2015年06月30日

Fluentil さんのウェブセミナーに参加&英語学習方法・目標設定方法など、一ヶ月間伴走します(^^)

またまたご無沙汰してしまいました!ブログ管理人のうろこ、こと水砂子(Misako)ですっ。

トーストマスターズの初スピーチ、無事に終わりました〜(^^)/
スピーチ練習のカリキュラムがあって、最初は自己紹介がてら、
自分のことをスピーチに仕立てて行く、というプロジェクトでした。

今後は原稿やメモをチラ見せず、だんだん長いスピーチをこなせるように練習していくんだそうです。
(他人ごとみたいな書き方ですがっ)

トーストマスターズクラブはアチコチにあって、それぞれ「会の雰囲気」が違うそうですが
私が参加しているところは、わ〜り〜と、スパルタです。

しかしスピーチ実践練習・個別に弱点の指摘(やり玉に上がるとも言う)を、
年会費1万円程度でやっていただけるのはありがたいコトですハイ。

ゴウゴウ焼かれてガンゴン叩かれ、挙句の果てにジュバっと冷水に浸されながら強くなる…
切れ味鋭い日本刀を目指します(壊

日本人が超少ない、移動も少ない田舎町の性、といいますか、
私の行動が即「日本人ってのは」とカテゴリー分けにつながりやすいので、
変なイメージにならないよう頑張りますぞぅ〜(って、遅いかも)


 ■Fluentli さん主催のウェブセミナーで経験をおしゃべりさせていただきまーす

多言語学習プラットフォームの Fluentli.com さんが、
言語コーチングサービスを始めます。

しかしながら「コーチング」という単語は、
ソレってなんなの、という疑問だらけ(私もそうでした〜)という方が多いもの。
そこで、Fluentli さんが皆さまの疑問にお答えすべくウェブセミナーを行います。

ここでは、

そもそもコーチって講師とどう違うの?
何か、流行り廃りが早そうだよね。
コーチがどんな風に関わってくれるのかサーパリ
実際にコーチを雇ってみた体験談(これ、私)

などを共有して「へぇ、そうなんだ」と、ご自身との相性はどうなのか、
判断できる材料を提供するのが目的のセミナーです。もちろん無料。

私も参加して、体験談をお話させていただきます。
多言語学習プラットフォームゆえ、説明言語が英語なんですが
日本語が母国語な皆さまには、私がお相手させていただきますので
ご質問など、日本語でお気軽にどうぞ^^

Capture.JPG


日本時間の 7/9(木曜日)、午後3時からの放送です。
(多分、セミナーに参加する、としておくと録画したものが見られるハズ…←すみません、確認しておきます・汗)

そしてですね、下のページからご応募頂いてセミナーを見てくださった方には、
一ヶ月間のコーチング(目標設定相談、勉強の進め方相談、どんな方法が相性が良いか判断のお手伝いなど)を
プレゼント。日本語圏の方が当選されたら、私がバッチリ日本語でおつきあいいたします(^^)
ダジャレは頑張って我慢します。きっと。多分。できるだけ。…できるかな(弱

プレゼント応募はコチラ。
リストから、一番大きな動物はなんだ?を答えて、メールアドレスを入力しての応募になります。
http://blog.fluentli.com/giveaways/win-one-month-of-free-language-coaching/

お時間ができた皆様、ぜひお会いいたしましょう(^^)/
日本は昼間、ヨーロッパは朝、私がいる場所は夜中なので、
私が一番眠そうな顔をしているかもしれません。
当日は、夕飯のワインを我慢して臨みま〜す!

お知らせもういちど、こちらです♪
(クリックすると別ウィンドウで開きます)
Capture.JPG


Have a good one!




posted by うろこ on 2015/06/30 | Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

クォーテーションマークの使い方と、ジェスチャーで使う場合のニュアンス

Hi there,
みなさま、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話上達、略してオンタノの管理人うろこです。

こーんな田舎にも(いろんな場面でのスピーチや、リーダーシップ・スキルの上達を目的とする会)、
トーストマスターズ・インターナショナルの支部があるのを発見したので、
早速、入会してきました!バッチもらっちゃった(嬉
CEdESiPUIAEXd4A.jpg
Ask me about って、入会したばかりの私に聞かれましても何もわかってませんのですが(汗

これまでの経験から、何事も慣れと練習量がモノを言う(言ってくれ)…と
信じて(祈って)いるのでこれから月に2回ずつ、ガマの油を絞り出す感じでがんばりまーす。


 ■ダブルクォーテーションとシングル

さて今日は、英語圏の人へ、正しい文法を伝え続けている Grammar Girl さんの動画です。
英語圏の読者からの、文法に関する質問にも答えてくれています♪
彼女のサイト→ http://www.quickanddirtytips.com/education/grammar

書籍も出されていて、英語圏の人からは信頼の存在です。
Grammar Girl's Quick and Dirty Tips for Better Writing (Quick & Dirty Tips)
私のお勧めはコレ。英語が母国語の人ならではの混乱ポイントなどが、新鮮です。
(should have が should of になっちゃう人とか、then と than が混乱とか、
 you're と your とか、it's と its がゴッチャとか←これ、大家さんご夫婦)

そんな Grammar Girl, Mignon さんの動画・お題は
ダブルクォーテーション(ダブル引用符)と、
シングルクォーテーション(シングル引用符)の使い分け、
アメリカバージョンの説明です。
(当方アメリカ住まいのため、今回はアメリカ版です)

では、動画をどうぞ♪


簡単にまとめますと
日本語での「」が ダブルクォーテーション " "
『』 がシングルクォーテーション ' ' 扱いで使うもの、なのでした。

例えば、お友達が Did Bob tell one of his "funny" jokes again? と質問してきたとします。

このお友達のセリフを他の人に伝える時は、
友達の発言全体をダブルクォーテーションで囲みます。
元の話でダブルクォーテーションで囲まれていた表現は、シングルクォーテーションにする、というのがお約束。↓

She asked, "Did Bob tell one of his 'funny' jokes again?"
↑この She はお友達のこと

と、こうなるわけです。

動画の中には、「敢えてクォーテーションで囲った表現」という解説もされています。

実際に会話をしている時、両手の指でクォーテーションマークを作るゼスチャーです。
こんなの↓
Capture.JPG
(懐かしのコメディ番組 Friends より)

このゼスチャーを使った表現方法は、scare quotes とか sneer quotes、
また、finger quotes と表現する人もいます。

こういうゼスチャーをしながら使った単語は、
「私はそうは思っていないけれどもね」という感じで、
ちょっぴり皮肉っぽいニュアンスになります。
(こういうの、英語圏の人好きですよねっ)

では、動画中の会話を見てみましょう。
Did Bob tell one of his "funny" jokes again?
↑では、単語 funny がダブルクォーテーションで囲った scare quote になっています。
 つまり話し手は、「funny じゃないけどさ」とニュアンスを込めてこの単語を使っているので、
Bob さんという人はいつも、ウケないギャグをかます御仁なのだな…という感じです(親近感(違

こういう風に「ちょっぴり皮肉ニュアンス」を入れたい時に良く使うんですが
これがまた、皮肉であっても意地悪で言っているワケではなく、
笑いを誘うためだけに使う、という場合もあります。

英語を第二言語とする私たちには、ちょっぴり壁のある使い方ですが、こんな例を一つ。

日本で暮らしている、英語圏育ちか英語圏暮らしの長い人と会話する時に、
和製英語を scare quote で表現する、というネタもあります。

たとえば、英語圏から日本に引っ越してきてしばらく暮らし、
和製英語の存在にも慣れた人に

I'm looking for a "mansion" to rent. なんて感じで
"mansion" の部分を scare quote のジェスチャーで言うと

(mansion は英語では「超豪華大豪邸」門から家が見えませんみたいな邸宅を意味する単語なので、
日本語で言う集合住宅のマンションは(どんなに豪華であれ)英語で言うところの mansion じゃないけどね)

と、「マンション」をちょっぴり皮肉っぽい扱いにできて、
お互い「ヘヘッ」となれる瞬間が演出できます。

オマケ*マンションだろうがアパートだろうが、賃貸の集合住宅は、アメリカ英語では apartment で表現します。

こんな風に、会話にちょっとヒネリを入れるジェスチャー。
ドラマや映画には様々な状況でのお手本があるので、
ほほー、こんな時にこんな風にも使えるのか! を発見、次回の会話に取り入れてみてくださいませ♪

今日も最後までおつきあいくださり、ありがとうございました!
posted by うろこ on 2015/05/23 | Comment(6) | TrackBack(0) | 喋るための英文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

アメリカン英語とブリティッシュ英語

Hi there,
みなさま、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話上達、略してオンタノの管理人うろこです。

またしてもご無沙汰いたしました!
日本の皆さまは、ゴールデンウィーク中でいらっしゃいますね♪
北緯47度近辺は、日が沈むのが8時半くらいになってきました(でもまだミゾレが降ったり)

では、早速本題に…

 ■ブリティッシュ英語とアメリカン英語
このブログでもお世話になっている、ESL Basics.com のアンドレア先生(生まれ育ちがアメリカ)が、
お友達のマリアン先生(イギリスからだいぶ昔にアメリカに移住された)と、
英米の発音の違い、特にアメリカでは -er で終わるもの(ブリティッシュ英語では -re で終わるもの)
の発音を比べてくださっています。



単語の終わりに含まれる R の発音、大きな違いは…
アメリカンの発音は、-er -ur -ir はみんな、
くぐもった "R" の音が勝つ傾向が強いです。center, theater,
ブリティッシュ英語は "R" の音が落ち、その後の母音のほうが強いです。centre, theatre,
*ブリティッシュ英語の "R" は、母音の前(rain などの単語)に来た時に発音される、という感じで
 アメリカの発音に比べてあっさりした扱いです。

途中、sugar の発音で、アメリカン発音(R が勝つ音)をしたアンドレア先生に、
マリアン先生が 「sugar は ar なのになんで er の音使うのさ」と突っ込み
アンドレア先生が「そうやって発音するものなんだもん」とのやりとりが、英米の違いを良く表現されていると思いました。(sugar の ar 発音は R の音が勝つので er ur ir と同じ音になっちゃう)

今回の画は、生徒さんからの質問へ、お返事動画ということですので、
質問はアンドレア先生の Youtube Channel のビデオのコメントなどにどうぞ!
https://www.youtube.com/channel/UC0uIRJqYZgvKuSL-gmX5G4A

さて、動画中でアンドレア先生が、南アフリカ(ブリティッシュ系英語圏)へ言って、
water が通じなかったと言っておられます。
アメリカン英語とブリティッシュ英語の違いで、なるほどね、という感じでアンドレア先生は処理されていますが、

「ぎゃー私の英語は通じない」とならず、
あ、地域が違うから発音が違うんだ、と軽く流す。
このあたりの対応も、見習いたいところですね(^^)

アンドレア先生、ありがとうございました!
先生の運営されているサイト、SNS などはコチラ:
Site: http://www.eslbasics.com/
Youtube: https://www.youtube.com/channel/UC0uIRJqYZgvKuSL-gmX5G4A
Twitter: https://twitter.com/eslbasics
Facebook: https://www.facebook.com/eslbasics
Google+: https://plus.google.com/112615627140351773221/posts


 ■英語の表現いろいろ
英米英語の続き、もうちょっと見てみましょう。
ちょっと前のシアトルのニュースですが、
イギリス人と結婚したアメリカンのお嬢さんが書いた、
英米・英語表現の違いについて記事がありました。
http://www.seattletimes.com/life/travel//lost-in-english-translation-from-the-uk-to-us/

記事の最後に、ブリティッシュ英語とアメリカン英語の単語対比リストがあります。

ことほどかように、英語圏というのは実に広い。
そして言葉というのは実に、生活と密着しているものですね。

話が変わるようで変わらないのですが、
去年の秋、義理姉と義理母がアラスカへ旅されたそうです。

お天気に恵まれ、Mount McKinley (愛称は Denali)が美しく見えていたそう。
山の美しさを話してくれるのかな、と思ったらそこから話が右折(?)して
現地の人が "Look quick! Denali is out!" と教えてくれたのが、
おっかしくって、おかしくって!と二人で腹をヨジって笑っておられました。

…山の名前 is out! は、北西部では馴染みのスラング表現で、
「(雲に隠れるほど標高のある)山が、今、雲から出ているよ=見えるよ」という意味で使う人が多いのです。

え、それっておかしい表現なの、と聞いたら(何しろお二人は、超・文法鬼)
「だって平野のインディアナに、そんな標高のある山はないもの。
 山が『出てくる』なんて表現が、もう、おかしくって!」

と、山がしずしずと出てくるジェスチャーをしては大ウケ。
…あ、そういうことか、ズドド(私がコケる音)
そう、言葉は生活と密着している、というお話でした(汗

このように、英語圏はほんっとに広い。ズドーンと広い。
あっちゃこっちゃに散らばって、すっごく広い。
自分の生まれ育った地方にない表現は、私、そんなの知らな〜い、と笑う。

「何それ、変な表現〜」
と日本語で言うと非難じみた響きもありましょうが、

なにせ北から南からひろ〜〜〜く使われている英語圏の広さの中では、
「何それ、変な表現〜」(おもしろいねー)という感じの方が圧倒的です。
もしくは、
「何それ、変な表現〜」(自分の周りでは聞いたことないよ)と、
自分の知っている世界を表現しているダケ、です。

日本で英語を教わっていた時は、
英語も数学のように、1つの正解があるように誤解していましたが
実際のところ、言葉は実に大らか&バリエーションも豊かなのです。

というわけで、自分が言った言葉が通じなかったとしても、
それは試験でバツをもらう感覚とは「マッタク別物」だということ、
これだけは、お忘れなきように…。

文化も慣習も、それに伴う判断基準も大きく違う人々とのやりとりでは、
一度でわかってもらえることの方が奇跡ですんでね(^^)/

そういう私の座右の銘は、「善なる誤解を持って、理解とする」です♪(時々、しがみついている座右の銘)

今日も最後までおつきあいくださり、ありがとうございました!
posted by うろこ on 2015/04/30 | Comment(8) | TrackBack(0) | 息抜きコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

英語の受動態は「敢えて使う」表現方法

Hi there,
みなさま、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話上達、略してオンタノの管理人うろこです。

今更ながら…日本語と英語は、別の言語です。
何言ってんだって感じですが、英語は授業の科目ダケではありません、ということをお伝えしたく(汗

もとい。

日本語と英語は、距離のある言語です。
「言語ファミリー」のルーツを見るとすっごく遠いのが良くわかります。

languagetree.JPG
(クリックすると別ウィンドウで、英語のトリビア・ mentalfloss.com というサイトへ)

各国の言語の関連を木で表現していますが、アジアンは圏外。
お互いに遠い。日本は西洋から、遠い、遠い、エキゾチックな存在なのです。
しかしまあ英語ってのはいろんな言語を巻き込んだり影響されまくったり、そりゃー歴史の鳴門海峡ですねっ

……と、いうような違う文化を持つ言語だ、ということを意識しておくと
英語との付き合い方も、返ってラクになるかもしれません。

使い慣れた日本語ダケで、住み慣れた日本の文化ダケで、
他国の言語を「教科」として研究したり試験を制覇しようとするのではなく、
自分が既に持っている知識を「利用」して、
多言語・多文化を知り、「付き合っていく」のに必要なもの、と理解してまいりましょう^^


 ■英語で、Passive Voice (受動態)を使う時

日本語は、敢えて意識することなく「受身表現」で話すことが多いですよね。
「お母さんに傘を持たされた」
「残業させられちゃった」
などなど

ああ、とっても自然な日本語の響きです。

でも英語の場合は、受動態は、「あえて Passive Voice(受動態)で表現したい理由があるとき」に使われます。

では、どんなときに使うのか、という授業を見つけたのでドウゾ。
英語の授業ですが、シンプルに説明してくれています。

ギョー英語?! と思われた方、大丈夫。
このまま英語で理解しろとは言いません、解説を動画の後につけておきます(^^)
英語で大丈夫な人は動画を見て頂いて、ワタクシとは次回のエントリでお会いしましょう♪


一緒に例文を見ていきましょう。
1. My wallet was stolen.
↑誰がお財布を盗んだのか、【誰も知らない】

2.I was born in 1980.
↑あなたを生んだのはあなたの母親なのは決まりきっているので【誰もが知っている】

3.This computer was manufactured in Japan.
↑このコンピュータを製造したのが【誰なのか、ということは重要ではない】
(どの会社か、ということは話題にのぼるかもしれないけれど、
どこの誰が、ということは多くの人にとっては関係ないこと)
日本がこのコンピューターを作った、と言うと、この後「日本」についての話題が続いていきそうですね。

4.This is the book which was stolen!
盗まれたのは「この本だ!」と、【subject の部分を強調したい】

このように、英語での受動態は、
「あえて Passive Voice(受動態)で表現したい理由があるとき」
もっと平らに表現すれば、
「何が」「どうした」の、「何が」にあたる部分が、
会話の中では、話者がそれほど重要ではないと思っている時に使われます。


【英語で受動態を使う時のまとめ】
1)誰がやったか【誰も知らない】(デビルマンの正体のような)←殴っていただいてケッコウです
2)誰がやったか【誰もが知っている】(月光仮面の評判のような)←古すぎて自分で気絶しそう
3)誰がやったか【誰なのか、ということは重要ではない】
4)誰がやったかではなく、【subject の部分を強調したい】

日本語は、「意識せず、受身表現で話す方法に慣れている」
↑こんなこと、特に意識したことないよ、というのが普段の感覚なのではないでしょうか
英語は、「受身表現をする理由があるときにわざわざ使う」

で、最初に戻りますが、この感覚の違いは、日本語と英語の文章の構造の違い:
日本語 ☞ 何がこうだから、あんなことを、だれがした、という形
英語 ☞ だれが何をした、どんなことを、なぜならば、という形

…といった違いにも通じる部分がありますね。

英語圏はなにしろ広い。
「いわゆるフツー」、「一般的には」というのは、
日本で暮らしていると「あるべき姿」はそれなりに想像できても(賛同するしないは別に)
地球儀持ちだして、オーストラリアだ、NZだ、アメリカンサモアだ、シンガポールだ、
インドだフィリピンだアメリカだ遥かカナダだ〜、しかも結構移動民族多し、となると、
あの人の「フツー」は隣の人の「ウギャッ!」になり得るわけです。

例えばアメリカンサモアツツイラ島で、
タコを料理したら「頭は集落長に持っていく」と信じている人と
いや、タコの頭に見える部分は実は消化器官だから腹だよな…と悩んでしまう自然オタクの私とは、
たとえ席を隣同士においても、まったく違う世界を見ているわけです。

ってのはまあ、ちょっと飛びすぎてますけど

日本人のはお寿司を常食としている、と思い信じきっている人に、
「二郎は鮨の夢を見る」(Jiro Dreams of Sushi として英語版有り) を見せて
ホホーッ! 寿司職人はプロ中のプロか!と納得してもらった後で
「じゃあ、アマチュアのスゥシィ食べよう」と手巻き寿司を牛乳で飲みくだす、とか、……。

私の座右の銘「善なる誤解を持って理解とする」にしがみついてないとヨロケまくる日々ではありますが

ゴホン。もとい。

日本語と英語は、言語ファミリー的にとっても遠い。

そんな言語と付き合うんですもん、とまどいは当然です。
驚きも落ち込みも喜びも、みんな冒険と思って楽しんでまいりましょう(^^)

今日も最後までおつきあいくださり、ありがとうございました!
追記:ツイッターは @misakouroco です。→ https://twitter.com/misakouroco ^^
posted by うろこ on 2015/04/01 | Comment(3) | TrackBack(0) | 喋るための英文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

英語圏の人向け・メールの作法のサイトでキラリと光る英文メールを

Hi there,
みなさま、ご訪問ありがとうございます。
オンラインで楽しく英会話上達、略してオンタノの管理人うろこです。

大変ご無沙汰しました!
私のブログは管理人の話が長過ぎる…という意見をよくいただきますんで
今回はもう、思いっきり自分の話を延々と行きます。

…などというのはウソでして、
そうよね、皆さん忙しいもんね、と、短めで行くことにします。
(やれば出来るハズ)(などと言いつつすでに数行使っている)(ヨッコラショ

今回は、英語圏の人向け「より良いメールを書くために」の情報があるサイトをご紹介します。

 ■そのまま使えるフォーマットとサンプル例

いつの時代、洋の東西を問わず、ビジネスの連絡には、
「要件が一目瞭然」なのが掟ですんで、
スタイルは「日常使いをする媒体」によって、形が変わっていくのが自然ですね。

日本でビジネス文書のヒナガタがデジタル式に変更されていくのと同様、
英語圏でも、いままでの「郵便のお手紙」からデジタル形式に変換されています。

多くの場合は、デジタルになるとイキナリ思いっきりハショりすぎてしまい
「で、何を言いたいんだこの人は!」となることもあるんですが

これからご紹介するサイトは、デジタル媒体で要領よく(相手が見やすく)
シッカリ・スッキリ表現する方法を説明してくれています。
英語圏の人向け、ビジネスと文法の教育などを行っている会社の、情報提供のページです。

英語教育のページだと、ともすると「文法」にこだわりすぎて
「現場の英語」「職場で求められるメールそのものの体裁」が
スッポ抜けたり、軽く扱われることがありますので
(文法の説明ばかりで、すぐに使えるビジネス文章のサンプル文章がないとか)
ナマの現場向けのサイトをご紹介したいと思います。

英語圏で生まれ育った人達よりも、一歩先を見た勉強をしてしまうチャーンスッ!(興奮

OntanoCapture01.JPG
(クリックすると別ウィンドウで開きます)

■題名の書き方
このページにある The "Subject:" line
(クリックすると別ウィンドウで開きます・PDFファイル)
決まりと、そのサンプルでわかりやすいです。

■ヒナガタ
Message content − ORSON. は、そのまま使えるヒナガタです。
(クリックすると別ウィンドウで開きます・PDFファイル)

OR 部分はOrient the Reader - 読み手主体で、
受け取った人が何を求められているのか一目瞭然になるよう、話題と目的を数行で。

SO 部分は Spell Out - 詳細部分。
箇条書きなども使って、相手が知っておくべき詳細をクリアに記載していきます。

N 部分は Nail down.
今後の予定、次のステップ、相手への依頼内容のまとめ、
などでメールを締めくくっていきます。


■サンプルメール
その他、用件別にサンプルメールがあります。
改訂前のオリジナルと、Message content − ORSON. を使った改訂後の比較です。

たとえば情報提供のメールなら Delivering information をクリックしてみましょう。
PDF ファイルで改訂前後が比較できます。

Delivering information

改定後は、題名に(FYI)(For Your Information) を付け加えましょうとか、
箇条書きなども含めて、ORSON に則って、
わかりやすくなりました。

他のサンプル文章(みんな PDF です)
・返事メール
Writing replies

・作業依頼のメール
Requesting action

その他、このページにいろいろあります。
(SPECIFIC EMAIL SITUATIONS の下)
ontanoEmailSpecific.JPG
(クリックすると別ウィンドウで開きます)

それぞれスッキリ、内容シッカリ、で安心の体裁になっています。

スマートフォンの普及やケータイでのテキスト送信が一般的になったので、
ビジネスの内容でもメールがどえらく短い! ということも多いこの頃ですが、
結局よくワカラン状態で余分にメールが2〜3往復しちゃう、なんてこともありますんで
フォーマットに則った方が書く方も読む方も実は楽、というのが現実ですね。

ちなみに私は、5行以上のメールは読まない。と豪語するクライアントさんと、
印刷したら1ページ分くらいぎっしり書かれていないと読まない。と豪語するクライアントさん
この二人の橋渡し係をさせられることがあります。
お互い頑固。ンな無茶な。

…で、なんでまた私に回って来るかというと、
私はラクガキが好きなので、
イラストで説明をすれば、お互いの頑固すぎる主張を傷つけることなく、
「あ、そうなの。ミサコはマンガの国出身だもんね」となるそうで。
マンガの国出身だから…っていう結論付けはどうなんだというのはサテオキ
(善なる誤解をもって理解とする、は私の座右の銘です)
そのうち、イラストレーターを雇わねば…
と、妙な所で間接経費がかかるのがマグロ漁船のお手伝いです…基本的にはとってもノンキ。

今日も最後までおつきあいくださり、ありがとうございました!