2012年02月14日

アメリカのバレンタインデーをサイトでのぞき見

Hi there,
みなさま、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話上達、略してオンタノの管理人うろこです。

さて、日本はバレンタインですね(^^)
こちらは17時間遅れですので、明日が本番です。

カップルの場合、アメリカは男性が女性に贈り物を用意し、
レストランのキャンドルナイトは揺れに揺れ、君の瞳はカンパイされて……という
日本でいうところの、恋人同士のクリスマスイブ、みたいな感じで楽しみます。

その会社での昇進が見込めなければさっさと転職、が選択肢にあるアメリカは、
職場でのつきあいは希薄なことも多いので義理チョコはなし。
(よってホワイトデーもありません)

その分、家族でカードを交換しあったりします。
それも、だんなさんが奥さんに、息子が母親に、と、男性陣が女性にサービスの図が多いようです。
最近は男女構わず友人同士の交換も多いかな、という感じですが
そこはチョコ会社の努力次第なのかもしれません(^^)

どこの世界でも品物とお金が循環しなければうまくありませんので、
どんな市場で踊るかは消費者の好み、という感じでしょうか。
知らずに踊らされるのはイヤですが、21世紀ってそのあたりはありがたいですね。
ちなみに、チョコ好きな私はメロメロ。むむむ、チョコ会社め、チョコザイなっ(呆)

さて、ンなこたさておき…

 ■アメリカのバレンタインデーをサイトでのぞき見 

バレンタイン近くなると、あちこちの店が真っ赤になります。
バレンタインはハートと赤とピンクだらけ。

この時期は寒さも熟れたような感じ、寒さ疲れもたまるので、
風景がポワポワポワ〜ン♪なのは
なんだか気持ちが明るくなります(^^)

サイトもこの時期はピンクや赤のバレンタイン特集が多いのでご紹介。
それぞれ、クリックすると別ウィンドウで開きます。

vt.JPG

Handmade101.jpg

Lastminute.jpg
"Last minute" というのは、ギリギリ間際、という表現。いろんなことに使えます。
Last minute travel deals, なんていう表現も。

ValentinesDayGifts.jpg
ギフトを扱うお店は、特に、こういうイベントは腕の見せ所。


 ■オマケ 
近所の少年二人が、彼らのお母さんが好きな「カボチャのビスコッティ」を
焼いてくれ〜ぃと依頼してきたので、焼いてみました。

ここらの冬は、バイトをしようにも、店がありませんからねえ。
(雪に埋もれるまでは、草刈りだー、家の補修だー、薪割りだー、と体力系の仕事はあるのですけれど)

IMG_8551.JPG

コーヒーに浸して食べるビスコッティ。
好きな人はすっごい好きなお菓子ですが、
店で買うと、一本200円くらいします。

なぜかというと、まずドデンと固まりのまま焼き、
その後アチアチアチチとスライスし(完全に冷めると割れちゃう)、
並べなおしてから二度焼きするので、手間代なんでしょうね。

母親思いの少年君たちよ、夏場の雑草刈りは頼みましたよ。

ちなみに私に花を贈るべき我が船乗りは、今はエクアドル近辺にいるそうです。

年間を通して赤道近辺を行く船乗りは季節感もなくカレンダーの読み方も忘れているので、
「こないだのチーズ、まだある?」なんて聞いてきました。

前回陸地にいたのは半年以上前の話ですが(チーズは完食済み、モチロン)
記憶的には「先週」くらいの感覚なんでしょう。

「こないだ」の長さが違う船乗り。
浦島太郎って船乗りモデルの実話だよな…、なんて変なところで納得したりしております。

今回も最後までお付き合いくださってありがとうございました♪

posted by うろこ on 2012/02/14 | Comment(9) | TrackBack(0) | 海外暮らしのヒトコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

空港で遭遇する get bumped と、オマケのお話

Hi there,
みなさま、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話上達、略してオンタノの管理人うろこです。

南の島を出て、ハワイを駆け抜け、中継地の北の大地・シアトル近郊です。今日はちょっと休憩&都会で片付けたいことを済ませる予定…。
最近はハワイでの乗り継ぎ時間にヨユウがないので、次こそは宿泊したいです!(当日になるとドタバタしちゃうんですけれど)

さて、米領サモアの空港で、面白いことがありましたので
忘れる前に入力しておこうと思います。
前半は、get bumped という言い回しについて、後半はまあ、私の私生活です(汗
get bumped だけ知りたいんだよ、という方はこちらを^^ → http://vocafun.olympicesl.com/get-bumped/

米領サモア・PAGO PAGO 国際空港は、現地読みでパンゴパンゴ、です。(G の音 が、ンG、になって、の〜んびりした音に)
ンなことはどうでもよくて、場所は TAFUNA タフナ、にあります。成田空港は「東京」じゃないよ、というのと同じですか?いや、ンなこたも、さておきまして…


 ■ 空港で避けたい出来事 get bumped 

bump といえば「ぶつかる」ですから
空港のように混雑した場所でぶつかっても大したことないやんけ、と思いますが、

実はエアカウンターで get bumped してしまうのは一大事。
get bumped は、予約をしていても、チェックイン時には既に座席が埋まってしまって
搭乗できない(座席がない)!という事態です。

この言い回しは、ボキャファン (オンタノ姉妹サイト・ボキャブラリ紹介サイト)で、イラスト付き&ニュースリンク付きで紹介してあります。


さて。
だいたい飛行機というのは、遅れてしまう・乗らない人を見込んで、
予約を座席数より大目にとってあるので
早めにチェックインしておかないと、予約してもチェックインできない!という憂き目に遭うことがあります(特にホリデーの混雑時など)。

人気便だと、お詫びもこめて
次の便をファーストクラスにしてくれたり、ということもあるので
"get bumped" をラッキー!と思う人ももあるようですが

アメリカンサモア・絶海の孤島空港とハワイを行き来するのは、
一週間にたった2便、次は3日後とかなので、
この空港では、ど〜〜うしても避けたい出来事です。(なので、いつもエライ早めに空港に行ってしまう私)

はい。というわけで、"get bumped" は予約していたのに搭乗させてもらえなくなってしまう、
を表現できる言い回しでした。
だれも使わずに済むことを祈りますけれども。


 ■ ニワトリによる bump と、誰かとバッタリ bump into 

さて、今度は私の島での生活。

話は島で私が滞在している集落に移ります。
米領サモア・ツツイラ島は、野生のニワトリがいーっぱいいます。
野良犬も多いので、ニワトリは身を守るために良く飛びます。
しか〜し着地が下手なので、時々、人間に激突してきます。

私、ただいま、ニワトリ激突を受けた名残りで、
激しく額に傷跡状態ですが
この傷は、しばらく流血しつつ、ポコっとした bump でした。

激突による小さなタンコブ (bump)、真ん中から流血、ですね。
って他人事みたいですが、とにかく暑くて、マヒしていました。

だって、ニワトリ激突後、額から流血したまま集落の道を歩き、
近所さんにヤッホーとかやっても、誰も驚いたり教えてくれないで
普通にホゥ!とか返事をしてくれる、
なんとも、のんびり落ち着き島なんです。
(名前を呼ぶと、甲高い声で「ホゥ!」とか「キャゥ!」とか返事をしてくれる人が多い)

家に戻ってカガミを見て、
流血している自分に悲鳴をあげて(汗かと思っていた)、
そこで、驚いているのは自分ダケという事実に気づき、なんだか孤独に陥りました。

ああ、何事にも動じない人々!
それとも、私は、ここではヒタスラ異質な存在ですから
血を流して歩いていても不思議に思ってもらえないのでしょうか。

…。

さて。思い出して落ち込んでいても仕方ないので、
ハナシは空港に戻りまして、
流血タンコブも無事に傷跡になった私は、
えらーーい長蛇の列にて、順番を待っていました。

だいたいこの島の人たちは、横入りをな〜〜〜んとも思わない人が多いので、
列が進みません。

怒ってもしかたないので、ひたすら待っていた方が早いのですが、
さすがに飽きてしまってキョロキョロしていたら
"bumped into my husband" をしました。

エエエーッ!どうしてここにいるんですか!

こちらの bump into は、予約をすっとばされるのとも、
タンコブとも関係なく、
予期せぬ場所で予期せぬ人と、バッタリ会う、という感じですね。

…って、空港で夫と会うのが「予期せぬ場所、予期せぬ人」、
という表現になるのもせつないものですが、
(本来なら、家から送ってくれるものだろうに…などなど)

船乗りの夫と(港ならまだしも)空港でバッタリ、
というのは非常に珍しいものなので、これはちょっと特殊な感じ。

友人と思わぬところでバッタリ、くらいの使い方が普通です。


■さて、オマケの話し………

出航したはずの相棒が空港にいたのは、なんと、
外洋が大荒れで、船が避難のために港に戻り、
明日まで停泊するため、ということでした。

時間があったから、見送りに来てくれついでに、
今夜、島にやって来る技師を迎えに来たということでした。

まったく期せぬオドロキに喜んでいたら、

並んでいた列の後ろから、
"Hey, you, you can't do that!" という叫び声が聞こえてきました。

あらまー穏やか島で珍しいねえ、誰か怒っているよ…
…と振り返ったら、
怒っているオッチャンがいます。

なんだかエラソーなオッチャンです。
しかも、相棒の方を見て怒鳴っていますが

相棒は飛行機に乗るわけじゃなし。
だいたい、横入りにイチイチ怒っていたら、この島では血圧が上がって危険です。
…とシカトしたら、

私の相棒を指して、"You, get out!"

しかし相棒は非常に丁寧に、
"Oh, sir, I am just helping my wife. I am NOT going to fly, you don't have to worry." と、穏やか〜に言いました。
こりゃまた、ホントに珍しい。

そしたら、そのオッチャン、
なんたることか、
"Shut up!" ですって。言い方からすると、
SHUT UP! と、全部大文字で書いて強調したい感じの大声でした。
このフレーズはむっちゃくちゃ乱暴な響きになります。黙りやがれっ。みたいな。

ワッハーッ!
こんな乱暴な言葉を、
公共の場所で、イキナリ大声で聞くのは初めてです。

大の大人が…見知らぬ人に向かって…
しかもこちらは(珍しく…というのは相手にはわかりゃしませんが)
穏やかに状況を説明しただけなのに、

どうしたオッチャン!
暑くて疲れてイライラしているのは貴方だけではありませんぞよ。

と、相棒も私も、怒る前にアッケに取られて、
見事にポカ〜〜〜ンとなりましたら

空港の係員らしき人が、
「あの人は senator (上院議員)なのよ、トラブルは避けたほうがいいわよ、ほら、あのベニーさんが、いきなり仕事を失ったのは彼に逆らったからってウワサでモチキリよ」と耳打ちしてくれました。
(「あの」ベニーって一体誰だ、というのはさておき)

この島はサモアといえどアメリカ領なので、
島代表の上院議員もいるらしいです←島の仕組みは、いまひとつわかっていません…理解したいという気力もない(恥

ほほー、そういう、わがままなオエライさんですか…。

………ということは。

そういうのが一番キライな相棒ですので、
この先はご想像におまかせします…が、まあ、かいつまんで言いますと、
ここから先は、「大声 vs 大声」でした。フォントでいうと72ポイント同士。ははは。

それにしても、議員さんというのは、
(少なくとも公の場では)丁寧な態度をとっている人たちばかりと思っていましたが
ツツイラ島は、イヤー、はかりしれません。
票を失うのが、怖くないんですかねー。

というわけで、シンミリとサヨナラするでも、
予期せぬ再会、嬉しかった、ありがとう、とハグをするでもなく、

相棒は駆け寄ってきた船乗り仲間に羽交い絞めにされて駐車場へ撤退、
議員さんは取り巻きに囲まれて見えなくなり(なんたってサモアンの皆さんは巨漢ぞろい)
私は空港係員にエスコートされて搭乗口へ、と、
今回もまーた、なんだかなー、な別れとなったのでありました。

とまあ、毎回、変なネタばかりですが、
これは私がネタ体質なだけでして、
実はこんなせつなく美しいお話も生まれる島ではあります。

南の島のお話・『リリのアメリカンサモア日記』 by 水砂子(私デス)

今回も最後までお付き合いくださってありがとうございました。

【管理人からのお知らせ】
■英語100時間チャレンジ!
どこかの街角でがんばるお仲間と体験共有・「英語100時間チャレンジ」、順調に続いています!
企画考案・ジャスミン・リュー様ありがとうございます♪

ご参加はいつでもお気軽に♪
100hrm.jpg
「英語100時間チャレンジ」
【100チャレサポートグッズはコチラ】
100チャレ記録シートをダウンロードする(PDFファイル)
100チャレシート・使い方の記事はコチラ→100時間練習にチャレンジ!
ブックマーク型リマインダー・毎日栞をダウンロードする(PDFファイル)
ブックマーク方リマインダー・毎日栞・使い方の記事はコチラ→継続は力なり…目標リマインダー&チェック栞をプレゼント
 ブログ・気長に英語とのコラボ企画です。
 Super源さんすっきりネーミングをありがとうございます♪

■コメントありがとうございます!
時々、コメントが反映されないことがあるようです。
スパムコメントと確認できたもの以外は削除しませんので
もし「コメント書いたのに消えちゃった!」となってしまったら、
ココをクリックして管理人のうろこへメールを戴けると幸いです。

■twitter は @misakouroco
サイトの更新情報&英会話サイト情報などを流しています。
Follow me on Twitter
好きな格言・つぶやきを流しています。時々生存確認情報も…
日本人を前にすると英語を使うのが何だか恥ずかしい、と思われる方も、私相手ですからお気楽にどうぞ♪

■姉妹サイト
↓完全自習用:オンタノ・ちょいアドバンス館もあります↓
素材さえあれば自分で遊べる、という方はこちらへどうぞ。
オンタノ・ちょいアドバン館
オンラインで楽しく英会話!オンタノ・ちょいアドバンス館
posted by うろこ on 2010/02/09 | Comment(14) | TrackBack(0) | 海外暮らしのヒトコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

着物を着ない文化での「袖の下」は…

Hi there,
みなさま、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話上達、略してオンタノの管理人うろこです。

気温7度で「いやー、今日は暖かいねー」の米国ワシントン州から、
気温35度、湿度95パーセント、そもそも天気の話しなんて誰もしない・天気予報もろくにない米領サモアへ移動してきました。
…は、いいんですが、到着後数日は、毎回、い、い、い、息が出来ません……。

息苦しいのは、湿気・温度もそうですが、滞在中に借りる家の状態が、いつでも、
「す・凄まじいっ」の一言なんです。

詳しい描写は敢えて避けますが(書き連ねたら泣きそう)、
簡潔に一言であらわすならば、えーっと、
アチコチで、何かがうごめいているぅ〜(TT)←あら、結局泣いちゃった…
自らの弱さを思い知る瞬間・この状態で、「家の掃除はしてあるから心配いらないよ♪」とにこやかに言えるサモアンはタフです、ホンット。

ンなこたさておき…

 ■ 着物を着ない文化での袖の下 

さて。この島に繰り返しやってくる日本人は非常に珍しいのと、
残念ながら、この島には違法滞在をしている移民も多いというので…
島に入るときに、何かと無礼な扱いを受けることもあるのです。

まあ、船乗り相手の荷物満載の私は「むちゃくちゃ怪しい」と思われても、無理はないんですが
今回は、それにしても、無礼にもほどがあるっ。のレベルでした。

入国審査官に無礼は禁物、とは知っていても、つい、
「島に興味はないっ!船に用事があるだけだ!」思わず声を荒げたら
「あ、船乗り関係?どの船?あ、そう、じゃ、OK」とイキナリ素通り状態に。
なんだそりゃ、いい加減な…。ウソついてたらどうすんの?←止められたら止められたで文句をいい、素通りなら素通りで文句を言う、恥ずかしくも最悪パターンに陥いりました・激しく反省(遅)

この島には3年ほど暮らしたので、
ここの移民局のいい加減さと言ったらもう、
話しを始めたらキリがないほどタップリ経験しているのですが、
学ばぬ私は、慣れません(TT)

悲しいかな、事実として、お偉いさんの知り合いや血縁でない場合、
いわゆる「袖の下」を施して便利を図ってもらわないとハナシが進まないよ、と、
それとなーく諭されることも多いのです。
さすがにおおっぴらには要求されませんが、そこがますます怪しい。
私は相手が冗談を言っているのだとしか思えず(だって「袖の下」なんて、悪代官じゃあるまいし!←元時代劇ファン)、
相棒に至っては「なんだとっ!不正をさせる気か!」と怒鳴りまくってしまい、双方、交渉決裂度100%…手続き中の書類に、丸2年もかかっているという始末です…


ちなみに、袖の下もへったくれも、長袖なんかと縁がない南の島では
…というよりは、着物みたいに隠せる袖がない洋服文化の英語圏の人たちの間では、
日本語でいうところの「袖の下」(不正なお金のヤリトリ)をしてこっそりコトを進めることを、
under the table と表現します。

コソコソかくしてヤリトリする、そんな感じは一緒ですね。
オンライン辞書での説明はこちら↓
under the table

絶海の孤島・基本的にノホホンとした小さな島であっても、
under the table 系のヤリトリが増えてくると、
深刻な犠牲者が出る事件に発展してしまうこともあり得る、という
島の最近のニュースを、オンタノ・アドバンス館にアップしました。
http://easyidiom.seesaa.net/article/138199037.html

さて。

実は掃除中に現実逃避をして記事を書いていたので、
私はまた、うごめくものと対決してまいります。

悲鳴をあげながらだと、わりと作業を進めやすいことを発見・ギェエエェエィッ(島の人たちから見れば私は確実に怪しい人ですが、みなさんノンキなので放っておいてくださいます。感謝)

…今回も最後までお付き合いくださってありがとうございました。

応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑みなみなさま、本当にありがとうございまーっす!皆様の毎日に嬉しいことがたくさんありますように♪


【管理人からのお知らせ】
■英語100時間チャレンジ!
どこかの街角でがんばるお仲間と体験共有・「英語100時間チャレンジ」、順調に続いています!
企画考案・ジャスミン・リュー様ありがとうございます♪

ご参加はいつでもお気軽に♪
100hrm.jpg
「英語100時間チャレンジ」
【100チャレサポートグッズはコチラ】
100チャレ記録シートをダウンロードする(PDFファイル)
100チャレシート・使い方の記事はコチラ→100時間練習にチャレンジ!
ブックマーク型リマインダー・毎日栞をダウンロードする(PDFファイル)
ブックマーク方リマインダー・毎日栞・使い方の記事はコチラ→継続は力なり…目標リマインダー&チェック栞をプレゼント
 ブログ・気長に英語とのコラボ企画です。
 Super源さんすっきりネーミングをありがとうございます♪

■コメントありがとうございます!
時々、コメントが反映されないことがあるようです。
スパムコメントと確認できたもの以外は削除しませんので
もし「コメント書いたのに消えちゃった!」となってしまったら、
ココをクリックして管理人のうろこへメールを戴けると幸いです。

■ついったー/twitter
・日本語アカウント オンタノブログ・ついったーバージョン
サイトの更新情報&英会話サイト情報などを流しています。
・英語アカウント Follow me on Twitter
好きな格言・つぶやきを流しています。時々生存確認情報も…
日本人を前にすると英語を使うのが何だか恥ずかしい、と思われる方も、私相手ですからお気楽にどうぞ♪

■姉妹サイト
↓完全自習用:オンタノ・ちょいアドバンス館もあります↓
素材さえあれば自分で遊べる、という方はこちらへどうぞ。
オンタノ・ちょいアドバン館
オンラインで楽しく英会話!オンタノ・ちょいアドバンス館
posted by うろこ on 2010/01/14 | Comment(12) | TrackBack(0) | 海外暮らしのヒトコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

お気に入りの英語ブログを見つけて、英語「で」楽しんでみる

Hi there,
みなさま、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話上達、略してオンタノの管理人うろこです。

無事に相棒を送り出した空港からの帰り道、
思いっきり青信号の、平和な交差点を通過中に、
これまた思いっきり信号無視をしてきたトラックが運転席に突っ込んできました。ギョエーイッ!

私の車はグルリと180度回転、赤信号を守って停車をしていた別車線の車のフェンダーをぶっ飛ばして停止しました。(ごめんなさい〜)
トラックの運転手は、ケータイでテキストメッセージを入力するのに夢中で、交差点に差し掛かっているのに気づかなかったとか。Geez!

幸い、おでこにコブだけ、奇跡的にも大きなケガはなかったのですが
ドアが大きくせり出すように曲がり、自力では脱出不可能な状況に気づいて、冷や汗。
到着した救急隊員に引っ張り出してもらい、外に出て車のダメージを見て、さらに冷や汗。
車、ひしゃげています。い、い、い、生きてて、ヨカッタ〜!!
……と言う間もなく、救急隊員に意識の確認と(名前を言えとか住所を言えとか)
なぜかスクワットをさせられました。雪がちらつく事故現場にて、スクワットをする私(TT)

ハワイでは酔っ払い運転の車に横っちょからすっ飛ばされ、
サモアの津波では車を運び去られてしまい、
ワ州では信号無視のトラックが突っ込んできて………
全てケガもなく生き延びることができたのは、奇跡。ほんっとうに有難いのですが、
ネタ体質、このあたりで完治してくれますように(疲)。

さて、ンなこたさておき…

 ■ 英語「で」何かを楽しんでみる

私たちの英語との付き合い方は、「英語そのもの」が対象になっているので、
どうしても、目標が「英語そのもの」を勉強・研究することだけに集中しがちですが
そこで忘れたくないのは、言葉は道具だ、ということ…。
そして、道具を使いこなす王道は「実際に使って慣れること」、です。

アノ手コノ手で英語に触れて、
しかも、ちょっとでも楽しめるものを見つけるのが一番ですので

今日は、私が時々徘徊してザーッとナナメ読みをしたり、
息抜きに訪れたりしている英語ブログを紹介したいと思います。

■読み物系
zenhabits.jpg
・ご存知の方も多いかも・人気ブログ zenhabits
読み応えのあるエントリーを頻繁に更新されているので、ひたすら尊敬

stepcaselifehack.jpg
・こちらは複数ライターによるハウツー系ブログ

■仕事/整理などのアイディア系
gtdtimes.jpg
・私はGTDファンなのです。

gtefolders.jpg
・GTDファンに人気のブログ

■食べ物系
firmgirlfare.jpg
・牧場からのホノボノ風景…

tartelette.jpg
・清楚な美女ブロガー・センスの良さにヨダレが(?

Thursdaynightsmackdown.jpg
・コチラは視点と切り口にヨダレが

私は食いしん坊&料理好きなので、
息抜きは食べ物ブログ徘徊だったりするんですが、
このブログたちは、↓の award 受賞ブログです(^^)
http://wellfed.net/2009/01/26/announcing-the-winners-of-the-2008-food-blog-awards/

■その他もろもろ
Visual Astronomy.jpg
・星空の情報。

cuteoverload.jpg
・ここは言葉はホトンド無用の、可愛い動物たちの写真ブログです。

hgtv.jpg
・家の片付けや掃除方法など

どれも人気ブログですので、エントリだけでなく、
コメントなどにも目を通して、
普段使いの英語に触れてみてくださいね。
↑ネイティブ英語スピーカの、英語のくずしっぷり、いい加減っぷりを楽しんでみてください。

今回も最後までお付き合いくださって、ありがとうございました♪

追伸・街に出ての車探しや、病院での念のためチェックなどがあるので、
ブログの方は次の更新まで間が開くかもしれませんが、
本人は至って元気ッ!ですので、どうぞご心配なさいませんように(^^)
(街に出るバスが、一日一往復しかないのです。
 しかし、な〜んと住民は無料という不思議なバスなので、文句は言えません…)

お役にたちましたら、ポチッと応援いただけると、大変嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑みなみなさま、本当にありがとうございまーっす!皆様の毎日に嬉しいことがたくさんありますように♪

【管理人からのお知らせ】
■英語100時間チャレンジ!
どこかの街角でがんばるお仲間と体験共有・「英語100時間チャレンジ」、順調に続いています!
企画考案・ジャスミン・リュー様ありがとうございます♪

ご参加はいつでもお気軽に♪
100hrm.jpg
「英語100時間チャレンジ」
【100チャレサポートグッズはコチラ】
100チャレ記録シートをダウンロードする(PDFファイル)
100チャレシート・使い方の記事はコチラ→100時間練習にチャレンジ!
ブックマーク型リマインダー・毎日栞をダウンロードする(PDFファイル)
ブックマーク方リマインダー・毎日栞・使い方の記事はコチラ→継続は力なり…目標リマインダー&チェック栞をプレゼント
 ブログ・気長に英語とのコラボ企画です。
 Super源さんすっきりネーミングをありがとうございます♪

■コメントありがとうございます!
時々、コメントが反映されないことがあるようです。
スパムコメントと確認できたもの以外は削除しませんので
もし「コメント書いたのに消えちゃった!」となってしまったら、
ココをクリックして管理人のうろこへメールを戴けると幸いです。

■ついったー/twitter
・日本語アカウント オンタノブログ・ついったーバージョン
サイトの更新情報&英会話サイト情報などを流しています。
・英語アカウント Follow me on Twitter
好きな格言・つぶやきを流しています。時々生存確認情報も…
日本人を前にすると英語を使うのが何だか恥ずかしい、と思われる方も、私相手ですからお気楽にどうぞ♪

■姉妹サイト
↓完全自習用:オンタノ・ちょいアドバンス館もあります↓
素材さえあれば自分で遊べる、という方はこちらへどうぞ。
オンタノ・ちょいアドバン館
オンラインで楽しく英会話!オンタノ・ちょいアドバンス館

posted by うろこ on 2009/12/17 | Comment(16) | TrackBack(0) | 海外暮らしのヒトコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

米領サモアを出発・乗り換え地です

ただいまホノルル空港です…乗換えまであと1時間という、
ネット以外になにするか!状態です(買物に興味はなし…)

なんというかこう、ここは、一言で言うと、
「別天地」です、全くもって。さすがは、ハワイ。

米領サモア出発の前日、
FEMAという米国の災害ナントカ(正式名称度忘れ・すんません・恥)が
駆けつけて、村に電気を引こうとしてくれましたが、
これがまた、なーかなか設置が進まず。
結局、出発まで、電気供給はありませんでした。

ワタシの場合、島の出発=家の明け渡しでもあるので、
これから超長距離飛行というのに、引越し作業があるんです。
なので、停電?それどころか!という感じで、
時間もギリギリ、暗闇もせまり、
ウォリャーっと家財を倉庫代わりの家に投げ込んできたので、
………実は、次が怖いです。

さて、空港では、珍し〜〜〜〜く日本人を見たので声をかけたら、
NHK のクルーの皆さんでした。日本からっ!?…お疲れ様でした。

今回は相棒が送ってくれたのですが、
今まで、一度も人を見送ったことのない相棒は怒っていました。
いつだって、見送る側の方がチョッピリ大変、
…ということを知っている私は何も言えませんでしたけれど。

で、太平洋上を飛行途中、
一度、タービュランスでドカーン、ガタガタ、と飛行機が揺れました。

隣にいたアメリカ人らしい若者青年がややパニックになり、
「津波だけでもイッパイイッパイなのに、もうこれ以上我慢できない!降りる!ぼく、飛行機降りる!」と叫びつつ立ち上がろうとしたので、
「心配しなさんな、津波サバイバーの強運を信じなせぇ」
などと半分寝ぼけて言った記憶がありますが、
既に疲労困憊だったのですぐに爆睡して着陸まで目が覚めず。

…歳を重ねるというのは図太くなっていくことでしょうか(汗
けっきょく、機内食を食べ損ねました。無念。

青年君がお礼に、といって機内食についていたチョコレートをくれたので、
飛行機の揺れは、夢ではなかったようです。

そして、はっと気がつけば、ホノルルです。
懐かしや、日本語が溢れる空港であります。
南国の花の香りが乗った貿易風がわたっていきます。

ホノルル空港の免税店を散策する皆さんは、
ほんっとに一部のすきもないほど、
綺麗な身だしなみだし、髪の毛の乱れもないし、
店頭に並ぶブランド品が目にまぶしい………

一方、私は、トイレに入って、鏡を見てギョッ!
↑文明圏では、求められる能力が違うことをそこで気づく・身だしなみですよ、まずは!ドヒヒヒヒ…

あわてて顔を洗い、髪の毛にブラシを当てましたが
いやはや、いやはや、いやはや………。

ああ、それにしても、
電気は通っているし、水はジャンジャン流れるし、
ゴミは散らかっていないし、
もちろん船やスクラップ車もそこらに上陸していないし、
窓のぶち破れた家が残っているわけでもなし…(当たり前なんですが

なんというか、周りの状況の激変、
津波も地震も、まったくもって別世界・リゾート地の空港に、
急にポーンと紛れ込んじゃった、という感じで「ポツネン」としています。

昨日から今日への「当たり前なはずのこと」の連続が、
地震や津波で一度、それが落ち着く前に、
旅路でもう一度、(今度は自ら)ぶったぎった感じですから
これはまあ、仕方ないんでしょうね。

文明に戻って新聞やニュースを見ると、津波の爪あと、
言葉を失う映像が溢れています…
そしてそれは実際の映像とはかわらないものですが、でも、

なんというかこう、地元の皆さんが、
淡々と復興に一直線、
あんな状況でもしっかりお昼寝をしたり、
夕方のサ・タイム(外出禁止の時間)は変わらずあったり、
家族とハグをしあったり、の姿の映像が足りませんね、という感じです。

翌日に買出しに出たとき、被害の少なかった地域の皆さんは、
既に赤十字のTシャツを着て募金や被害者の救出にあたっていましたし、
学校が休みだったこともあり、
あちこちで若者が力いっぱい声を張り上げて、
笑顔いっぱいに支援を募っていたこととかが、
報道の中に、なかなか、見当たらないのが残念です。

モノに動じないというか、ひたすら淡々と、
壊れたら直す。だめなら諦める。無いなら仕方ない。
まだなら待つ。ま、そのうち、なんとかなるべ。
とりあえずハラを満たしてお昼ねだ。
生きてりゃ、なんとかなるもんだ。
Life goes on.
…という、彼らのシンプルな強さ・明るさには脱帽しますし

これは民族を限らず、
人間の底力というかなんというか、
こういうときこその強さも、また、
自然に助け合う優しさとか、
私たちが、どこか……言葉になりませんが、
芯になる良心みたいなものが前面に出てくるときも、
ぜひ、放映してもらいたものですが、
…そういう映像は、これから出てくるのでしょうかね。

あ、時間があっという間にたちました。
出発前に、北の山ではなかなかお目にかかれないお寿司を頂いていこうと思います(^^)

皆さん、本当に本当にありがとうございました!
なんどもなんども、コメントやメールを読み返しては、
有難くて泣いています。
人々の優しさというのは、本当に言葉にならないほど、有難いものです。
個別お返事がままならず、すみませんが、
この場を借りて、ありがとうございます!

ではでは………(実はここからの方が道のりが長いのですが、文明圏に戻りましたのでご心配なく!)←といいつつ、自動ドアにお礼をしてしまった人・落涙
posted by うろこ on 2009/10/06 | Comment(13) | TrackBack(0) | 海外暮らしのヒトコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

皆様ご心配いただきありがとうございますっ。米領サモア・津波後の復旧の様子

皆様、ほんとうにありがとうございます!
みなさんの暖かいお気持ちで、ものすごいパワー倍増で
我ながら、気持ち悪いくらい元気です。

今も、忘れた頃にときどき余震がありますが、
もはや、ムッとするだけです。
もう、いい加減に満足したらどうか、プレートよ。
揺れたいだけ、揺れただろうよ?(ダレにしゃべっている…?)

しばらく脇目もふらずに生活用品確保に奔走していましたが、
ふと周りを歩いてみる余裕が出ると、
今まで見慣れていた村落や、
ガソリンスタンドや、店や、その他の建物や、
マングローブの林までがごっそりと無くなっていたり、
流れ残った建物の2階部分に車がささっていたり、
プラモデルみたいに車たちが重なっていたり、
12メートル級の超重量コンテナがあり得ないところでひっかかっていたり、
重たい船が山の中腹にあったり、
…でも、その周りで南国の花が咲き乱れている木が残っていたり、
ここはいったい、どこなのだろう…と
津波の恐ろしさを、今更思いしるようで、足が震えました。
呆然とする、というか、喪失感、と、いいますか…。

混乱のさなかは身の回りのことしかわかりませんでしたが、
少しずつ情報が入ってくると、
被害も甚大だったようで、
犠牲になられた方々に、心からお悔やみを申し上げます。

このあたりは一帯、ずっと停電をしていまして、
いつ復旧するかは、わからないそうです。

でも、私がいる村落の皆さんは、と〜〜〜〜ってもタフです。
そもそも、普段から電気を使っていない家もあるので
(電線すらをひいていないで楽しげに暮らしておられる…)
電気がいつ復旧するのかも、あんまり、気にならないみたいです。

私がズドド、ズドド、ンゴゴゴゴゴ〜!と、
ヒモで引っ張って電気ジェネレータを稼働させて、
これがまた、ドヒヒとなるほど
騒音もパワーも大きいので、
一緒に使おうよ、腐るものがあったらウチの冷蔵庫使っていいよ、と言ったところで、
普段から電気を使わない人たちですからね…(汗

しかたなく氷をたっぷり作ることにしたのですが
昼間、子供たちがニコニコして来る程度です。
(棺桶みたいな大きさのフリーザーがあるのです、この家。)

しかしこのジェネレータ、あまりの騒音に、夜は使えません。
一番使いたいときですが、うるさすぎて耳がヘンになります。

「いいよ、音なんか」と皆さん言ってくれますが、
こ、こ、この、そそそ、騒音っっっ、と、気が狂いそうになる私はヤワです←道路工事くらいの音です…。
北の山の家で使っている、日本製ジェネレータの、静かなことよ!
(そして、停電の多い人生だことよ!)

…はさておき、
暗闇と蚊の攻撃をものともせず、
あちこちで皆さん座り込み、
おしゃべりをしているのはいつものことですし、
街灯はないけれども今は月が大きいので、
なんだか夜遅くまでワハハ、ワハハ、とやっています。
お向かいさんは、トランプをしてました。

私の生活も、まあ、島では
もともと不便さにオタオタしていますので、
オタオタしている分量はそう変わりません。

こんなときでも虫の多さは変わらず、
アリが体を上ってくるのにイラだち、
つい、力一杯パンチをしたら
強烈なのが見事に自分のあごに入ってしまい、悶絶したりしています。

ところで昨日、運良く車を借りることが出来たので、
買い出しに出た島の真ん中は、
港周りよりもちょっと高みで平らな土地が広く、
そこに米軍と空港があるのですが、
そのあたりは被害がほとんどなかったようで、
みなさん、ごくごく、電気も使った、普通の生活をしていました。

ハワイからの飛行機便は、通常に戻っていると聞きました。
物資は島の真ん中から調達できるので、
思ったよりも復旧の速度は速いようです。

ただ、島の産業のほとんどをしめるマグロ缶詰工場が、
電気が確保できず稼働を止めてしまうかも…、という噂がありましたが
今回は、島にいるマグロ漁船たちが集まって、
船の大型発電機で、ゴンゴンと電気を供給していますので
稼働停止は免れたようです。
(缶詰工場は稼働停止とともに一斉解雇をするので、
 一気に経済が混乱するのです)

わが相棒も、電気供給の設計や方法を練ったり、管理したり、
本領発揮!という感じで、船とともに、しばらく島に残るようです。

私は移民法の関係で、今週の日曜日に島を追い出されますので
後ろ髪を引かれる思いがいっぱいですが、
私自身、少し、休憩が必要ということ、かもしれません。
先週は、インフルエンザで寝込んでいたんでした、そういえば。
おそるべしアドレナリン。

それにしても避難勧告に追い立てられ、
熱帯雨林の山を、こけつまろびつ、
近所の人、知らない人たちと助け合いながら、
ビーチサンダルでつまさき上がりの坂を登っているとき、

ふと振り返った時に見えた、
潮がすごい勢いで逆流していて、いつもと違う不気味な色の湾、
そこを、猛スピードで外洋に脱出していく船たちの中に、
相棒が乗る船の名前を見つけたときの安堵感は、忘れられません。

それから、インターネットにつながったとき、
皆さんの暖かいメッセージ、お気持ち、メールに、どれほど、
力づけられたか、言葉になりません。
近所のみんなも、日本人は暖かい人たちだ、と、とっても喜んでいます。

あ、と、その近所の人たちが、バーベキューをしています。
みんなで食べようよ〜、と声をかけてくれています。…が、
ありゃー、昨日、私が、当座の食糧確保で、
みんなの分まで買い出ししてきたものを、
全部焼いちゃいましたよ、あの人たちは…(^^;
(ここの集落にある家たちは、特大台風が来ても、
 鉄砲水があっても津波があっても、いつもなぜか無事です)

まあ、凍える心配のない島、
ちょっとジャングルを見れば、
彼らの主食であるブレッドフルーツやタロイモ、
ココナッツ、バナナなどの食料があるので、平気なんでしょう。汗。
いーつまでたっても、彼らのリズムに、なじめませんのぅ。

えーっと、気を取り直し、
スギポンありがとう、それから皆さん、
ありがとうございます、本当に、本当に、大感謝です!

皆さんが元気でいてくだされば、私はシャーワセッ!!!!&この後に及んで、船の日本製のパーツ英訳で苦しんでいるので
次回更新は、きっと、北の山奥に戻ってからになると思います。

個別お返事はまたの機会に、
今回はとりいそぎ、現状&ダイジョブです報告を。
ありがとうございます!!!
posted by うろこ on 2009/10/02 | Comment(17) | TrackBack(0) | 海外暮らしのヒトコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

サモアの地震・津波にあいましたが無事です

昨日、(現地時間 9/30)滞在中の米領サモアにて、
歩いていられないほどのものすごい大きくて長い揺れと、
その後、余震に足元が落ち着かないうちに
予想もつかなかった感じで津波に襲われてしまいました。

私が使っていた車や、
漁船が使ういろ〜んなものが入った巨大コンテナなどが、
カプっと海に飲み込まれて消えていきましたが、

島にいた私たちは集落の人たちと助け合いながらジャングルを登り、
相棒や知り合いが乗る漁船たちは津波に転がされる前に、
外洋に脱出できたので(漂流するコンテナと激突しつつの脱出だったようですが)
私の知る限り、ここらの人間は、みな、無事です。
島にいると情報が限られているので、他の被害状況は、皆さんのほうが情報を知っているはず。

水はチョロチョロと出ます。
電気はパワープラントが壊滅なのでダメ。
プロパンガスはありますが、
どこにどんなヒビが入っているのかわからないので使わずにいます。

どの店も浸水して、あいていません。
電話は、夜になってようやくほんのちょっとの間だけ、通じました。
今朝、またちょっとつながって、だめになり…
混雑しているんでしょう。

なーんと漁船手伝いの私には、
電気ジェネレーターという強い味方があるので
ンゴゴゴゴ、と自家発電中です。
腹っぺらしの船乗りの世話に、停電は理由にならないようで(汗
ガソリンが心許ないので、そう長くは使えませんが(なにしろ車が海に行ってしまった)

それにしても、だめもとで試してみたら、
奇跡的にインターネットにつながるではないですか!
米軍があるからかしら!

おかげで、なんと、ブログにまでたどり着くことができました!
マシンの電池が切れるまでですけれど、
ああ、21世紀!

メールボックスに溢れる心配のお便り、
涙が出ます。ありがとうございます!
無事です!ほんとうに、ありがとう!

どうも接続が落ち着かないので(無理もないですね)
いつまで通じていられるかわかりませんで、
ゆっくり読むのは、落ち着いてからになりますが、
みなさまのお心、本当にありがたく、また、
こんなに心強いことはありません。

連絡係になってくれたスギポン、ありがとう!

いつもは鏡のように静まる湾が、激しい濁流になり狭い陸地を暴れまくり、
集落の人たちとギューギューになりながら、
つま先上がりのジャングル山に登って行くときの
髪の根がキュッとなる感じ、
また、跡形もなくなく持っていかれてしまった車など、
何を思い出しても未曾有の体験でしたが、
とにかく、「人間は無事」で感謝の言葉以外出てきません。

今はアドレナリンのみでつき動かされている感じ、乱筆お許しくださいませ…

みなさま、本当にありがとうございます!
詳細は、落ち着いてから………

と、思ったんですが、外務省の方からのメールで、
「在留邦人の安否を確認中です。(中略)
 こちらも『仕事が』片付かないので」
…という最後の一文にキレました。
全文公開したいほど怒ったっ!(珍しいというか久しぶりというか
き、貴様、津波から逃げるために、つま先上がりのジャングルを駆け登って見よっ!
しかし今は時間ももったいないので、自分まわりの面倒だけを見ることにします。

では電気のない島、食糧と飲み水確保の旅へ………
タクシーがつかまることを祈りつつ!(車を流されたので、超長距離の徒歩、とほほ←こういうときにダジャレをいうから同情されないのであります)

みなさま、ありがとうございます!!
私からのコメントのお返事は難しいかもしれませんが、大感謝です!
posted by うろこ on 2009/10/01 | Comment(25) | TrackBack(0) | 海外暮らしのヒトコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

南の島での交通事故は…

Hi there,
みなさま、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話上達、略してオンタノの管理人うろこです。

長旅を終えて、相棒や船乗りさんが所望していた物資とともに、
目的地に着きました。

北緯47度から赤道を越えて南緯14度への長旅、
島に到着するのは毎回、夜の10時くらい…
東から旅をしてくる私の体には、夜中の2時感覚です。眠い。

翌日はそのまま早起きな船乗りさんたちの手伝いがあるので
朝5時くらいからドタバタしはじめますから
ハッキリいって到着翌日は一日中、
「疲労困憊ここにキワマレリ」くらいの感じです。

しかし、島に冒険やリフレッシュの旅に来ているなら話は別ですが、
片付けねばならぬ仕事を抱えている身にとっては、
実はこのくらいが調度よい。(気持ちがシッカリしているとジレルことも非常に多いのです)

南の島の人々の行動というものは、
まあ、おおむねノンキな人が非常に多いので

彼らに対する親愛の全てをもって表現するなら「おおらか」
訪問者として好意をもって言葉にするなら「おおざっぱ」
片付けねばならぬ仕事をかかえる当事者としては
「いい加減にせんかっ」の一言しか出てこないことも、まあ、しょっちゅうです。

というわけで今回も、到着翌日に、
モウロウとしながら、島で唯一の国道を走っていました。

東西に長い島を結ぶ道は一本です。信号は存在しません。
切り立った山と南太平洋の大海原の間をクネクネと回り込む感じで
進んで行くので、急カーブがたっぷりあります。

最高時速は40キロ程度でしょうか。
しかし、そんなに速く走っているのは、慌てている船乗りくらい。

島の人たちは時速25キロくらいでのんびり走り、
知り合いがいたら突如止まってそこでお喋りをし、
皆さんいたってのんきなものです。

そのクネクネ道を走っていたら
前を走っていた車が、カーブをきり遅れて曲がり損ね、
海側のガードレールに激突しました。

衝突の瞬間というのは、スローモーションに見えるものですね。

ガガガガガガッガリガリガリガシャガシャガシャ〜!
という大音響とともに、
車のフェンダーがハデにはがれて、
空に向けてめくりあがりました。
その向こうは南太平洋です。ガードレールがなかったら落ちていたかも。

ギャーッ!
私は反射的に車を端に寄せて止め、飛び出しました。
助けが必要だと思ったんです。

が。

………いやはや、やっぱり、ここは、
いろんなところから、いろんな意味で、
私が慣れている世界からは、実に遠い絶海の孤島です。

その車はフェンダーを空に向けてめくらせたまんま、
(ユラユラ揺れたまま、かろうじて車体にくっついている感じで)
そのまんま、なーんにもなかったように、
ごくごく普通に、のんびりと、走って行ってしまったではありませんか!

止まって車を調べるとかガードレールを調べるとか、
そもそも、ドライバーさんダイジョウブなのか!なんて
今までの経験から、至極当然と思われる行動を期待した私は、
やっぱりまだまだ島の懐の深さをわかっちゃいません。

追記:おまけにこの島の人たちは子沢山が多く、
ピックアップトラック(前が乗用車、後ろがオープン荷台)の
荷台に、子供たちを満載しているのです。
その子供たちも、衝突で揺れはしたものの
別になーんともなく、騒ぐでも驚くでもなく、ふつーに乗り続けていました。

嗚呼、一人立ち尽くす南太平洋海岸。
はるか水平線から、ポツネーンという音が聞こえてきたような。
またしても、驚愕して困惑して混乱しているのは「私だけ」の日々の開幕です。

「なんでも慣れだ」と、私は自分でよく言いますが(自分に言い聞かせている節もありますが)
ここの生活においては、慣れより麻痺のほうがよく効く薬(TT)

今回は船の修理があって2ヶ月近く島にいることになったので、
いろんな意味でシッカリせねば。
いちいち驚いたり興奮したりしていると、
体力がついて来なくなっちゃうんですよね…(しかし学ばないんですが)

では次回は、正気を保って、英語のお話をバ。(Hopefully...)
インターネットに接続できることを祈りつつ…!

【管理人からのお知らせ】

時々、コメントが反映されないことがあるようです。
スパムコメントと確認できたもの以外は削除しませんので
もし「コメント書いたのに消えちゃった!」となってしまったら、
ココをクリックして管理人のうろこへメールを戴けると幸いです。

どこかの街角でがんばるお仲間と体験共有・「英語100時間チャレンジ」、順調に始まりました!
企画考案・ジャスミン・リュー様ありがとうございます♪

ご参加はお気軽に♪
100hrm.jpg
「英語100時間チャレンジ」

【100チャレサポートグッズはコチラ】
100チャレ記録シートをダウンロードする(PDFファイル)
100チャレシート・使い方の記事はコチラ→100時間練習にチャレンジ!

ブックマーク型リマインダー・毎日栞をダウンロードする(PDFファイル)
ブックマーク方リマインダー・毎日栞・使い方の記事はコチラ→継続は力なり…目標リマインダー&チェック栞をプレゼント
 ブログ・気長に英語とのコラボ企画です。
 Super源さんすっきりネーミングをありがとうございます♪


ontanouroco.jpg
オンタノブログ・ついったーバージョン
を開設しました。
サイトの更新情報&英会話サイト情報などを流して行く予定です。
こちらは日本語で案内していますので、お気軽にフォローしてくださいね!

英語アカウントは今までどおり↓英語での日々のつぶやきと、好きな格言を流しています。
twitter1.gif
上記の twitter button はコチラから戴いてきました
http://siahdesign.com/archives/150
日本人を前にすると英語を使うのが何だか恥ずかしい、と思われる方も、私相手ですからお気楽にどうぞ♪

↓完全自習用:オンタノ・ちょいアドバンス館も開館しています↓
オンタノ・ちょいアドバン館
オンラインで楽しく英会話!オンタノ・ちょいアドバンス館


この記事をメールで送っておいて、「あとで読む」場合はコチラ↓
あとで読む

posted by うろこ on 2009/08/09 | Comment(20) | TrackBack(3) | 海外暮らしのヒトコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

雪かきとうれし泣き

Hi there,
みなさま、あけましておめでとうございます。
オンラインで楽しく英会話、略してオンタノの管理人うろこです。

今日は英会話習得方ではなく、
管理人の北米での山暮らしのヒトコマです。

北緯47.6度の北の大地(の山の上)は、
現地の人も驚くほどの大雪に道が閉ざされて早3週間。
猛吹雪は去ってくれ、一瞬雨になったのですが止んでしまって、
未だに一面雪であります。
雪雪雪雪雪雪…。←続けて書くと顔に見えて来てしまう

しかし。
船乗りの相棒が、久しぶりに南の島に到着しているので、
…ちょっとでも会いたい。これを逃すと次は晩春…
な、な、なんとか山を降りる方法はないものか、と、
新年?それどころか!と、雪かきをしておりました。

大自然を前に人間一人が丸腰で(シャベルはありますケンド)、
ナニをしたって無理に決まっているのでムダなんですが

たとえダメでも、
「ま、やるだけやったさ」とバタンキューできれば
それなりに味わえる達成感で納得はできるので←だ〜か〜ら燃費の悪い人
エッチラエオッチラいでででで…ダヒヒヒヒ…。

太刀打ちできるワケなかろう、と思える銀世界も、
ちょっとでも掘り進むと、希望が増えてきます。
(ちなみにふもとまで2キロくらいあります・the ムボウ)

英会話と似てるよな、いや、なんでもそうなんだろうな、
キッカケとか、先の出口とか、かすかでも、
希望が見えるまでが一番辛いもの…エッコラエッコラと雪を掘り、
時々歌を歌って自分を励まし、

デヘヘヘヘと力尽きると一面の銀。そして静寂です。
大わしが銀色の森を渡っていくのは、本当に美しい。
ハラハラと木から粉雪が落ちてくる氷点下なのに、
肉体労働でホッカホカ…大の字にひっくり返ると、極楽…←ホントに極楽に行きかねないのでシッカリせねば!起きろバシバシと一人で空しく闘っていましたら

仲良くしてくれているちょっと距離のあるご近所の少年が、
愛犬と、輝く笑顔で雪かきシャベルを持って登場。
あぁああぁあぁ、後光が指して見えました。

…の後から、大騒音と共に少年のお父さんが、
なんと、トラクターみたいなこんなもので登場ッ!
うぁああぁぁ、眩しくてまっすぐ見られませんでしたっ!

なんか赤い物が動いていると思ったら、アンタだったんだね、
Let me plow the road! (オレが雪かきするよ〜)
I'm coming through----! (通るよ〜〜〜っ!と絶叫)
ズゴゴゴゴゴゴゴ(雪ってまとまるとすごい音がしますね)

「この人のだんなさん、漁師なんだってよ」
「ほー、港にいるの、そりゃ会いたいね」
「アンタ、アジアン?小さいね」(よけいなお世話ですっ)
この森のどこに住んでいたの、というようなオジサンたちも登場して

もももも、申し訳なし…と頭をたれると、
いやー、どうせ雪かきしなきゃならないんだから、
人助けが出来たらボーナスだよなあ。わっはっは!

こういう人の優しさに触れると、有難くて、
ズドドドッと崩れて一気に泣きたくなります。
気候が厳しいとヨケイに暖かい人様の心…。

おかげさまでトラクターの後について車を出すことが出来たのですが、
雪をどけても氷点下の凍った地面、
みんながシャベル片手についてきてくれました。
↑南の島から来た私、雪の深みにはまると思っている(鋭い読みです)

この山の最後の斜面は、
You've gotta be kidding me! (You have got to be kidding me!)
=冗談だろ、おい! みたいな
急斜面+ヘヤピンカーブなんです。

ここから先は、チェーンのないトラクターは入れないので
誰かが残してくれたタイヤ跡を頼りに行くことにしたのですが

ど〜こまでも優しく気の良い、田舎のおっちゃんたちに励まされ、
少年と、大型犬とに見守られつつ、Here we go! (行くぞー)
「うぁああぁあぁああぁああぁあぁああぁ」(恐怖は絶叫すると乗り越えやすい。気分はターザン)

最後のターンはやっぱり急斜面+急カーブがきつくて、
横滑りでフリフリしながら、ふもとの国道に到着。
ダハーーーーーッ!!!
釣り上げられた深海魚って感じです(口から浮き袋が出ちゃう)←?

ハンドルをギウーっと抱きしめた後、坂道を見上げたら、
遠くでおっちゃんたちが木々の間からシャベルを振っていてくれました。
自宅で仕事をしている人が多いこのアタリの人は、
恰幅がよくって、どことな〜く森の熊さんみたいな感じな人が多い…

一人になったら気が抜けて、
有難くって泣きながらチェーンを外し、高速道路を3時間。
南の島行きの便は週に2便しかないので、明日の便まで
シアトル空港の近くのホテルで休憩することにしました。

チェックインした部屋にバスタブがついているので、
これから筋肉痛を癒したいと思いますイデデデデアダダダ…
実は、キーボードは大丈夫ですがマウスが震える筋肉痛です。ヒザもガクガク

というわけで、
2009年は、感謝いっぱいのうれし泣きで始めることが出来ました。
このまま、やるだけやるぞぅ、を重ねて行く一年でいきたいと思います(^^)

皆様の一年が、素敵な日々の積み重ねになりますように!

☆↓皆様ありがとうございます!うろこから皆様へプレゼント↓☆
2009 New Year's Resolutions 書き込みシート
今年はこんなことやるんだもんね、と思い立ったが吉日シート
目標をなんでも書き込んでワクワクしてみてください(^^)

PDFファイル→ NewYearsResolitions2009.pdf

MSワードファイル→ NewYearsResolitions2009.doc
☆↑皆様ありがとうございます!うろこから皆様へプレゼント↑☆

今日も最後までお付き合いくださってありがとうございました♪

こんな管理人ですが、ポチッと応援いただけると嬉しいデス♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ

↑みなみなさま、感謝、感謝の大感謝連続でございまっす!皆様の毎日に嬉しいことがたくさんありますように♪

posted by うろこ on 2009/01/04 | Comment(16) | TrackBack(0) | 海外暮らしのヒトコマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする