのは、
テレビでいうところの、アイドルグループみたいな存在です。
…って、え?ナニヲヌカス?

いや、あの、デビュー当時は、どんなアイドルグループでさえも
「一人一人がさっぱりワカンネ!」
「みんな同じ顔に見えますわいね…」
…という状態から

フとしたことから興味が出てきたり、
そのグループを見慣れてきて、
一度、個人の違いに気がつけば、

「あの子は可愛いわね」とか
「この子は特徴的ね」になり、

そのうち、
「なんだ、一人ひとり、全然違うじゃ〜ん!」
と、なるのと似ていますデス、ハイ。

一方で、このアイドルグループに興味がわかなければ、
ハナから違いを区別する意欲がありませんから、

いーつまでたっても
「誰が誰だか…」「もう、トシだわ」などと、
ファンの方からしたら、
「信じらんなーい!」と怒られそうな状態が続くわけですから
(どういう例え?!というのはサテおいて)

発音に対しても、こんな風にですね、まずは、
「慣れてくれば違いがわかる…興味を持てば、違いがわかる…」と、
心のどこかに留めていただきながら
リスニング練習、発音練習をされるのがヨロシイかと思います♪

さて。

…で、今日は「L」と「R」です。
ハナシがずれるうちに、あやうく忘れるところでした(危)。

Youtubeで探してみたんですが、
みなさん、どうも、
ヨケイなことをベーラベラとしゃべってくださるので
L と R にたどり着くまでに疲労する可能性が大きい…
(大体、第二言語で英語を練習している人を相手にして録画しているんだろうに、
マシンガントークしてどうすんじゃ!という先生の多いことよ!)


…ので、
こんなシンプルなサイトを見つけてみましたので、コチラをどうぞ。

この人は、かなり大げさな口の動きを伴って発音をして、
違いを見せてくれようとしてくれますので、
はぁ、そうなんだ、そういうものか、と練習しやすいと思います。

オオゲサな状態で見て、練習した方が
実際にしゃべるときはどうしても、始めのうちはとくに、
違和感がどこかで働いて口の動きを邪魔してきますので、
「L」と「R」の違いを学ぶには、
このくらいで、十分かと思います。

では、どうぞ。画面の真ん中あたりに、画像が出てきますので再生してみてくださいね。
Ugo Eigo.com 「L」と「R」の音
↑別のウィンドウで開きます。

修正・Ugo Eigo から動画にジャンプできなくなっているようですので、
Youtube の Rachel 先生の動画を

http://youtu.be/iH-9lqrGbBU
(クリックすると別ウィンドウで開きます)

ここでナニをしているかといいますと
「L」と「R」の練習をしていきます。

この二つの音は良く似ていますが、違いは、舌の位置です。
まずは、「L」。

Lの音のとき、センセイは
上の歯の後ろの、チとでっぱった上あご部分に、舌をくっつけて発音をしてますね。
(上の歯の付け根でも大丈夫です。
舌と上の歯ぐきが合体している!というのが「L」の特徴)

次に、「R」。

「R」のときは、
舌を口の中の奥にキープして
(舌はどこにもタッチしない孤独な状態)

そうですね、ジャイアント馬場氏の、アポ!の「ア」(古)、
これがですね、実は、
舌が奥にひっこんでドコにも触れていない…という
アメリカ式「R」の極意であります。

続いて、センセイが
「L」を使った単語か、
「R」を使った単語か、練習問題を出しますので、
ぜひ、チャレンジしてください。

「L」と「R」のように、
日本語では一つの音(ラリルレロ)で表せてしまうような発音は、

実際に声を出して、発音練習をしてしまったほうが、
リスニングもラクになるのが早いので、
ぜひ、画面をみながら、
「L」、「RRRRRR」と、やってみてくださいね。

私は愛しくも厳しいホストマザーに、ひとさし指をつっこまれて、
Rのときは舌を第一関節分は奥へ!どこにも触らない!
そのまま、ROCK と言ってみろ!などと、しごかれました。
RRRRRRR!←悲鳴がRだったりしたあのころ…

当時は、オデコにティッシュを貼られたり、
口に指を突っ込まれたり、
毎朝練習させられましたが、今から思えば、
マンツーマン全て無料でしたので
とっても恵まれていた、と感謝しつつ…
21世紀のインターネットと動画にも感謝しつつ…

素敵な一日をお過ごしくださいませ♪
See you tomorrow!

お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑感謝感謝、大感謝でございまっす!!
posted by うろこ on 2008/04/28 | Comment(6) | TrackBack(0) | 無料英会話・発音の解説と練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

Youtubeを使った英会話スピーキング練習・今日は【VとF】

みなさんこんにちは、オンラインで楽しく英会話・オンタノ管理人のうろこです。

さて、私たちの多くがカタカナ発音で覚えているアルファベットのうち、
カタカナで発音を覚えているがゆえに遭遇する悲劇率が高いもの、から訂正していこう…
というワケで、

昨日は、「B」と「V」の発音の違いについて
Youtubeの動画を使って、説明をさせていただきました。
ブラボゥ、インターネット。無料でここまで出来るんですねえ。

さて、BとV。
カタカナ発音では「ビー」と「ブイ」でしたが、
英語の発音では、「B」と「V」である…と理解していただけたと思います。
(ン?何の話?とい方は、先日の記事を見てくださいね。
 Youtubeを使った英会話・スピーキング練習BとV
↑別ウィンドウで開きます。

さて、今日はその続き…。
「B」と「V」の発音練習ができた皆様は、あと一ひねりにて、
「P」と「F」の発音もゲットされたと同様でございます!
スンバラシイ!Bravo! (BとV、両方入っている単語ですね)

というのも、
「B」と「P」、それから「V」と「F」は、
お互いに兄妹仁義の杯を交わしたごとく、口の動かし方が似ています。

いや、その、つまりですね、
「B」の発音から声を抜いて、その分、吐く息を多くする…と「P」、
「V」の発音から声を抜いて、その分、吐く息を多くする…と「F」
になるわけです。

この、声を出さずに音を出す…というのは、
日本語ではホボ使わない方法ですから、
ちょっぴり練習が必要だと思います。

たとえば、「お鍋が熱いから、フーフーしなさいよ」という時、
会話の中では「フーフー」って、声を使いますよね。
実際に鍋をフーフーするときは息の音だけですが。

日本語はここまで「言葉=声を使う」、が徹底されているのですが、
英語の場合は、息の音だけ…
息の音を強く出すだの、歯と唇をくっつけたその間を通すだの、
唇で一瞬止めてプッとするだの、「息だけ」のバリエーションも、
使うんですね。

これはもう、日本語と英語の違いですから、
あーそういうもんだな、と練習してみてくださいね。

ちなみにワタシは、その昔、鬼のホストマザーに
ティッシュペーパーをオデコに貼られて、
PとFの音を練習させられました。

BとVは声と言う味方があるのですが、
PとFは、ティッシュが動かないと NG なんです。というのも、
「声を出さない分、たくさん息をはかないと、通じないわよ!」とビシビシとやられました…
…ハハハ。

でも、これは語学学校でも使うことがあるメソッドのようです。


「声」を使わない音は、
たくさん息を吐き出して作る…これを、覚えておくと良いようです。

この練習ができて、慣れてくると、
カタカナ英語の「プ」や「フ」が綺麗な「P」や「F」になります。

特にPやFが最後に来る場合、
語尾が音なしの息だけになって、とても綺麗に言えます。

カタカナ英語の「アップ」が英語で「Up」(最後がPの音)
カタカナの「オフ」が英語で「Off」(最後がFの音)
と、よーく使う単語も綺麗にいえます。

ではまず、Youtubeで見つけた画像で、
「F」と「V」の違いを実感してみてください。
前回の記事で、Vの発音を練習された方は、
Fの発音がスムーズに出来ると思います。

VもFも、上の歯と下唇の微妙なカンケイであります。(昨日のYoutubeを使った英会話・スピーキング練習BとVを参照ください)



センセイ(スキ歯ですねってのは失礼ですが)が吐き出している息の、
今日は、「V」と「F」の違い:
声を使うか使わぬか、ということと、
吐き出す息分量の違いを意識してくださいね。

共通することは、上の歯と下唇が触れていること…そして、
上の歯があたる下唇の場所は、うーんと内側でもOKです。
大事なのは上の歯と下唇(の内側)が触れていること
(実際のところ、単語内に入っている F の音を出すのに、唇をかんでいるひまはホボ無いのです)

上の動画が見られない場合は、こちらの Rachel 先生の動画もお薦めです。


お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑皆様ありがとうございます!ワタシはとーっても嬉しいでございます!(←変な日本語)
posted by うろこ on 2008/04/25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 無料英会話・発音の解説と練習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする